会計学応用 PDF

Applied Accounting

単位数

2単位

開講学期

秋学期

開講曜日・時限

土曜日 3・4時限目(隔週)

位置づけ

財務・会計分野 応用段階

科目紹介

科目の重要性・必要性

会計は世界共通のビジネス言語である。会計の成果物が財務諸表であり、金融機関、現在・将来株主等の外部ステークホルダーは、準拠すべき一定のルールに従って作成される一組の財務諸表により、企業の経営実態を判断・予測し、それぞれの立場から必要な意思決定をする。適正な外部報告を実現することはもとより、他社の経営実態を的確に把握するため、また、自社、社内セグメント等の実態把握や将来予測などにより経営管理、プロジェクト管理等に役立たせるために、会計のルールに関する知識、特にその根底に流れる根本的な考え方を身に着ける事が有用である。

科目の目的

国の違い、企業規模の大小・業種、営利非営利かなどによらず、会計の根本的な思考は多くが共通している。春学期の「会計学基礎」または過去の勉強等で養成した会計の基礎力に対し、会計情報を用いた判断と活用のための会計知識のレベルアップを図り、実例の紹介や簡単な演習などを用いて、より深度のある知識を習得することがこの科目の目的である。
このため個別プロジェクト、製商品等の原価把握・損益管理に必要となる工業簿記・原価計算の手法、経営課題の把握、財務リスクの早期把握等のための財務分析、資本市場のインフラである財務諸表監査制度、会計基準の国際的な収斂化の動向等についても必要に応じ、触れる。

到達目標

会計の知識を主要なビジネスツールとしてこれからの実務に活用できるようになることを到達目標とする。
このため本講座では一貫して、知識の活用を念頭に、重要な理論、個別分野に関し、実務界での標準的な取扱実例や会計情報をめぐる事象等を示し、本筋をわかりやすくお伝えしたいと考えている。

受講してもらいたい院生

春学期の「会計学基礎」を履修し、会計について面白いと感じた院生、また業務経験や過去の勉強で会計の基礎素養は身に着けているため「会計学基礎」は履修しなかったが、自分の持っている会計知識を整理し、レベルアップを考えている院生に受講してもらいたい。

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込み疑問点を確認する。講義終了後は自社または参考となる会社の決算書を読みどのような財政状態、経営成績であるかを考える。 

授業内容

財務諸表が表す企業実態及び判断上の留意点
平易な例でケーススタディーを行い、主要財務諸表は各々企業のどのような状況を示しているか、財務諸表を作成する上での前提、情報の限界など会計に関する基礎知識の確認をする。また、財務諸表数値から企業実態の重要なポイントをどのように読み取るのか、また、様々な外部利用者から、どのような目的でどこをどのように読まれ判断されるのか、判断を誤らない、又は、誤らせないための留意点は何かについて確認する。 

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込む。復習として講義中指示したレジュメの該当部分を再度読み込んで理解し、また、講義内容が十分理解できたかを確認する。 

授業内容

会計原則・会計基準等会計ルールによる基本的要請、会社法・金商法・税法等による企業会計制度および監査制度
規範としての会計原則、諸会計基準の基本的な理念を説明する。財務諸表の社会的機能、トライアングル体制といわれた我が国会計制度の概要および内部監査・外部監査等監査機能の役割、保証の内容、二重責任の原則、三様監査等について説明する。 

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込む。復習として自社または参考となる会社の貸借対照表を読み、講義で学んだ知識が実務ではどのように適用されているかを確認する。また、講義内容が十分理解できたかを確認する。

授業内容

貸借対照表の作成原則及び資産会計(1)
貸借対照表の主要な作成原則について会計基準、実定法の規定を参照し、概説する。資産、負債、純資産、損益の意義、評価等について説明し、実例を使って貸借対照表作成原則等がどのように適用されているかを説明する。

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込む。復習として自社または参考となる会社の貸借対照表、注記表の会計方針の記載内容および附属明細表(書)を閲覧し、講義で学んだ知識が実務にどのように適用されているかを確認する。また、講義内容が十分理解できたかを確認する。

授業内容

資産会計(2)
棚卸資産の評価方法など流動資産に関する特に重要な知識、論点について説明する。 また、有価証券、関係会社投融資等金融資産の評価、開示等について説明する。

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込む。復習として自社または参考となる会社の貸借対照表、注記表の会計方針の記載内容および附属明細表(書)を閲覧し、講義で学んだ知識が実務にどのように適用されているかを確認する。

授業内容

資産会計(3)
有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産、繰延資産について会計上の取扱い、実務上の留意点等について説明する。特に、開発費用・試験研究費・ソフトウェア・リース資産の取扱い、「のれん」の意義・評価方法等理解しておくべき重要部分を中心に説明する。また、関連する税務上の取扱いについて概説する。

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込む。復習として講義中指示したレジュメの該当部分を再度読み込んで理解し、また、講義内容が十分理解できたかを確認する。

授業内容

負債会計、純資産会計
負債、純資産について説明する。会社法による純資産項目に関する諸規制、実務への影響について説明し、加えて会計に関する範囲内で議決権等についての知識、検討すべき対応等を法文、実務例を用いて解説する。 

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込む。復習として自社、及び、参考となる会社数社の損益計算書、注記表の会計方針の記載内容を読み、どのような経営成績であるかを比較、判断し、講義で学んだ知識が活かせられることを確認する。

授業内容

損益会計
損益会計の諸原則について説明し、損益計算書から経営成績をどのように読み取るか、また、留意点について説明する。実例を用いて業種等の違いによる損益計算書の特徴について概観する。創設された新収益認識に関する会計基準、国際会計基準(「IFRS」など)への収斂化等に伴う影響について簡単に触れる。

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込む。復習としてレジュメの重要な部分を再度読み込んで理解し、また、講義内容が十分理解できたかを確認する。

授業内容

会計上の重要な論点(1)税効果会計
財務数値に多大な影響を与える場合がある税効果会計について、その理論と実務上の取扱い、判断上の留意点等を説明する。これに関連して将来キャッシュ・フローの見積り、タックスプランニングの策定と課税所得に係るスケジューリングについての簡単な演習を行い知識を確実なものにしていただく。

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込む。復習として講義中指示したレジュメの該当部分を再度読み込んで理解し、また、講義内容が十分理解できたかを確認する。

授業内容

会計上の重要な論点(2)減損会計
減損会計について、その理論と実務上の取扱い、判断上の留意点等を説明する。

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込み、財務諸表作成側による見積が会計情報のどの部分の、どのような、またどの程度の影響を与えているかを考える。復習としてを再度読み込んで理解し、また、講義内容が十分理解できたかを確認する。

授業内容

会計上の見積りと経営への影響
作成主体による将来予測・見積りが財務諸表等にどのように反映されるか、それらを用いて算定される財務数値結果、将来の財務数値見込が企業自身へ与える影響等について説明する。 

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込み損益と資金の関係について考える。復習として講義中指示したレジュメの該当部分を再度読み込んで理解し、また、講義内容が十分理解できたかを確認する。

授業内容

キャッシュ・フロー計算書
キャッシュ・フロー計算書の必要性、有用性、会計制度上の位置づけについて説明し、資金面からの企業活動のとらえ方等について説明する。

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込み、経済主体としての企業グループの財政状態、経営成績を把握することの必要性について考える。復習として講義中指示したレジュメの該当部分を再度読み込んで理解し、知識を確実なものにする。 

授業内容

連結財務諸表
簡単な演習により連結財務諸表を作成することを通じて、連結財務諸表の必要性、表す情報の意味、内容、有用性等について理解する。また、注記事項である事業別・地域別・主要顧客別等セグメント情報について説明する。

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込み、「原価」とは何か、また、原価計算の主な方法について、それぞれその根底にある考え方を考察する。復習としてレジュメを再度読み込んで理解し、知識を確実なものにする。 

授業内容

原価計算
工業簿記の特徴及び工業簿記と原価計算の関係を説明する。各種原価計算方法の概要について解説し、原価計算の考え方を応用した製造業および製造業以外の業種への活用例、原価管理、プロジェクト管理等内部利用への有用性、留意点等について説明する。

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

事前に配布するレジュメを読み込む。また、普段感じている自社または所属する部門、担当プロジェクト等の課題を考え、その状況を把握するにはどのような分析方法が有効か検討する。復習として講義中指示したレジュメの該当部分を再度読み込んで理解し、また、講義内容が十分理解できたかを確認する。 

授業内容

財務諸表分析、及び、事業実態の分析への応用
財務諸表分析の目的と主要な手法、指標について概説する。実際の財務諸表、セグメント情報等を用いて分析を行う。結果たる財務数値と原因である事業実態との関係から事業上の要改善点等をどのように把握・分析するかを説明する。 

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

第1回から第14回の授業内容の中で理解が十分でないところがないかを見直す。復習として、講義を通じて得られた知識をどのように今後に活かすかを考える。 

授業内容

総まとめ
第1回から第14回まで学んだ内容のうち、特に重要な点について再度ポイントを確認し、知識を確実なものにする。

授業方法

講義を中心として進め、提供する課題等に対し、必要に応じ討議形式を取り入れ、理解を深めるための簡単な演習を行う。簡単な確認テストを行い(1回の予定)、講義が相当進んだ段階でレポートを提出していただく。

テキスト

特定のテキストは使用せず、毎回レジュメを配布する。

参考図書

新井清光・川村義則著「新版 現代会計学(第2版)」中央経済社、ISBN978-4ー502ー26661-4

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

授業参画姿勢

30 %

予習・復習の実施状況、授業中の参画の積極性、発言内容等

確認テストの成績

15 %

理解度を評価する。

レポートの評価

55 %

必要となる会計知識の理解の深度、自己の業務への結び付け、活用の具体性等

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

会計についての基礎知識のない受講生は春学期開講の「会計学基礎」を履修しておくことが望ましい。講義にあたっては毎回質問時間を設け、双方向性を確保する。

その他

財務諸表は一定のルールに従って作成されるが、ルールの適用には経済事象の捕捉の程度・適時性、事象に対する解釈・判断等が影響を与え財務数値が大きく異なる結果となることもある。会計の本質的な知識の習得を通じて、受講生の今後に役立てていただきたい。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

授業公開+学校説明会

参加できない方のためにぜひ授業を体感して頂きたく「授業公開 + 学校説明会」を開催いたします。

専任教員

充実したMOT分野のエキスパートスタッフを集めています。

修学案内