MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

中小企業技術経営応用

  • Practical Management of Technology for SMEs
担当教員 清水 弘 専任・客員 専任 単位数 2単位
開講学期 夏学期 開講曜日・時限 金曜日 1・2時限
位置づけ 中小企業技術経営コース分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
戦略を策定しそれを計画として具体化し、実行・進捗管理を行い、その結果を評価し次の戦略に反映する。この一連のPDS(Plan-Do-See)サイクルは組織経営の基本サイクルとなる。日本企業は現場での改善は強いが、組織変革の戦略立案やそのシステマチックな運営は弱いと言われることが多い。自社組織にあった基本サイクルの構築が重要だ。特に、中堅・中小企業は、人モノ金の資源が限られる中で今の稼ぎと次への投資の両立が必要で、そのためにも組織経営の基本サイクルは大切である。
科目の目的 授業前半は、企業や事業の成長や変革のための戦略を立案し、それを具体的に組織で実行するための方法論を理解する。後半はケーススタディを中心に、戦略重視、仕組み重視、人材の重視などの組織経営の事例のディスカッションを通じ、リーダーとして基本サイクルの導入や活用上の留意点が、実感出来るようになることを目指す。 
到達目標 リーダーとして、経営の全体感を持ちつつ組織経営の基本サイクルを導入したり活用するためのポイントを理解し、自組織への適用をイメージ出来るようになる。
受講してもらいたい
院生
自組織の組織経営の改善を、経営全般を理解しながら推進することを目指す受講生。
授業計画
1回 予習・復習 予習:基本用語集を読んでおく(特に春学期に中小企業技術経営基礎を履修していない受講生)。
復習:自社の組織経営の基本サイクルを確認。
授業内容 <組織経営の基本サイクルの全体像>
・関連する経営、戦略、組織の方法論を紹介し、組織経営の基本サイクルの枠組みを説明。変革や効率化への意味合いと、それを運営・活用する方法を解説。加えて、中小企業での実践の留意点に触れる。
2回 予習・復習 連続授業であり前回と同じ。
授業内容 ・特定課題研究で組織経営の基本サイクルの検討を行い、それを導入している企業のゲストスピーカーによる事例紹介とディスカッション。
・次回に向けてのガイド。
3回 予習・復習 予習:自社、自事業、自部署では活動の方向性を示すためにどんな方針・計画を立案しているか。
復習:自社の事業単位と自事業の戦略の確認とその課題の洗い出し。
授業内容 <自組織の方向を定める戦略>
・予習に基づくディスカッション。企業として必要な戦略のタイプとその策定方法の紹介(事業単位、ミッション・バリュー、ビジョン・全社戦略、事業戦略、プロダクト・マーケット企画)。
4回 予習・復習 連続授業であり前回と同じ。
授業内容 ・戦略立案の要となる事業戦略の立案手法の説明。事業単位と事業戦略の立案の演習(PEST、3C、差別化・コスト・集中戦略、STP、4P ※その他欄参照)。
・中小企業にとって有効なニッチ戦略、意図的戦略と創発的戦略の使い分け。次回に向けてのガイド。
5回 予習・復習 予習:自事業の機能戦略と自部署の役割。
復習:事業戦略の打ち手のプロフィットツリーとしての整理。
授業内容 <事業戦略を機能戦略に展開し利益に繋げる>
・予習に基づくディスカッション。事業戦略の展開:新たな機会の整理と評価。 機能戦略としての具体化:技術・営業・生産機能、海外展開と本社機能の戦略。・打ち手を利益につなげるプロフィットツリー。
6回 予習・復習 連続授業であり前回と同じ。
授業内容 ・意思決定に重要なイシュー分析の演習。
・次回に向けてのガイド。
7回 予習・復習 予習:ケーススタディを事前スタディ。
復習:自社・自事業・自部署の機能戦略とプロフィットツリーの整理。
授業内容 <人・組織のマネジメントと評価>
・中期・単年度計画のサイクルの説明。関連する組織・人材マネジメント、業績評価、目標管理、人事制度など評価の仕組みを説明。
8回 予習・復習 連続授業であり前回と同じ。
授業内容 ケーススタディ 「評価システムの弊害と最適化」
・新たな評価精度導入に失敗した事例のケースタディ。組織経営の基本サイクルの導入の留意点を理解。
・成果主義、目標管理の誤解と中小企業への意味
・次回に向けてのガイド。(事例企業の紹介)
9回 予習・復習 予習:事例企業のHPを閲覧。戦略の方向性を把握する。
復習:自社・自事業・自部署のビジョン・方向性を考える。
授業内容 <ポイント1:ビジョン・戦略重視の組織経営>
・長期的なビジョンの重要性と考え方。
ー経営環境、産業材と消費材、製造業とIT企業、大企業と中小企業等、企業タイプで異なるビジョンと要点。
10回 予習・復習 連続授業であり前回と同じ。
授業内容 ・ゲストスピーカーによる戦略重視での事業展開の事例紹介とディスカッション。
ービジョンとしての大きな方向性。選択と集中としてやらなかったこと。その背景にある強みは。
・中小企業にとってのビジョンの有効性。次回に向けて(事例企業の紹介)
11回 予習・復習 予習:事例企業のHPを閲覧。人材重視の経営の特徴を考える。
復習:自組織の人材重視の経営の在り方を考える。
授業内容 <ポイント2:人材を重視した組織経営>
・人材を重視した組織経営
-人材の力が最重要という信念。 人材を重視した経営の在り方について。
12回 予習・復習 連続授業であり前回と同じ。
授業内容 ・ゲストスピーカーによる人材重視の経営の事例紹介とディスカッション。
・人を活かし易い中小企業のメリットを生かす。次回に向けて(事例企業の紹介)
13回 予習・復習 予習:ケーススタディを事前スタディ。
復習:自社・自事業・自部署の組織経営の基本サイクルの改善点を考える。
授業内容 <ポイント3:シンプルな仕組み・ツールを徹底活用した組織経営>
・シンプルな仕組み・ツールを活用した企業事例。
<これまでの振り返りとして受講生の課題検討の事例紹介とディスカッション>
14回 予習・復習 連続授業であり前回と同じ。
授業内容 <ケーススタディ「経営改革か、業績改善か」>
・経営改革が業績改善の判断を議論する中で、授業のポイントを振り返る
・中小企業の経営改革、業績改善判断のポイント
15回 予習・復習 予習:これまで解らなかったこと、ピンとこなかったことは何か。
復習(期末課題):課題シートの作成。
授業内容 <全体まとめ>
・最近のトピックス紹介(経営の二律背反の解消、M&A、組織の不文律など)
・中小企業にとっての組織経営の基本サイクルの活かし方。
授業方法 予習に基づくディスカッションで問題意識を持ち、理論・手法の説明と企業事例についてのディスカッションで理解を深める。経営課題び解決を異なる方法で行う事例をケーススタディし、複数の視点を持つとともに自分なりの考え方を持てるようにする。
テキスト 各回ごとにパワーポイント形式のテキストを配布。
参考図書 適宜紹介する。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
課題を通じた理解と自社への適用の確認 60 % 課題レポートの内容
授業への参画姿勢 40 % 課題レポート検討の努力、ディスカッションへの参画、その他貢献
合計 100%  
受講生へ 春学期で戦略や組織経営の基本は理解していることが望ましいが、初めてでも受講可能な説明を行う。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.