MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

2013年度 第2回 MOTセミナー:プロジェクトマネジメント

~プログラムマネジメントと企業再生~

  • 終了しました

日時、会場

  • 日時 2013年11月16日(土曜日)13:00~16:30
  • 会場 日本工業大学大学院 神田キャンパス 8F

目的

プロジェクト&プログラムマネジメントは、現在では、産業界で、広くマネジメントの効果的技法として認識されて、活用されている。しかし、現代の企業経営においては、単に現場における効果的な技法としてとらえるより、経営の立場から、複雑な経営問題を解決する投資活動全般のマネジメント手法としてとらえることが、重要である。特に効果を発揮している分野として、研究開発のプログラムマネジメントやシステム構築のオーナー(発注者)側のプログラムマネジメントがあり、組織体制を構築して、投資を管理したり、プログラムマネジャーを任命して、現場のリスク管理のみならずガバナンス体制を組織化して、ビジネスリスクを管理する動きが活発である。

ここで取り上げる企業再生は、経済の低迷に比例して、ここ10年、特に話題を集めてきたマネジメント課題である。このマネジメントは、ある特定期間に、資本投下などの投資を行い、企業を再生して価値を上げるという、典型的なプログラムマネジメントが適用できる経営課題である。ここでは、JALの再生で有名な地域経済活性化支援機構(旧企業再生支援機構)の第一線で企業再生にご活躍されている専門家のお二人にお越しいただき、機構の活動や日本の製造業を支えてきた金型企業に経営トップとして参画され、どうやって企業再生を果たされたか、その経緯や実際の現場でのご経験などをお話いただく。

内容

開会あいさつ

あいさつ、および学校紹介

13:00~13:20

  • 本大学院 専任教授 武富 為嗣
講演1

「地域経済活性化支援機構について」

13:20~13:50

  • (株)地域経済活性化支援機構 常務取締役 櫻田 浩一 氏
休憩(13:50~14:00)
講演2

「プレス金型メーカーの再生事例」

14:00~15:00

  • (株)地域経済活性化支援機構 プロフェッショナル・オフィス
    マネージング・ディレクター 石館 幸治 氏
    (株)富士テクニカ宮津 前代表取締役副社長
質疑応答

15:00~15:30

懇親会

15:30~16:30

  • 参加費 無料

※プログラムの内容は、予告無く変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

参加費

懇親会も含めて無料

お問合せ

日本工業大学専門職大学院 神田キャンパス事務室

  • TEL & FAX03-3511-7591 / 03-3511-7594
  • E-mailmot@kanda.nit.ac.jp
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.