MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

事業・技術・知財の三位一体の知財戦略

  • Corporate Intellectual Property Strategy( The trinity activities - business, R&D and IP)
担当教員 中澤 俊彦 専任・客員 客員 単位数 2単位
開講学期 秋学期 開講曜日・時限 木曜日 1・2時限(隔週)
位置づけ 知財分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
 経営、技術および知財が三位一体となって活動し、企業の永続的繁栄と事業収益の向上を図るために必要な知財戦略と知財マネージメントの実践を学習する講座です。
 もの作り企業あるいは技術を用いてサービスを提供する企業の場合、自社製品/サービスが競合他社製品/サービスに対して何らかの優位性を有していることが収益性の維持向上のためには必要です。優位性にはコスト、品質、納期なども考えられますが、優位性の維持に法的な保護を与えるのが知的財産制度です。コスト、品質、納期に差が無い場合あるいはそれらについてはある程度の後れを取っていたとしても知的財産の活用は大きな武器となり得ます。特に、新興国が安い労働力で低コストの製品を販売する中、営業秘密を含めた知的財産で守られた特徴ある製品/サービスを供給することはもの作り企業/サービス提供企業にとってとても大切なことです。
 本講座では、経営・技術・知財が一体となった知財戦略および知財マネージメントの事例を交えながら、技術経営MOTを含む事業の経営に役立つ標準を含めた知財活動のあり方を学習し、実際の事業に対して活かせる応用力を身につけることは企業の経営者、技術開発者および知財担当者にとって大きな意義を持ちます。
科目の目的  事業あるいは技術開発について、事業の収益性を向上させ、新規事業を立ち上げあるいは事業リスクを低減させる等するために必要な知財活動はとしては、発明を伴う技術開発、発明抽出、発明の評価/取り扱い、権利化、営業秘密管理、第三者特許対応、共同開発に伴う契約、ライセンス、技術導入に伴う契約、標準の活用などの知財面での本質を理解する。それと共に、事業の状態、権利の状態や今後の事業や技術の展開などの状況に応じてそれらの有効な使い方が異なることを学ぶ。
到達目標  受講者が所属する企業あるいは支援する企業が永続的に発展し収益力を高めるための知財戦略を受講者が立案し、実践出来るようになる。
受講してもらいたい
院生
 もの作り企業/サービス提供企業の経営、技術、知財に今後関わっていく、あるいはこれらに関心のある大学院生。
授業計画
1回 予習・復習 なし
授業内容 企業における知財活動の基本的考え方
 キヤノンを例に中小企業を含む企業における知財に関する基本的考え方と知財マネージメント
 経営・技術・開発の三位一体の知財戦略の重要性
2回 予習・復習 参考図書「経営に効く7つの知財力」を読み、知財活動の効果について考える。
授業内容 知財活動の経営上の効果
 企業の内部での効果
 競合企業等に対する効果(訴訟を含む)
 協力者作り、仲間作りの効果
 新規事業展開の効果
3回 予習・復習 企業において発明をどのように抽出し、どのように評価し、どのように取り扱うかを考える。
授業内容 発明抽出活動と発明の評価/取り扱い
 技術・発明の見える化
 抽出発明の評価と取り扱い
 権利化された発明の評価と取り扱い
 「守りの特許」と「攻めの特許」
4回 予習・復習 企業において第三者特許をどのように取り扱うかを考える。
授業内容 第三者特許対応と権利化
 第三者特許の侵害リスク
 第三者特許調査
 問題特許に対する対応
 研究開発成果の価値を先行技術調査で確認し出願
5回 予習・復習 経営のためにどのようなことに注意して権利化すれば良いかを考える。
授業内容 特許ポートフォリオの形成
 群としての特許網形成の重要性
 川上、川下を意識した特許網形成
 特許マップの重要性
6回 予習・復習 所属する企業あるいは支援対象の企業についてどのような営業秘密があるか、どのように取り扱っているかを確認する。
授業内容 営業秘密保護と先使用権
 営業秘密の把握、特定
 営業秘密の管理
 特許出願するか営業秘密管理するかの判断
 先使用権制度の利用とその限界
7回 予習・復習 所属または支援対象の企業における共同研究開発における秘密開示契約や共同研究開発について知財関連条項を確認する。
授業内容 共同研究開発と知財の取り扱い
 共同研究開発
 秘密開示契約
 共有にかかる特許の取り扱い
 産学連携
8回 予習・復習 クロスライセンス契約において、どのように契約条件を設定すれば自社の強みを活かし弱みを打ち消すことが出来るかを考える。
授業内容 ライセンス契約と技術導入
 研究開発の自由度の確保
 許諾条件、許諾特許と許諾製品の考え方
 ハヴメイド権
 技術導入
9回 予習・復習 部品供給メーカー、完成品メーカーそれぞれにとって部品について第三者特許侵害警告を受けた場合、どのような対処が望ましいかを考える。
授業内容 取引契約と知財
 第三者特許補償
 OEM供給
10回 予習・復習 技術の標準化が経営に及ぼす影響を考え、何処を標準化すれば企業のメリットに繋がるかを考える。
授業内容 標準と技術経営
 標準の成功事例、失敗事例の紹介
 標準で出来ること
 何を標準化すべきか
11回 予習・復習 標準必須特許が標準準拠製品に使われている場合に権利者に差止請求権が認められるべきかどうかを考える。
授業内容 国際標準と知財
 標準化団体の知財ポリシー
 標準必須特許の取り扱いについての課題
12回 予習・復習 オープンクローズ戦略の事例を調べ、所属企業或いは支援企業においてどの技術をオープンにし、どの技術をどのようにクローズすべきかを考える。
授業内容 オープンクローズ戦略
 キヤノンやいくつかの中小企業の事例説明
 競争力を維持する為に効果的なオープンクローズ戦略とは
 
13回 予習・復習 所属する企業或いは支援対象企業のビジネスの形態において、どのような知財戦略が有効かを考え、まとめてみる。
授業内容 ビジネス形態と知財戦略について、どの様な要素を考えることが必要かについてグループ討論を行い発表する。
14回 予習・復習 企業における知財の役割を考え、知財人材をどのように育成すべきか考える。
授業内容 企業における知財の役割と知財人材育成についてグループ討論を行い、あるべき姿を発表する。
15回 予習・復習 現状の知財制度の問題点あるいは知財による弊害について考える。
授業内容 現状の知財制度の解決すべき課題
 PAE(パテントトロール)の跋扈
 特許件数の飛躍的増大
 その他
 
 
授業方法 講義を基本とする。一部グループ討議を通じて実践に役立つ知識と応用力を身につける様に配慮する。
テキスト 特に設定しない。講師が必要に応じて教材を準備する。
参考図書 1.平成28年度知的財産権制度説明会(初心者向け)テキストweb版https://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/text/h28_syosinsya.htm
2.「知的財産戦略~技術で事業を強くするために~」丸島義一著 (ダイヤモンド社)(2011)ISBN:978-4-478-01237-6
3.「経営に効く7つの知財力」土生哲也著 (社団法人発明協会)(2010)
ISBN:978-4-8271-0971-9
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
事前課題提出と内容 30 %
授業への参加態度 30 % 授業中の建設的質問、グループ討議での積極的発言
期末試験成績 40 %
合計 100%  
受講生へ 参考図書を事前に読んでおくことで本講座の理解が進むと考える。そして、所属企業或いは支援企業をどのようにして競争力ある企業としていくかを考えることで知財戦略についての応用力が身につくものと考える。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.