MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

ビジネスプラン

  • Business Plan
担当教員 上原 健一 専任・客員 客員 単位数 2単位
開講学期 秋学期 開講曜日・時限 金曜日 2時限
位置づけ 起業・第二創業コース分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
伝統的なビジネスプランでは、『きちんとした事業計画を作成すること』が重視されてきました。事業機会の規模、解決すべき課題と解決策を文書化し、経営上の指標(売上、利益、コスト)等をきちんと予測するということも求められました。これらの重要性は決して現在でも失われていませんが、これだけではないということが主張されるようになっています。そこで、伝統的な流れの学習に加え、近年注目されている『リーン・スタートアップ』という考え方とイノベーションを生み出す上で重視されるようになった『デザイン思考』の手法について追加します。また、これらの手法を体験するために授業中に『デザイン思考』と『ビジネスキャンバス』の『ワークショップ』形式の演習と模擬プラン作成の演習を行います。
科目の目的 単なるビジネスプラン作成方法を学ぶのではなくビジネスプランを作成する過程に沿ってMOTで求められる各種手法や理論を学ぶことが目的です。単に知識を習得するだけでなく、実際に手足も使うことで、より実践的に、より深く学んでもらうことを目指しています。毎年、受講した多くの院生から面白かったと評価を受けています。
到達目標 受講生が、自分で新規、既存を問わずに前向きな事業を計画する知識とスキルを身につけることを目指します。
受講してもらいたい
院生
起業だけでなく、組織の中で新規事業を考える必要がある、あるいは既存事業の変革を考えている学生に役立ちます。
授業計画
1回 予習・復習 不要です
授業内容 イントロダクション:(受講生の自己紹介を含む)授業で行う内容の概要(全体構図)の説明と受講生のバックグラウンドの相互理解を図る。
2回 予習・復習 模擬ビジネスプランのアイデアを出してみる。
授業内容 ビジネスの着想と事業機会の探索:(どうやってビジネスのアイデアに気付くか)ビジネスアイデアの着想からアイデアを拡大、進化させる方法について学ぶ。
3回 予習・復習
授業内容 事業機会からコンセプトへの発展:(自分の興味やアイデアを整理する)ビジネスアイデアをまとめ、コンセプト深化の手法。
4回 予習・復習 自分のアイデアを出す(複数)。そのまとめた結果から、その奥にある自分の隠れた意図を考えてみる。課題で提示した自分が将来(5〜10年後)に欲しくなるものやコトについて関連する単語、写真、絵などを集める。
授業内容 演習(アイデアをカタチにする)1:言葉だけでなく、カタチや絵にしてみる。
5回 予習・復習 ことばではなく、カタチにして表現することの違いについて考える。
授業内容 演習(アイデアをカタチにする)2:プロトタイピングしてみる。
6回 予習・復習 既存のビジネスプランアイデア出しなどとの差異について考えてみる。
授業内容 デザイン思考:手法の整理とアイデアの表現の多様性の価値を学ぶ。
7回 予習・復習 自分の業務のビジネスモデルを考えてみる。
授業内容 ビジネスモデル1:多くのビジネスモデルを学び、そのパターンや構造を学ぶ。
8回 予習・復習 模擬ビジネスプランのモデルをグループで検討してみる。
授業内容 ビジネスモデル2:模擬ビジネスプランのモデルを考える。
9回 予習・復習 様々なビジネスプランのモデルを検討してみる。
授業内容 リーンスタートアップ:試行錯誤プロセスを組み込み、事業仮説を検証するプロセスを学ぶ。
10回 予習・復習 自社のキャンバスを描いてみる。
授業内容 ビジネスモデルキャンバス:ビジネスの鳥瞰図作成手法について知る。プランの全体像を常に把握することの重要性について学ぶ。
11回 予習・復習 模擬プランのビジネスキャンバスを描いてみる。
授業内容 市場規模:プラン策定での重要な要素である市場について、検討する手法を学ぶ。
12回 予習・復習 模擬プランの様々な要素について検討する。
授業内容 分析と統合、リスクマネージメント:様々な分析結果や要素を統合するプロセスと、それらの実行に伴うリスクの考え方と対応方法の基礎を学ぶ。
13回 予習・復習 模擬プランの収支計画と資金計画について考える。
授業内容 経営資源調達とシナリオ作成:ビジネスプランから導き出された必要経営資源の調達方法の基本を学ぶ。(特に、資金調達。)
14回 予習・復習 模擬プランの検討を継続する。
授業内容 まとめ:ビジネスプランの策定のまとめとして、全体を見通した重要ポイントについて学ぶ。 
15回 予習・復習 演習によってプランを作成して気づいた点について考える。
授業内容 模擬プランの発表:どこが難しいのか、どこがポイントなのかを学ぶ。
授業方法 パワーポイントでの講義を主体とします。一部演習を行い、グループによる作業で実践としての理解を深めます。
テキスト 毎回講義に使用するパワーポイント資料を配布します。
参考図書 その都度、指示します。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
授業参画状況 20 % 演習などで積極的な意見表明や提案を行うことを評価します。
レポートの内容 20 % レポートで求めている項目を満たしているか、各項目の出来ばえによって評価します。
グループ活動(アイデア発散と収束、デザイン思考演習) 20 % 授業内で行う演習(グループ活動)で活発な発言や作業、参画を評価します。
模擬プラン作成 40 % グループに分かれ、模擬プラン作成を行います。個々の手法ではなく、仲間とプランとして統合していく過程を重視します。
合計 100%  
受講生へ グループでの討論・作業があります。演習は体験することが重要ですので、該当する回は、できるだけ出席することを望みます。演習は大変と思うかもしれませんが、異分野の人と共同作業をすると、いかに予想していない刺激的なアイデアが生まれるかを体感してもらいたいと思っています。過去の院生による事後授業評価結果では好評を得ています。
その他 単にビジネスプランの書き方を教えるものではありません。ビジネスプラン作成の流れに沿って、MOTで必要な理論や手法の習得、自分の業界の常識以外の刺激を受ける機会となる授業です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.