MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

日本的経営と中堅・中小企業経営論

  • ‘Japanese-style management’ and ‘Management theory for SMEs ’
担当教員 佐々木 勉 専任・客員 専任 単位数 2単位
開講学期 春学期 開講曜日・時限 水曜日 2時限
位置づけ 中小企業技術経営コース分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
 本科目では、中堅・中小企業の特性に合わせた経営のあり方について、特に日本的経営に留意し、基礎的かつ基本的な事項について学習する。
 中堅・中小企業の場合、人・モノ・金・情報といった経営資源が不足している反面、専門化を進め、その経験とデータの蓄積により大きな競争力を確保していることが多い。よって、中堅・中小企業の競争力の源泉を明確にすることは、経営のどのような点を強化していくことが競争力を生み出し、企業の更なる発展につながるかを検討する上で重要なポイントとなる。特に、競争力を確立するためには、次の二つの事項を習得し活用できるようになることが求められる。
 ひとつは「商品・サービス」とともに事業活動の両輪を構成している「ビジネスモデル」について修得することである。技術経営の教育とその活用が日本において強く叫ばれてきたのは、技術力はあるものの「ビジネスモデル」が弱いことにあった。中堅・中小企業においても同じことが言え、「ビジネスモデル」の現状把握と新たに構築するための視点を獲得する必要性は大きい。加えて、より広い視点で「ビジネスモデル」を見渡し構築するために、「ビジネス・エコシステム」の考え方についても習得しておく必要がある。
 もうひとつは、構想された「ビジネスモデル」を構築・運用するために必要な組織作りの方法である。日本企業、とりわけ中堅・中小企業においては不足する人的資源をいかに活用するかに腐心し、ユニークな組織作りを実現してきている。つまり、日本的経営のこれまでの良質な側面を理解し活かしつつ、新たな組織作りの方法を構想し実現していくことも肝要なのである。
科目の目的  本科目は、中堅・中小企業の競争力の源泉を明らかにする中から、受講者に「経営を見渡す能力」を身につけてもらう事を目的としている。その際、日本的経営や日本的経営を基礎に置く経営理論についても習得してもらい、一時のはやりの経営手法に振り回されないような姿勢を身につけてもらいたいと考えている。
到達目標  上記目的の下、具体的な到達目標としては、以下の3項目の理解とその活用能力の獲得を掲げる。
 ①現事業の「ビジネスモデル」について、「ビジネスモデル」の要素ごとに分解し把握することができるようになるとともに、事業の更なる発展のためには「ビジネスモデル」を構成するどこの要素をいかなる形で変えていくことが必要かを明らかにできるようになること。
 ②自社の競争力の源泉を把握し、自社事業の競争力を構成している要素について分析できるようになること。
 ③上記②の習得に合わせ、日本的経営の特徴についても理解し、自社の組織作りに活用できるようになること。
受講してもらいたい
院生
 業種・業態を問わず、現状の変革に意欲のある院生に受講してもらいたいと考えています。
 また、本科目で学ぶ「ビジネスモデル理論」や「日本的経営理論」は新規に事業を起こす場合にも必須の考え方であることから、新事業への参入や起業を志している院生にも受講してもらいたいと考えています。
授業計画
1回 予習・復習 予習:なし
復習:自社の現在の事業構成について検討する。
授業内容 ・本科目の講義概要
・中小企業経営と経営機能・事業構成
2回 予習・復習 予習:自社の事業活動に不可欠な取引先にはどのような企業があるか、そしてどうして不可欠なのかについて整理してくる。
復習:自社の仕事の流れについて、外部企業・機関との関連で考察する。
授業内容 ビジネスモデル①
・経営を見渡すこと
・「ビジネスモデル」を構成する大きな3つの要素と「事業システム」について
3回 予習・復習 予習:自社内での仕事の流れについて整理してくる。
復習:自社では経営資源の蓄積・強化に向けてどのような取り組みを行っているかについて考察する。
授業内容 ビジネスモデル②
・事業を駆動するために日常的に推進している業務の整理把握
・経営資源の蓄積・強化の方向と方法の把握
4回 予習・復習 予習:自社の収入の種類を調べてくる。
復習:自社事業のコスト削減策について考察する。
授業内容 ビジネスモデル③
・自社事業の収益と費用の構造
・「ビジネスモデル」の整理
5回 予習・復習 予習:演習で検討する事例企業の事前配布資料を読み込む事とWebサイトを閲覧しておく。
復習:事例企業のビジネスモデルキャンパスを完成させる。
授業内容 ビジネスモデル④
・事例企業の「ビジネスモデル」検討
・ビジネスモデルキャンパス
6回 予習・復習 予習:自社事業と深く関係している法制度がないかを考える。
復習:自社の主要事業が属する「ビジネスエコシステム」を図示する。
授業内容 ビジネスモデルとビジネスエコシステム①
・前回検討した事例企業のビジネスモデルキャンパスの確認
・「ビジネスエコシステム」と「キーストーン企業」
7回 予習・復習 予習:直接の取引先以外で、自社事業の存続に大きな影響を及ぼしている企業がないかを考える。
復習:自社の主要事業が属する「ビジネス・エコシステム」のキーストーン企業を考察する。存在しない場合もある。
授業内容 ビジネスモデルとビジネスエコシステム②
・「ビジネスエコシステム」の事例検討
8回 予習・復習 予習:課題で提出した自社や関心のある企業の「ビジネスモデル」についての発表準備をする。
復習:課題に対するコメントを参考に、課題のブラッシュアップを行う。
授業内容 ビジネスモデルとビジネスエコシステム③
・「ビジネスモデル」と「ビジネスエコシステム」に係る提出課題の発表とディスカッション
9回 予習・復習 予習:ゲストスピーカーに関係のある資料を事前に配布するので、よく読んでくる。
復習:ゲストスピーカー企業の競争力の源泉について考え、整理する。
授業内容 ゲストスピーカーとして企業経営者を招き、同社の事業内容と特徴についての話をしてもらう。その後、質疑応答とディスカッションを行う。
10回 予習・復習 予習:自社の歴史を振り返り、経営が大きく変化したときはないかを考える。
復習:自社の企業パラダイムに影響している範例について考える。
授業内容 日本的経営の特性①
・企業パラダイムとその転換
11回 予習・復習 予習:自社の成長過程の中で大きな転換点がなかったかを考える。
復習:講義内容を踏まえ、自社は企業成長のどの段階にあるのかを考える。
授業内容 日本的経営の特性②
・企業成長プロセスと企業組織の変革
12回 予習・復習 予習:ビジネス現場でのマニュアルの限界について考えてくる。
復習:自社の暗黙知はどのようにして蓄積・改善・継承されているかについて考察する。
授業内容 日本的経営の特性③
・「知識創造経営」について
13回 予習・復習 予習:自社では技術や作業手順をどのようにして教育しているかについて考える。
復習:自社の業務の中で暗黙知となっている知識を形式知化できないかについて検討する。
授業内容 日本的経営の特性④
・「知識創造経営」の中堅・中小企業への適用
14回 予習・復習 予習:ゲストスピーカーに関係のある資料を事前に配布するので、よく読んでくる。
復習:ゲストスピーカー企業の歴史を振り返り、転換点を乗り越えてきた要因を考察する。
授業内容 様々な企業の転換点を乗り越えてきたゲストスピーカーに、これまでの事業活動について話をしてもらう。その後、質疑応答とディスカッションを行う。
15回 予習・復習 予習:第1回~第14回までで学習したことを再度復習し、疑問点を整理する。
復習:学習成果を特定課題研究に活かすため、自社の「ビジネスモデル」や関連する「ビジネス・エコシステム」について、再度整理をしておく。
授業内容 「日本的経営と中堅・中小企業経営論」のまとめ
・長期的視点にたったこれからの中堅・中小企業経営について
授業方法  基本的な考え方(理論、方法論)についての説明と具体的事例への適用・解釈を講義と演習を交えて行います。演習では、具体的事例に基づき、習得を目指す「ビジネスモデル」や「組織の活性化」について、受講者間での討議も行いながら整理していきます。受講生の所属する企業もしくは関心のある企業についての整理・検討は課題レポートとして提出してもらいます。課題レポートは、特定課題研究などでも活かすことができるような内容となっています。
 なお、具体的事例の検討の一部では、実際の企業経営者をゲストスピーカーとして招き、事例研究を行うようにします。
テキスト  毎回、講義で説明する内容をまとめた資料を配布します。一部の講義では、事前学習用の企業事例の資料や補充説明用の資料も配布します。
参考図書  適宜、紹介します。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
 課題レポートの内容 60 %  課題レポートを2回出します。テーマ・提出方法については概ね三週間前には指示します。
 講義への参画度 40 %  講義の中で実施するグループ討議への積極的な参画と取りまとめ、積極的な質問や意見の表明、講義の中での発表内容などを総合的に評価します。
合計 100%  
受講生へ  予習よりも復習、特に講義・演習で学んだことを課題レポートに反映させることに力を注いでもらいます。
 中堅・中小企業の場合、専門化が進んでいるため、なかなか広い視野を持ちにくく、また、大手企業の従業員の場合は所属している部署に関係した事にしか留意しないといった傾向があります。本科目では、広く見渡すことができるようになることに留意して講義・演習を行いますので、これをきっかけに広い視野をもつようになってください。
その他 ・「技術・社会の発展と新産業」、「経営活動の新たな展開と企業の社会的責任」の科目も受講することが望ましい。
・できるだけ幅広い事例を取り上げ、事例に則した討議と演習を行っていきます。
・受講生の理解の進展度合いやゲストスピーカーの都合で、カリキュラムの内容・順番に変更が生じることもあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.