MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プロジェクト編)

  • Basis of Program and Project Management (Project)
担当教員 髙篠 昭夫 専任・客員 専任 単位数 2単位
開講学期 春学期 開講曜日・時限 金曜日 1時限
位置づけ プロジェクトマネジメントコース分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
開発投資とプロジェクト化ビジネスがGDPの約30%に達する「プロジェクト化の時代」と言われる中で、確実にプロジェクトを完成に導くためにはプロジェクトマネジメントに精通したプロジェクトマネジャーの力量によるところが大きい。本科目はプロジェクトマネジャーとメンバーが身に着けて欲しいプロジェクトマネジメントの体系的知識、考え方、実際の活用について学ぶ
科目の目的 プロジェクトの基本的なモデルは、プロジェクトの事前の企画・構想と提案、計画・設計・実行・構築、完了後の事業運営による事業価値の獲得とお客様への貢献の3ステップである。そのプロジェクトライフサイクルでのプロジェクトマネジメントを身につけ、実際の遂行に際してリーダーシップが出せるような実践能力の獲得を目的とする。
到達目標 プロジェクトの開始から終了までの流れに沿って、中でもその中核となる投資とコスト、スケジュール、人・チームマネジメント、創出される商品・システム・仕組みとしての価値を中心にプロジェクトマネジメントの知識体系を理解し、プロジェクトマネジャーとして適切なマネジメント力と対応力、その実践力が発揮できるようになることをめざす。
受講してもらいたい
院生
プロジェクトやプログラムを企画・立案・推進する人、またその予定者
変革や改革、価値創造の担い手・牽引者となる人、またその予定者
プロジェクトを評価する人、評価側に立つ人 等
授業計画
1回 予習・復習 毎回 参考図書に挙げた「P2Mプログラム&プロジェクトマネジメント標準ガイドブック」(日本プロジェクトマネジメント協会編)「P2M入門」(小原重信著)等の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
授業内容 プロジェクト概論 1  ;          プロジェクト活動について、プロジェクトとは何か、プロジェクトの定義とプロジェクト活動の全体概要を導入として学習する
2回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
授業内容 プロジェクト概論 2 ;              プロジェクト活動を通じて組織とプロジェクトマネジャーに求められるプロジェクトマネジメントついて、その全体概要を学習する
3回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
授業内容 目標マネジメント ;                 プロジェクトの目標マネジメントの中の個別マネジメント群、特にスコープマネジメント、タイムマネジメントについて学習する
4回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
自社における投資の申請から承認までの一連の仕組みについて調べておく
授業内容 投資マネジメント 1 ;            プロジェクト活動は投資活動でもある。その投資マネジメント全般について、執行するプロジェクト側、管理する経営者側の両面から見た投資のとらえ方とマネジメントについて学習する
5回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
自社における投資の申請から承認までの一連の仕組みについて調べておく
授業内容 投資マネジメント 2 ;           投資の可否判断基準となる投資の経済性評価法について、演習を交えて学習し、投資判断についての理解を深める。      
     
6回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
自社における投資の申請から承認までの一連の仕組みについて調べておく
授業内容 決定分析 ;                       プロジェクト活動にはいくつかの選択肢の中から一つに絞り込む意思決定が必ず伴う。ステークホルダーが納得、共有できる決定のための思考プロセスについて学習する
7回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
自社の理念、経営方針における品質の取り扱い、位置付け、品質への取り組み姿勢等を整理しておく
授業内容 品質マネジメント ;             プロジェクトにおける品質のとらえ方、1.プロジェクト活動の最終成果物の品質確保 2.プロジェクトを成功に導くための活動・運営の品質確保  のプロジェクト活動の品質について学習する                                   
8回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
自社のプロジェクトの推進、進め方等に関する管理、ルール等を調べておく
授業内容 プロジェクト遂行マネジメント  ;                                  プロジェクト進捗管理上で必要となる提案、遂行とコミュニケーション、変化点管理、課題管理、完了報告と引き渡し報告について学習する
9回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
自社における開発や事業プロジェクトの進め方、進捗管理、フェーズゲート管理について調べおく
授業内容 プロジェクト展開フロー ; プロジェクトのライフサイクルと商品開発、生産、事業、ICT等の各プロジェクトにおけるフェーズゲート管理について学習する
10回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
自社におけるプロジェクトリーダー、メンバーの選出の決め方、組織化の進め方について調べおく
授業内容 プロジェクト組織マネジメント  ;          企業組織とプロジェクト体制についてプロジェクト体制を抱えている企業の組織形態を概説し、会社内でのプロジェクト組織構築の基本について学習する。                                                
11回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
自社におけるプロジェクトリーダー、メンバーの選出の決め方、組織化の進め方について調べおく
授業内容 プロジェクトマネジャー ;             プロジェクトマネジャーとリーダーシップについて、あるべきマネジャー像、リーダー像について学習する
12回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
自社におけるリスク管理、リスク対応等その仕組みについて調べおく
授業内容 リスクマネジメント  ;  プロジェクトにおけるリスクとは何か、特にリスクの把握、リスク評価の方法、リスク対応での優先順位付け、リスクの管理プロセスについて学習する
13回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
自社の海外プロジェクトで起こった過去のマネジメントトラブルについて調べておく
授業内容 コミュニケーションマネジメント ;  コミュニケーションの基本動作とグローバル化に伴う海外進出や海外でのプロジェクトにおいて必ず直面するビジネス上の異文化コミュニケーションについて学習する                      
14回 予習・復習 参考図書の該当箇所を一読して 、授業内容の概要とキーワードを理解しておく
自社における各種の契約における決め事、ルール、仕組みついて調べおく
授業内容 関係性マネジメント 契約の概念  ;                        プロジェクトにおける契約形態とその内容を学習する。そして特にプロジェクトに関係するコンプライアンス(法令遵守)について学習する 
15回 予習・復習 特になし
授業内容 最終試験
授業方法 パワーポイントのテキストによる授業を基本に、質疑応答を交えながら進め、適宜演習問題等を入れ考察を深める
テキスト 授業時配布のパワーポイント
参考図書 「P2Mプログラム&プロジェクトマネジメント標準ガイドブック」(日本プロジェクトマネジメント協会編、日本能率協会マネジメントセンター刊、ISBN978-4-8207-4887-8)、「P2M入門」(小原重信著、H&I刊 ISBN4-901032-52-6)、「プロジェクト&プログラムマネジメント」(清水基夫著日本能率協会マネジメントセンター刊 ISBN978-4-8207-4668-3)、「中小企業技術経営実践講座」(日本工業大学大学院技術経営学科監修、工学図書(株)刊  ISBN978-4-7692-0482-4)  など
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
最終試験 50 %
質疑応答など授業への積極的な参画姿勢、レポート評価 50 %
  0 %
合計 100%  
受講生へ この講義はプログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プログラム編)と対になっており、プログラムマネジメント編と同時受講することを勧めます
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.