中小企業技術経営基礎 PDF

Basic of Management of Technology for SMEs

単位数

2単位

開講学期

春学期

開講曜日・時限

土曜日 1・2時限目(隔週)

位置づけ

中小企業技術経営コース分野 基礎段階

科目紹介

科目の重要性・必要性

皆さんは組織の中で個人として活動するのに加え、何らかの形でチームや組織をリードしその経営に携わる役割も担っている。組織(企業・部署・チーム)の経営はその方針として戦略を描き、人モノ金情報といった経営資源をプロセスや組織を通じ有効に活用し、戦略を実現することで成果を上げる、といったサイクルで廻っている。技術経営としては、技術を活かしイノベーションを重視した価値創造と、これら組織経営のサイクルをどう組み合わせることが出来るかが重要となる。
技術は広義には知識の体系である。知識を活かした価値創造と組織経営として、技術経営は全ての人に関わってくる。この技術経営の主要な項目を体系的に理解し、皆さんの現在そして将来の役割に合った活動に如何に活かしていくかを学ぶ事が大切である。

科目の目的

技術経営の主要な項目について、専任教員による理論や考え方の説明と修了生教員(MOT見聞録著者)の個人・チーム・組織での実践事例をセットで説明しディスカッションする。これにより技術経営の全体像とその実践例を理解し、自分の役割に当てはめて考えることが出来るようにする。

到達目標

各回の授業では技術経営の主要な項目を対比する形で説明する(例マーケティングとイノベーション)。これら項目について他の項目との関連を踏まえて説明できるようになる事、さらにそれを自分の組織や役割に当てはめ実際の問題の把握やその解決策を記述出来るようになる事を目指す。

受講してもらいたい院生

中小企業技術経営コースを問わず技術経営全般の理解を深めたい院生。 

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:大学院に入学した思い・志と、学びたいこと実現したいことを再確認(授業でそれぞれ紹介)。
復習:それをレポートとしてまとめる(小課題:レポート作成の基本の確認)

授業内容

<技術経営の全体像>

  • 予習に基づく意見交換。皆さんの組織の課題の確認と、その解決に役立つ技術経営の主要な項目の説明。技術経営の全体像として、その概念、確立された経緯や今日的な意味合いの説明。
  • 基本スキルとしてアイデアの言語化とレポーティングの基本ルールの紹介。

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため前回と同じ。

授業内容

  • 修了生教員より:MOT見聞録の内容の実際とその後の経験の紹介。
  • カリキュラム全体の説明。チャンスとしての問題解決と身近な問題から発想することの重要性、個人の思い・志とクリエティブテンションの大切さ、MOTで学ぶべき4つのことの紹介。

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:経営とは何かを考えてみる。担当者であっても経営の視点は必要か。
復習:自分として考える自組織のミッション・ビジョン・バリューを検討する。

授業内容

<歴史で紐解く戦略論>

  • 予習に基づくディスカッション。経営の語源、孫子の兵法、クラウゼビッツの戦争論、弱者が有利なランチェスター戦略や、ドラッカーのマネジメント論の紹介。戦争とビジネスの違いと3C、ミッション・ビジョン・バリューの重要性、戦略のレベル分けなどを説明。

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため前回と同じ。

授業内容

  • 修了生教員より:NB社のミッション・ビジョン・バリューと戦略の紹介。
  • Where、What、Howなど目的による組織の方向の描き方の違い。次回に向けてのガイド。

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自分は儲かる機会と強みでの差別化どちらを選ぶか?
復習:自組織の機会を整理し、SWOTと5Fを検討する。

授業内容

<ポジショニングとコアコンピタンス>

  • 予習に基づくディスカッション。ポジショニング(儲かる機会)とコアコンピタンス(強みを活かす)の説明。儲かる機会探し(5F)と3つの競争戦略や、強みの切り口(VRIO)。成功要因(KFS)と強み弱み機会脅威分析(SWOT)の紹介。

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため前回と同じ。

授業内容

  • 修了生教員より:NB社のポジショニングとコアコンピタンスの紹介。
  • 競争優位が継続しない時代におけるポジションニングとコアコンピタンスの考え方。富士フィルムの変革の事例紹介。次回に向けてのガイド。

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:技能と技術は何が違うか。
復習:自組織の強い技術とは何かを考えてみる。

授業内容

<技術のマネジメントと経営>

  • 予習に基づくディスカッション。技術の定義と2つの側面(含む知財との関連)。無形な技術を可視化する技術分析の説明(技術リスト、技術評価マップ)と市場・技術をマッチさせるMFT (Market-Function-Technology)の紹介。

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため前回と同じ。

授業内容

  • 修了生教員より:NB社の技術と強み、特許とMFT。NB社の技術と企業・事業活動の関連。重視している技術者倫理の紹介。
  • 一般汎用技術としてのデジタルのインパクト。次回に向けてのガイド。

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自事業の顧客へ提供する価値は何か、価値をもっとも生み出している業務は?
復習:自事業の機能と事業のバリューチェーンと、プラットフォームを検討する。これまでの課題の中間提出。

授業内容

<バリューチェーンとプラットフォーム>

  • 予習に基づくディスカッション。業務プロセスと価値を生み出すバリューチェーンの違い。特に機能と事業の連鎖の考え方の違いや、デジタル時代に重要となるプラットフォームの説明。

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため前回と同じ。

授業内容

  • 修了生教員より:NB社のプロセスと、バリューチェーン及びプラットフォームの紹介。
  • バリューチェーンとプラットフォームの活用方法。次回に向けてのガイド。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:マーケティングとイノベーションはどう違うか?
復習:自事業で強化すべきマーケティングとイノベーション活動を検討する。次回の国会図書館訪問に向けて身の回りの問題について何を情報収集するかを考えてみる、

授業内容

<マーケティングとイノベーション>

  • 予習に基づくディスカッション。価値とは何か。マーケティングとイノベーションとはどんな活動か。技術革新・改良とイノベーションの違い。マーケティング(PEST、3C、STP、4P)とイノベーション(シュンペーターの3つのポイント)の基本手法の説明。

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため前回と同じ。

授業内容

  • 修了生教員より:NB社のマーケティングとイノベーションの活動の紹介。
  • 最近のマーケティングとイノベーションのトピックス。ありきたりの案を如何に超えるか。
  • マーケティングとイノベーションへのデジタル技術のインパクト
  • 問題解決のために仮説・情報収集・検証で考える大切さ。経営学とアカデミアの役割。次回に向けてのガイド(国会図書館訪問)。

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:リーダーとマネージャーの違いは何かを考えてみる。国会図書館訪問の準備。
復習:自組織と計画・評価の仕組み。自分が強化したいMOTリーダーの基本知識・スキル・行動を考えてみる。

授業内容

<仮説・情報収集・検証サイクル>
国会図書館訪問で仮説検証のための情報収集を体感する。

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業のため前回と同じ。

授業内容

<人と組織のマネジメント>

  • 予習に基づくディスカッション。組織論や人材マネジメントの説明。経営のPDSサイクルとしての計画、実行と評価。リーダーとマネージャーの違い。MOTリーダーの知識・スキル・行動特性について。
  • 修了生教員より:NB社の人と組織マネジメントと、自身のマネージャーとリーダーとしての役割の紹介。
  • チームでの組織学習の重要性。次回に向けてのガイド。

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:これまで解らなかったこと、ピンとこなかったことは何か?
復習(期末課題):課題シートの作成。

授業内容

全体まとめ。M-SPRO-V フレームワーク紹介。ものづくりの本質的意味。
修了生教員:NB社の課題シートの事例紹介。
技術経営の要点とMOTリーダーの知識・スキル・行動特性について。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

授業方法

予習に基づくディスカッションで問題意識を持ち、専任教員による理論・手法の説明と、修了生教員が自身と企業(NB社)の事例紹介を行う。このステップを繰り返すことで実践のイメージを持つ。加えて授業の最後に関連する最近のトピックスを紹介する。この内容を2コマつづきの授業として実施。また毎回の授業で中小企業の特徴を活かす切り口を紹介。
情報収集や仮説検証の具体的な活動イメージとして、国会図書館を訪問し文献調査を体験する。

テキスト

毎回パワーポイント形式の資料を配布。
(この授業では、修了生教員のテキストを除き、事前にテキストを電子ファイルで提供。紙のテキストが必要な受講生は各自プリントのこと)

参考図書

授業で適宜紹介。

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

中間・期末課題による理解と自社への適用の評価。

60 %

中間・期末課題レポートで技術経営の主要項目を個別にまた全体のストーリーとして理解して適用出来ているか。

授業への参画姿勢の評価。

40 %

予習や復習の実施(内容は問わない)。ディスカッションへの参画。中間・期末課題レポートへの取り組み。その他貢献。

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

専任教員の理論・手法と修了生教員の実践事例をタイアップさせる授業はユニークな授業と言える。特段の準備は必要ないが、授業で紹介する書籍のうち1冊は読み理論・手法の背景を深く理解して欲しい。

その他

略語(これを理解・活用できるようにすることが授業の目的の一つでもある)
PEST:Politics,Economy,Society,Technology、  3C:Customer,Competitor,Company、 STP:Segmentation, Targeting,Positioning、4P:Product,Price,Place, Promotion、SWOT:Strength, Weakness,Opportunity, Threat、KFS:Key Factor for Success、M-SPRO-V:Mission-Strategy.Process,Resource,Organization-Value)

CONTENTS

おすすめコンテンツ

活躍する修了生

修了生の声を参考に、これから入学を検討されている方も、既に入学されている方も、本MOTにおける目標設定や人生の目標設定などに役立てて下さい。

オープンキャンパス

日本工大MOTは、どのような学びの場なのかを直接確認できる場として開催

入試情報