技術・イノベーションマネジメント PDF

Technology & Innovation Management

担当教員

単位数

2単位

開講学期

春学期

開講曜日・時限

土曜日 5・6時限目(隔週)

位置づけ

中小企業技術経営コース分野 応用段階

科目紹介

科目の重要性・必要性

技術は太古から道具を使いこなすことから始まり、科学的な知識を取り込むことで発展してきた。イノベーションとはアイデアに対し、技術や資源、製品・サービスの構想、市場・顧客の切り口、組織やプロセスの変革、といった要素が結合することでの新しい価値の創造である。
企業が国内外の厳しい競争の中で成長していくためには、技術を活かし新たな価値創出を起こすイノベーションは不可欠となっている。特に経営資源が限られる中小企業にとって、次の展開に繋がる技術を活かしたイノベーションを如何に行うかは重要な課題となっている。

科目の目的

よく言われる”日本企業は技術で勝ってビジネスで負けた”は、技術革新は行ったが新しい形のイノベーションを実現した企業に負けてしまった、と解釈することが出来る。技術革新とイノベーションは別なものと理解する必要がある。
今日ではデジタル技術などの技術の革新もあり、イノベーションが様々に生み出されるようになっている。身近な問題をチャンスと捉えるマインドや、チームでディスカッションし具体化することが大切である。
技術経営の重要な項目の1つである技術・イノベーションについて多面的に理解し、自分のアイデアを起点に組織を巻き込みイノベーションを実現することが求められる。

到達目標

技術を活かしたイノベーションについて、代表的な理論を学び典型例をケーススタディすることで、技術・イノベーションの主要項目を理解し自分で説明できるようになる。
またケーススタディでのアイデア発想やチーム活動を通じて、自社の技術・イノベーションののアイデアを発想し、イノベーションの構想を持てるようになる。

受講してもらいたい院生

技術・イノベーションを理解したい院生。自組織内や新たに起業するなどで技術・イノベーションでのプロダクトや事業を創出することを目指す院生。

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:経験したことがある新しい価値を産む仕事(小さな工夫、業務改善なども含め)を考えてみる。それはどんな工夫や人の協力で実現できたか?
復習:自分の関わるビジネスにとっての5つの要素を考えてみる。技術とイノベーションの違いを整理する。次回のケーススタディの準備。

授業内容

<技術とイノベーションとは>

  • 技術とは、イノベーションとは何かと、中小企業へ意味合いと、科目の目的、枠組み、カリキュラム全体を説明する。

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業なので前回と同じ。

授業内容

<価値創造の基本>
価値とは何かと、アイデアを経済価値に換える価値創造のステップを説明する。

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:QBハウスの事例の事前スタディ。
復習:自事業に関連する顧客や関係者の考え方の変化(思考の機軸の変化)を考える。

授業内容

<イノベーションの5つの要素の結合>

  • アイデアから如何にイノベーションの5つの要素が結合しイノベーションが実現されたかの事例と、企業変革とイノベーションの関連や人・組織の関わりを紹介する。
  • イノベ―ションに大切な気づきの言語化やチームディスカッションの大切さと、ケーススタディの意味合いを説明する。

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業なので前回と同じ。

授業内容

<チームディスカッション:QBハウスのイノベーションの5つの要素>

  • 低価格理容で成長しているQBハウスについて討議。事前配布事例を一読し数名のチームで討議・発表。
  • アイデアからイノベーションの5つの要素の結合へ。まとめ。

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:ヒロセ電機のケースを事前スタディ。
復習:自事業の技術・強みでの差別化について考えて見る。

授業内容

<”技術で勝ってビジネスで負けた”と技術革新>

  • イノベーションのジレンマとパラダイム破壊論から、技術革新・改良と破壊的イノベーションの違いを説明する。
  • 技術を活かすために、技術リストと技術ポートフォリオ、技術のアーキテクチャー、コア技術とコアコンピタンスm技術をマッチさせるためのMFT(Market-Function-Technology)を説明する
  • 加えて、パラダイム破壊論をもとに技術革新のメカニズムを説明する。

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業なので前回と同じ。

授業内容

<チームディスカッション:強みを生かした事業展開>
 ヒロセ電機―強みを活かし先回り開発での高収益化についてのディスカッション。

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:日本ではなぜリスクをとるアントレプレナーが少ないのかを考えてみる。
復習:自事業に関連するエコシステムを考えて見る。

授業内容

<アントレプレナーとビジネス展開ステップ>

  • 身近な問題をチャンスと捉える最近のアントレプレナー教育の紹介。
  • ベンチャー企業を例にとったビジネス展開のステップ。企業内新事業とベンチャー起業の違いとアントレプレナーのタイプの違い。新たな友達作りとしてのエコシステムの重要性。

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業なので前回と同じ。

授業内容

<ゲスト講演とディスカッション: ベンチャー企業事例>

  • 特定課題研究で起業のプランニングを行い、自らアントレプレナーとしてその事業化と発展を実践している修了生による講演。ディスカッションを通じアントレプレナーの活動の実感を掴む。

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:デザレットニュースの事例を事前スタディ。
復習:自ビジネスは破壊的イノベーションの脅威はないか?破壊的イノベーションの例を挙げてみる。

授業内容

<持続的イノベーションと破壊的イノベーション>

  • 成長する新興国市場と先進国市場での戦い方。人口動態の変化の意味合い。そこで繰り広げられる破壊型イノベーションについて(日本の家電企業とサムソン電子/アップル、中国企業のビジネス展開、アイリスオーヤマの取り組み)。
  • デジタル技術と破壊的イノベーション

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業なので前回と同じ。

授業内容

<チームディスカッション:デザレットニュースの破壊的イノベーションへの対処>

  • 破壊的イノベーションに対処しつつあるデザレットニュースの事例ディスカッション。
  • 破壊型イノベーションの機会と脅威。まとめ。次回のブルーオーシャン戦略の紹介と準備の説明。

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自製品や身近な製品の戦略キャンバスを作成する。
復習:チームディスカッションを受けて戦略キャンバスを完成させる。

授業内容

<差別化から違いへ ブルーオーシャン戦略>

  • 差別化ではなく違いを打ち出す重要性と、違いを重視したブルーオーシャン戦略を説明する。
  • チームでそれぞれの戦略キャンバスを紹介し、如何に違いを実現するかを議論する。

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業なので前回と同じ。

授業内容

<オープンイノベーション> 

  • 外部活用のイノベーション手法としてのオープンイノベーションと、オープンイノベーションの要件としてのビジネスモデルとアーキテクチャーの構想の必要性を説明する。

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自ビジネスはどんなところで外部活用しているか?クラスディスカッションに向けて自社紹介メモの作成。
復習:ディスカッションを受けて自ビジネスのさらなる外部活用を考えて見る。

授業内容

<オープンイノベーションのディスカッション>

  • 自ビジネスはどんなところで外部活用しているか?
  • 受講生がそれぞれ自社の紹介のメモを作り、コラボレーションの可能性をディスカッションする。

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

連続授業なので前回と同じ。

授業内容

<:3Mの技術・イノベーションのマネジメント>

  • 3Mの事例をもとに授業全体を振り返る。

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:これまで解らなかったこと、ピンとこなかったことは何か。
復習(期末課題):課題シートの作成

授業内容

<全体のまとめ>

  • 前回のオープンイノベーションのクラスディスカッションをもとに、大企業、中小企業やベンチャーといった企業規模と、業界の水平・垂直の連携などコラボレーションのパターンの紹介。
  • 技術・イノベーションマネジメントのステップと枠組みの再確認。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

授業方法

教員による理論・手法の説明と、ゲスト講演やケーススタディでのディスカッションで理解を深める。課題の検討でそれらの理解を自社に適用して考えてみる。

テキスト

各回ごとにパワーポイント形式のテキストを配布。
(この授業では、ケーススタディ資料を除き、テキストは電子ファイルで事前に提供。紙のテキストが必要な場合は各自プリントのこと)

参考図書

適宜紹介する。

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

課題を通じた理解と自社への適用

60 %

期末課題レポートの内容。

授業への参画姿勢

40 %

予習・復習ディスカッションへの参画、ケーススタディへの参画、期末課題レポートへの取り組み努力、その他貢献。チームディスカッションはイノベーション活動の基本と言えます。自組織での活動のトレーニングとして、チームディスカッションを積極的に活用を心掛ける。

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

”日本企業は技術で勝ってビジネスで負けた”はなぜ起こったか、これを基本の問題意識として持ち、その解消を目指す方法を考えて行きたい。
春学期の授業なので予備知識なくとも理解できるように説明する。
授業で紹介する書籍のうち、一冊は読破し技術・イノベーションの理論の背景を理解して欲しい。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

コラム

活躍する修了生

修了生の声を参考に、これから入学を検討されている方も、既に入学されている方も、本MOTにおける目標設定や人生の目標設定などに役立てて下さい。

専任教員

充実したMOT分野のエキスパートスタッフを集めています。