MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

変革のファシリテーション

  • Facilitating Organizational Change
担当教員 森 時彦 専任・客員 客員 単位数 1単位
開講学期 春学期 開講曜日・時限 火曜日 1・2時限(隔週)
位置づけ スキル関連分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
MOTの受講生の多くは技術系の人が多く、効果的に人と組織を動かしていくためのスキルを学ぶ機会が少なかった傾向があります。本講座では、人や組織を動かすためには、何を考え、どう行動する必要があるのか、 また組織行動の重要性を理解し、その変革を進めるために何をしなければいけないのかを学びます。役立つこと、実践的であることを重視し、学問的・抽象的な組織論にならないことを特徴とします。
科目の目的 会社によって、「指示待ち」「必要なコミュニケーションがとれない」といった悪い生活習慣(組織行動)が身についてしまっていることがあります。このような悪い生活習慣を改善し、成果を出すリーダーシップを身につけることを目的とします。そのための重要な基本スキルとして、ファシリテーションを学び、そのスキルをどう組織変革(生活習慣の改善)に活かすか実践を通じて学びます。
到達目標 自ら組織変革に取り組む意欲とその基礎的な方法論(現場にあってどうすればいいか)を身につけることが到達目標です。
受講生は自分が属する組織において、ここで学んだことを使った「組織変革プロジェクト」を実施することが義務付けられており、その成果・経過発表が評価の対象となります。
受講してもらいたい
院生
実際に組織においてリーダーシップを発揮しなければならない人、これからそういう立場になる人たちに受講して頂きたいと思います。
授業計画
1回 予習・復習 参考図書のザ・ファシリテーター(小説)を通読し、組織変革とは何か、ファシリテーションがその中でどのような役割を果たすかについて考える。
授業内容 組織変革とファシリテーション 概論1  
組織変革とは、組織の行動を変えることです。組織の行動を変えるということはどういうことか、そのためには何を考え、どう行動する必要があるのかを概観する。
2回 予習・復習 自分の組織の組織問題を考え、A4半ページ程度のまとめる。
授業内容 組織変革とファシリテーション 概論2  
ファシリテーションについて理解を深め、その組織変革に果たす重要な役割を考える。 課題とその発表方法の提示。
3回 予習・復習 自らの組織問題を解決するにあたって、問題を定義する。問題意識ではなく、具体的に解決可能な形に定義する方法を考える。
授業内容 危機感を醸成する 
変革のでんでん太鼓モデルを学ぶ。その基本である危機感の醸成方法について考える。コンフリクトマネジメントの基本を学ぶ。
4回 予習・復習 自らの組織問題を解決するにあたって、でんでん太鼓モデルやコンフリクトマネジメントの手法がどう利用できるか考える。
授業内容 ビジョンの作成と共有 
危機感とコインの裏表の関係にあるビジョンについて考える。その効果的なつくり方、共有の仕方について学ぶ。
5回 予習・復習 自らの組織問題解決に取り組み、その実践の中から出てきた問題を整理し、授業の中で質問や議論ができるように準備する。
授業内容 変革推進チームをつくってリードする
ビジョンの共有に留まっていては変革につながらない。ファシリテーションを使って、具体的なアクションをつくりだし、人を動かす方法を考える。
6回 予習・復習 社員の意欲を高めるために行っていること、もっと行うべきことを考える。逆に、社員の自律やモチベーションを下げることになっていることはないか、考えてみる。
授業内容 成功を演出する、勢いを持続する
変革を成功させるためには、短期間の間に成果を挙げ、それを継続する必要がある。ここでは、そのための工夫について考える。
7回 予習・復習 発表の準備をする。発表は、決められたフォーマットに従い、行ったこと、学んだこと、今後どのように取り組むかが簡潔かつ明解にわかるようにする。
授業内容 成果発表 その1
受講期間中に実施したプロジェクトの経過・成果発表を行う。その中から、組織変革を実現する実践的な学習を促す
8回 予習・復習 同上
授業内容 成果発表 その2
             同上
授業方法 講義とワークショップ形式を組み合わせた授業で、インタラクティブに進めます。受講生の積極的な授業への参画(意見、質問、ディスカッション)が求められます。
テキスト 講義のつど配布される資料のみですが、参考図書の「ザ・ファシリテーター」は課題図書と考えてください。
参考図書 森時彦著「ザ・ファシリテーター」(ダイヤモンド社) ISBN
森時彦著「“結果”の出ない組織はこう変えろ!」(朝日新聞出版社) ISBN
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
学んだことを実務の中で実践してみたか。 50 % 学んだことを自分の生活の中で実践し、その中で感じ、学んだことを発表することが求められます。自分で行ったかどうかが最も大きな評価ポイントです。
講義ならびに実施したことから学んだことの質 30 % 講義で教えられたことだけでなく、実施を通じて自ら学んだこと、その質が二つ目の重要な評価ポイントです。
授業への参画度。質問やコメントの質 20 % この授業では積極的に授業に参加することが求められます。参加とは、質問やコメント、ディスカッションを活発に行うことです。その頻度や質を評価します。
合計 100%  
受講生へ 参考図書を参考に、自らの会社の組織課題を考え、A4半ページ程度にまとめてくる。
講師と受講生の間だけでなく、受講生間のインタラクティブな対話を
軸に授業を進めたいと考えており、問題意識を持ち積極的に発言し、傾聴する人たちの参加を求めます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.