MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

日本工大MOT社長会(No.3)の開催

NIT MOT Letter

 8月26日(土曜日)午後3時30分から神田キャンパスにおいて、第三回日本工大社長会が開催されました。今回のテーマは、「突然の経済危機にどのように対処したか?今思えば、それで良かったか?」でした。

 事例発表として、本学MOT9期生の株式会社ヒバラコーポレーションの代表取締役小田倉久視さんが自社の「リーマンショック後、どのような対応をしたか」を発表されました。内容は、リーマンショックを会社変革の契機として位置づけて、生産設備の更新など大規模投資を行って事業領域を高付加価値分野へ変革された御苦労などをお話し頂きました。

 この逆境時の変革があったからこそ、現在の高付加価値体制を構築できたそうです。当然ながら、ヒバラコーポレーション社もリーマンショックによる大幅な受注減に見舞われ、従来顧客を中心に守りの経営を行いましたが、それだけでなく将来に備えた変革を果敢に断行された姿に感銘を受けました。

 参加された社長からは、突然の経済危機などに備えて、金融機関に自社の経営ビジョンなどを十分に説明し自社の魅力(成長性)を理解してもらうこと、経営者である自身自身を信じて「アタフタ」しないこと、従来からの事業や社員を信じて従来事業を核にした経営を行うこと、新規事業などに挑戦せずに従来顧客を対象にした守りもビジネスが不可欠であること、などの意見が出されました。

 

社長会3回目.jpg

~自社におけるリーマンショックへの対応について熱く語る小田倉さん(MOT9期性)~

ヒバラコーポレーション㈱ 代表取締役小田倉久視さん

このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.