MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

実践的統計解析基礎

  • Fundamentals of Practical Statistical Analysis
担当教員 正道寺 勉 専任・客員 客員 単位数 1単位
開講学期 春学期 開講曜日・時限 土曜日 3時限(隔週)
位置づけ 知識関連分野 基礎段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
統計学は、ビジネスにおいて客観的な判断を行う上で必要不可欠であり、他の科目の理解をより深める上にも必要な科目である。本科目を受講することにより、①データの「ばらつき」の概念、②基本統計量の理解、③統計手法を用いたデータ分析の仕方、④Excelのデータ分析ツールを用いた統計解析の方法など、データ解析/データ解析手法に関する基礎知識を修得できることに加え、データ解析結果の読み方についても学ぶことができる。
科目の目的 授業で習得した手法を実務で使用できることを目的とする。
到達目標 データの「ばらつき」、基本統計量、正規分布、検定、推定が説明できる。また、実務データを統計処理することにより、的確な意思決定ができる。
受講してもらいたい
院生
本科目は、共通基礎科目に位置付けられており、これまでに統計学/統計解析を基礎から学んだことが無い人を対象とした科目である。MOTの他の科目を理解するためには、本科目は必要不可欠な科目の1つであるため、統計学/統計解析の知識を持っていない初学者にとって分かりやすい講義を心掛けるが、授業中には積極的な質問を歓迎する。現在は、ビッグデータ時代とも呼ばれビジネスのあり方が大きく変わりつつある。データ分析の差、すなわち情報の価値化の違いが、企業の意思決定の差となって現れるため、本科目ではデータの持っている重要な情報を引き出すための手法について学ぶとともに、得られたデータ分析結果をどのように読み解くか、についても受講生の皆さんと議論する。また、統計解析を学び直したい方にも受講を勧めたい。
授業計画
1回 予習・復習 予習:シラバスを読み、職場で抱えている問題や今後「統計解析」手法を利用して取り組みたいと考えている問題を洗い出しておくこと。
復習:記述統計学と推測統計学の違いを理解すること。
授業内容 【統計学の歴史及び記述統計学と推測統計学】
本科目のオリエンテーションを述べた後、統計学の歴史、記述統計学と推測統計学について学ぶ。
2回 予習・復習 予習:事前に、基礎統計量にはどのようなものがあるかを調べておくこと。
復習:データを取る意味、基礎統計量の意味と計算方法、データの種類、データの「ばらつき」について理解すること。
授業内容 【基礎統計量(基本統計量)と各種分布】
統計の基本となる基礎統計量の意味とその定義式、データを取る意味、数量化と尺度、データの散らばりと「ばらつき」の概念について学ぶ。
3回 予習・復習 予習:母集団とサンプルデータ(資料データ)とは何かについて調べておくこと。
復習:少数データを用いた母集団の平均値(母平均)や分散(母分散)の推測の仕方を理解すること。
授業内容 【確率の考え方】
サンプルデータ(資料データ)による母集団の母平均や母分散の推測、母集団に関する正しい情報獲得のためには、偶然に関する概念が必要であることについて学ぶ。
4回 予習・復習 予習:検定と推定の違いを調べておくこと。
復習:検定には片側検定と両側検定があること、推定には点推定と区間推定があることを理解すること。
授業内容 【検定と推定の考え方】
統計量を用いた検定(片側検定、両側検定)と推定(点推定、区間推定)の基本を学ぶ。
5回 予習・復習 予習:管理図について調べておくこと。
復習:Xbar-R管理図の作成手順と理論的背景を理解すること。
授業内容 【管理図の理論と考え方】
管理図の理論的背景を学んだ後、チップ実験を通して管理図の作成を体験し、作成した管理図について議論する。
6回 予習・復習 予習:管理図の理論的背景を理解した上で、管理図の点の動きから工程の変動が掴めることを調べておくこと。
復習:管理図の読み方、使い方をマスターすること。
授業内容 【管理図の読み方・使い方及び対処の仕方】
管理図の読み方・使い方及び問題が発見されたときの対処の仕方について学ぶ。分散分析の考え方についても学ぶ。
7回 予習・復習 予習:散布図、相関分析、回帰分析について調べておくこと。
復習:散布図、相関分析、回帰分析の理論的背景を理解した上で、Excelを用いて解析できるようにすること。
授業内容 【相関分析と回帰分析】
相関分析・回帰分析とは何か、散布図と作成手順、単相関分析の理論と単相関係数を Excelのデータ分析ツールを用いて求める手順について学ぶ。
8回 予習・復習 予習:重回帰分析とは何かを調べておくこと。
復習:重回帰分析を理解し、Excelの分析ツールで得られる分散分析表が読めるようにすること。
授業内容 【重回帰分析の理論と応用】
重相関分析の解析手順、重回帰式の推定、回帰式の有意性の検定などExcelの分析ツールを用いて演習を行い、解析結果の読み方についても議論する。
授業方法 本科目は、担当教員による講義が中心となるが、講義内容を深めるために演習を行う。また、受講生が現場で取り扱うデータの解析について、議論できる機会を持ちたいと思っている。
テキスト 特に指定しない。毎回配布する資料を中心に講義・演習を行う。
参考図書 1. 大村 平,「改訂版 統計のはなし ―基礎・応用・娯楽―」,日科技連出版社(2002).
ISBN-13: 978-4817180100
2. 大村 平,「改訂版 統計解析のはなし ―データに語らせるテクニック―」,日科技連出版社(2006).
ISBN-13: 978-4817180285
3. 本多 正久,島田 一明,「経営のための多変量解析」,産業能率大学出版部(1977).
ISBN-13: 978-4382045118
4. 西田俊夫,田畑吉雄,「経済・経営の統計学」,培風館(1991)
ISBN-13: 978-4563008741
5. 東京大学教養学部統計学教室編,「基礎統計学Ⅰ 統計学入門」,東京大学出版会(1991).
ISBN-13: 978-4130420655
6. 東京大学教養学部統計学教室編,「基礎統計学Ⅱ 人文・社会科学の統計学」,東京大学出版会(1994).
ISBN-13: 978-4130420662
7. 鐵 健司,「新版 品質管理のための統計的方法入門」,日科技連出版社(2000).
ISBN-13: 978-4817103420
8. 吉田 耕作,「経営のための直感的統計学」,日経BP社(2005).
ISBN-13: 978-4822243531
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
課題の取り組み 80 % 課題解決に向けて、取り組んだ問題とその解法プロセスを評価する。
授業への貢献度 20 % 授業中における積極的な質問や私からの問い掛けに答えて戴いた内容を評価する。
合計 100%  
受講生へ 職場で継続的に取り続けているデータには、どのようなものがあるか、またそれらのデータは何のために使用しているのかを整理しておくこと。Excelのデータ分析ツールが使えることが望ましいので、未経験者は体験しておくことを勧める。データ解析に関して職場で困っていることがあれば、積極的に提示して戴き、受講生の皆さんと討論できる機会を持ちたいと考えている。受講生の皆さんの積極的な授業参加を期待する。
その他 【受講生へのお願い】
本科目は1単位科目ということで、8回の講義回数のため内容が盛りだくさんである。そのため、内容の理解を確実なものとするため毎回必ず復習をしてもらいたい。そして、疑問点があれば遠慮せず質問して欲しい。本科目の受講生の理解度を考慮し、予定している授業計画を変更することもある。また、統計を利用した品質管理である統計的品質管理についても時間が許せば、話をしたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.