MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プログラム編)

  • Basis of Program and Project Management (Program)
担当教員 武富 為嗣 専任・客員 専任 単位数 2単位
開講学期 春学期 開講曜日・時限 金曜日 2時限
位置づけ プロジェクトマネジメントコース分野 基礎段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
本授業は、企業活動を定常活動と非定常活動に分けて、非定常活動が投資活動であるという理解から始める。非定常活動のマネジメントを、戦略的な投資立案(Strategic Investment Planning)や予算化(Capital Budgeting)、投資後のマネジメント(Investing Asset Management)をプログラムマネジメントとして体系的に理解し、経営幹部あるいは企画遂行担当者として実践で使える基礎を習得することを目指す。プロジェクトとプログラムの違いを理解した上で、プログラムライフサイクルに沿って、プログラムの基本となる経営課題を解決するための方策や新技術、新製品、新事業などの新しいアイデアの発想から実行へ持ち込むための構想立案、プログラムとして組織化への基本的なアプローチ、プログラムの実施、事後評価、定常活動組織への移行などを習得し、企業改革、設備投資、研究開発投資、IT投資、新事業創造、M&Aなどの様々な企業や非営利団体のプログラムをプログラムマネジャーとして企画立案し、実行をマネジメントできるようになるとともに、プログラムマネジメントの組織を全社的にとらえて活用できる人材になる基礎を習得することを目指す。
科目の目的 本授業は、企業活動を定常活動と非定常活動に分けて、非定常活動が投資活動であるという理解から始める。戦略的な投資立案(Strategic Investment Planning)や予算化(Capital Budgeting)、投資後のマネジメント(Investing Asset Management)をプログラムマネジメントとして体系的に理解し、経営幹部あるいは企画遂行担当者として実践で使える基礎を習得することを目指す。プロジェクトとプログラムの違いを理解した上で、プログラムライフサイクルに沿って、プログラムの基本となる経営課題を解決するための方策や新技術、新製品などの新しいアイデアの発想から実行へ持ち込むための構想立案、事前評価、プログラムとして組織化への基本的なアプローチ、プログラムの実施、事後評価、定常活動組織への移行などを習得し、企業改革、設備投資、研究開発、IT投資などの色々な企業や非営利団体のプログラムをプログラムマネジャーとして企画立案し、実行をマネジメントできるようになるとともに、プログラムマネジメントの組織を全社的にとらえて組織化活用できる人材になることを目指す。
到達目標 プログラムマネジメントの基本を理解して、企業における投資とプログラムの関係を理解する。その上で、実際の企業活動での課題にどのように適用すればよいか、どういう手順で進めればよいかを習得して、プログラムマネジャーや投資責任者としての基本を習得する
受講してもらいたい
院生
特に企業内において、あるいは、企業を起こして、経営の立場や何らかの課題に対して、リーダーシップをとる立場にある人、あるいは、そのような立場を目指す人。特に、企業成長に必要な投資に対して理解を深めて、推進したい人。
授業計画
1回 予習・復習 プログラムとは何ぞやという自問を行い授業に臨むこと。受講後、プログラムとプロジェクトの違い、投資とプログラムの関係、戦略実現の実践的アプローチとしてのプログラムを復習する
授業内容 プログラム&プロジェクトマネジメントとは?        
プログラムの概念、プログラムとプロジェクトの違い、財務諸表とプログラム&プロジェクトの関係、投資とプログラムの関係など、プログラムの全体像を学習する
2回 予習・復習 プログラムの進め方を予習する。受講後、その意味を確認する
授業内容 プログラムとプログラムマネジメント
プログラムとプロジェクトの違いをゲームで疑似体験した後で、企業価値を実現するためのプログラムの考え方、進め方、価値創造のロードマップ、プログラムの定義などを学習する
3回 予習・復習 統合マネジメントについて予習する。受講後、統合マネジメントについて、理解を確認する
授業内容 企業戦略とプログラム          
企業の成長戦略を例として、企業戦略を実現するプログラム構築の進め方を理解しながら、戦略をもとにプログラムを構想企画するプロセスを学習する。また、複雑なプログラムを実践する上での共通観の必要性を理解する
4回 予習・復習 企業改革と何かを予習する。受講後、その意味とプログラムの関係を復習する
授業内容 共通基盤と統合マネジメント       
プログラムを実行する上で、プログラムの関係者が共有しておく必要があるプログラム共通観について学習し、その共通観を形成するもととなるプログラム共通基盤と、統合マネジメントについて学習する
5回 予習・復習 企業改革とプログラムの関係を再確認して臨む。受講後、再生マネジメントとプログラムマネジメントの関係を復習する
授業内容 プログラム統合マネジメント          
広い視野と高い視点に立ってプログラム翼下のプロジェクトを統合し、プログラム価値を最大化する統合マネジメントの6つのマネジメント項目について学習する
6回 予習・復習 戦略とその意味について予習する。受講後、戦略とプログラムの関係を復習する
授業内容 課題解決型のプログラムマネジメント
企業再生を例にとりながら、企業が抱えている課題を解決するための課題解決型のプログラムマネジメントのアプローチと課題の捉え方、その限界について学習する
7回 予習・復習 サプライチェーンとは何かを理解しておく。受講後、サプライチェーン改革とプログラムマネジメントの関係を復習する
授業内容 課題解決型のプログラムマネジメント
企業再生を例にとりながら、企業が抱えている課題を解決するための課題解決型のプログラムマネジメントのアプローチと課題の捉え方、その限界について学習する
8回 予習・復習 定常組織とプログラム組織の違いを予習する。受講後、プログラム組織の形を復習する
授業内容 課題解決型のプログラムマネジメントの事例
電子機器製造の中小企業のサプライチェーン改革の事例を取り上げ、課題を高い視点で捉えて、解決策を立案し、実行に移す、プログラムマネジメントの例を学習する
9回 予習・復習 リスクとは何かを予習する。受講後、リスクマネジメントとガバナンスの関係を理解する
授業内容 プログラム組織マネジメント
プログラム発足時のプログラム組織設計の進め方、定常組織との関係、プログラムとプロジェクト組織の関係、プログラムマネジメントオフィスのあり方など、プログラム組織の在り方や運営上の注意点などについて、学習する
10回 予習・復習 研究開発の進め方を予習する。受講後。プログラムマネジメント研究開発マネジメントの関係を復習する
授業内容 リスクの捉え方とプログラムガバナンス
プログラムとプロジェクトにおけるリスクの捉え方の違いと、プログラム責任者として、プロジェクト上位者の立場でのガバナンスの考え方について学習する
11回 予習・復習 システム投資について、自社の例を検討する。受講後、IT投資とプログラムの関係を復習する
授業内容 価値創造型のプログラムマネジメント     
技術の種をもととして、製品化し、市場に投入する価値創造型プログラムの典型として、研究開発を取り上げ、途中で中止となる可能性の高い研究開発プログラムのマネジメントのアプローチ、投資とプログラムの関係、全社的視点、個別の視点での研究開発プログラムのマネジメントについて学習する。
12回 予習・復習 設備投資とは何か、どう進めるのかを自社の例で理解しておく。受講後、プログラムとの関係を復習する
授業内容 IT投資のプログラムマネジメント
発注者の視点に立ったシステム投資とプログラムの関係、プログラム立案、投資対効果の見方や失敗事例のガバナンスの欠如などについて学習する
13回 予習・復習 グローバル展開とは何かを予習する。受講後、プログラムマネジメントとの関係を復習する
授業内容 グローバル展開と海外企業におけるプログラムマネジメントの例     
グローバル展開の場合のプログラムマネジメントの組織の在り方、海外企業がプログラムマネジメントを企画する場合の考え方、日本市場との違い、考え方の違い、グローバル展開の基本的な考え方や事例を学習する
14回 予習・復習 サービス業とはどんなものかを自社との関係で予習する。受講後、プログラムとの関係を復習する
授業内容 デジタル化による新しいビジネスモデルの誕生    
インターネットやモバイルの発展は、生活様式の変化や新しいビジネスモデルの出現、競合の変化を生んでいる。この新しいビジネスモデルは、グローバル展開が容易であり、あっという間に従来の構造を変えています。この新しい流れにどう対処すればよいかを一緒に考える
15回 予習・復習 今まで学んだことをすべて確認しておく。受講後、自分がどのくらい判っているかをテストの点数で理解し、その後補強すべき点を明確にする。
授業内容 最最終試験
プログラムとプロジェクトの違い、投資としてのプログラム、ロードマップ等の基本的な内容の理解が明確になっているかをテストする
授業方法 パワーポイントのテキストによる授業を主体としながら、時々、演習問題を入れて、プログラムマネジメントの基本的な考え方を理解し、企業が抱えるさまざまな問題に対するプログラムマネジメントのアプローチに対して理解を深める
テキスト 授業配布のパワーポイント
参考図書 ・ 小原重信編著「P2Mプロジェクト&プログラムマネジメント標準ガイドブック」PHP ISBN-10: 4820744690 、
・「中小企業技術経営」実践講座  日本工業大学大学院技術経営研究科監修 ISBN-10: 4769204825
   第13章 P2Mプログラムマネジメント   
第14章 プロジェクトマネジメントの基礎
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
授業における演習や発表の内容で評価する 50 %
期末テスト 50 % 授業最後のテストでの試験の理解度で評価する
合計 100%  
受講生へ 参考図書などをもとに、大まかな各章の概要を理解しておき、質問などがあれば、準備する
企業経営は、大きく損益計算書に関わる活動と貸借対照表に関わる活動がある。ここでは、プログラムマネジメントを投資として理解し。その意味、マネジメントで理解しておくこと、進め方についての基礎を学ぶことを主体とする。春の授業で、プロジェクトとプログラムの違い、定常活動と非定常活動の違い、投資の意味を理解して、プログラムマネジャーとしての基礎知識を獲得することを目指す
その他 春学期の「プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プロジェクト編)」を受講することを前提とする
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.