マーケティング戦略診断 PDF

Marketing strategy diagnosis

中小企業診断コース関連科目

単位数

2単位

開講学期

春学期

開講曜日・時限

火曜日 1・2時限目

位置づけ

マーケティング・営業マネジメント分野 応用段階

科目紹介

科目の重要性・必要性

企業が存続発展していくためには、お客様のニーズに応えて商品(サービス)を提供し、その対価として利益を得る必要がある。この時、対象となるお客様を明確に定め、ニーズを把握し、それに的確に対応することがマーケティング活動である。すなわちマーケティングとは企業の活動プロセスそのものであり、企業が経営目標を達成する上でなくてはならない活動である。
これを学ぶことは企業経営の根幹を学ぶことになる重要な科目である。

科目の目的

マーケティング戦略の立案と、立案した戦略を実現するための販売・営業マネジメントについて、指導・支援・アドバイスが出来るスキルを習得する。

到達目標

  • マーケティング戦略を策定するための基礎理論が実践で活用できるよう、体系的に習得する。
  • マーケティング戦略を策定するために必要な、情報収集・調査・分析ができるスキルを習得する。
  • マーケティング戦略の実現を図っていく上で、解決すべき販売・営業マネジメントに関する課題を的確に発見し、改善に向けた具体的なマネジメントの仕組みを策定できるスキルを習得する。
  • 業種特性(製造業・流通業)、また商品特性(消費財・生産財・サービス)に応じたマーケティング戦略の考え方を理解し、支援企業に合った形で指導・支援・アドバイスできるスキルを習得する。

受講してもらいたい院生

マーケティングは企業経営の根幹をなすものであり、マーケティングに関する指導・アドバイスができることは中小企業のコンサルタントにとっては必須条件である。
よって、中小企業診断士など、中小企業のコンサルタントを目指す院生は全員受講してもらいたい。

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:マーケティングの定義と重要性について知識の整理をしておくこと。流通業診断のために事前に必要な情報及び入手方法について整理しておくこと。

授業内容

  • 本科目の講義についての概要説明
  • 企業経営におけるマーケティングの位置づけ(ディスカッション)

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

復習:中小卸売業の一般的な経営課題とその改善の方向性について確認しておく。配布した事例は次回の講義でも使用するので熟読しておくこと。

授業内容

  • 流通業診断のための調査手法
    統計データの利用法、商圏把握の方法及び流通業診断に必要な調査手法について、その目的、実施方法等を学ぶ。
  • 戦略策定のための分析手法
    卸売業の事例をもとに流通業においてマーケティング戦略策定に活用できる調査データの選択、分析等の方法を考える。

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:前回の演習事例について、再度熟読し、マーケティング課題について考えておくこと。
   カードを使った課題整理の方法について、あらかじめテキストで概要を把握しておくこと。

授業内容

  • 中小卸売業の経営課題と経営改善の方向性(講義とディスカッション)
  • 事例をもとに中小卸売業のマーケティング戦略を策定する。
    ①カードを使った課題整理の方法について学ぶ。

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

復習:ワークショップで確認できた事例企業の課題について、卸売業一般の課題と比較してどのような特徴があったかについて整理しておく。問題と課題の違いについて理解する。

授業内容

ワークショップ
②グループに分かれて事例企業に関する情報を収集し課題を抽出する。

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:課題関連図と重要課題の選定についてあらかじめテキストで概要を把握しておくこと。

授業内容

  • 事例をもとに中小卸売業のマーケティング戦略を策定する。
    (ワークショップ)
    ③抽出した課題を体系的に整理する。
    課題を目的と手段の関係で体系的に整理し課題関連図を作成する。

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

復習:課題関連図で明らかになった手段から目的に繋がるストーリーを理解する。重要課題の考え方を理解する。経営戦略とマーケティング戦略の関連を確認する。

授業内容

  • グループごとに作成した課題関連図の発表と講評
    (ワークショップ)
    ④整理した課題に優先順位を付ける。
    課題間の関連性を見極めたうえで、課題に優先順位をつけ重要課題を選定する。

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:事例企業のマーケティング戦略の具体的な実現方策を考えておくこと。SWOT分析やクロスSWOT分析の手法について確認しておく。

授業内容

  • 企業戦略を踏まえたうえで、マーケティング戦略を策定する
    (ワークショップ)
    ⑤整理した課題とSWOT分析、クロスSWOT分析の結果をまとめてマーケティング戦略を策定する。

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

復習:他の院生が作成した実現方策図も参考にして、実現方策をブラッシュアップし、実施計画となるガントチャートを作成する。

授業内容

(ワークショップ)
⑥経営戦略とマーケティング戦略との関連性を理解したうえで、経営目標実現の具体的な実現方策を考える。(実現方策については各個人が策定)
・各自が策定した実現方策の発表と講評。
・計画実現のための実施計画(ガントチャート)の策定(講義)

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:事前に配布する事例小売業について、熟読しておき、マーケティング課題について考えておく。

授業内容

  • 前回の振返りと実施計画の講評
  • 中小小売業のマーケティング戦略(講義とディスカッション)
    (ワークショップ)
    事例をもとに中小小売業のマーケティング戦略を策定する。
    ①グループに分かれて事例企業に関する情報を収集し課題を抽出する。

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

復習:事例企業のマーケテイング上の課題について、体系的な整理に漏れがないかの確認をしておく。

授業内容

(ワークショップ)
②抽出した課題を体系的に整理する。
課題を目的と手段の関係で体系的に整理し、課題間の関連性を見極めたうえで重要課題を選定する。

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:SWOT分析やクロスSWOT分析について、その手法を再度確認しておく。

授業内容

(ワークショップ)
事例をもとに中小小売業のマーケティング戦略を策定する。
③整理した課題とSWOT分析、クロスSWOT分析の結果をまとめてマーケティング戦略を策定する。

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:事例小売業のマーケテイング戦略について考えてみる。
復習:事例小売企業のマーケティング戦略の実現方策について検討し、実現方策図を作成する。

授業内容

(ワークショップ)
事例をもとに中小小売業のマーケティング戦略を策定する。②
④   経営戦略とマーケティング戦略との関連性を理解したうえで、経営目標実現の具体的な実現方策を考える。(実現方策については各個人が策定)

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:事例小売企業のマーケティング戦略の実現方策図を完成させる。自分が作成した実現方策図と、他の院生が作成した実現方策図とを比較し、実現方策図を更にブラッシュアップしておく。

授業内容

  • 前回の振り返り:各自が策定した実現方策の発表と講評。

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:ロジスティクスの役割について整理しておく。
復習:講義とディスカッションを踏まえ、マーケティング戦略におけるロジスティクスの役割について確認しておく。

授業内容

  • マーケティング戦略におけるロジスティクスの役割。(講義とディスカッション)

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:ロジスティクスが顧客にどのような価値を提供しているかについて考えてくる。ロジスティクスが顧客に提供する特に重要な価値について確認しておく。

授業内容

  • ロジスティクス戦略により生み出される価値。(講義とディスカッション)

16 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:中小企業の場合、どのような特徴的なロジスティクス戦略がとりえるかについて考えてくる。
復習:事例検討を踏まえ、中小企業にとってのロジスティクス戦略について整理しておく。

授業内容

  • 中小企業に必要なロジスティクス戦略。
    (ワークショップ)
    中堅物流会社の事例をもとに中小企業のロジスティクス戦略活用を考える。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

授業方法

基礎的な知識について座学で説明するほかは、主にワークショップとゼミ形式で授業を進めます。

テキスト

必要に応じて、講義内容をまとめた資料を配布します。
ワークショップでは講義に合わせて企業の事例を配布します。

参考図書

授業の中で適宜紹介します。

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

講義への参画度

50 %

講義はディスカッションとワークショップを中心に進めますので、グループワークへの積極的な参画と取りまとめ、講義の中での積極的な質問や意見の表明などを総合的に評価します。

課題レポートの内容

50 %

中小企業コンサルタントとしての柔軟な発想や現実的な対応策が考えられるかを評価します。

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

本講座は一次試験で勉強した基礎知識を対象となる中小企業の実状に合わせて応用し、適確な経営診断や具体的な改善提案が出来るようになることが狙いです。ゼミ方式でワークショップを交えながら対話中心に授業を進めて行きますので積極的な参画を期待します。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

日本工大MOTとは

本大学院の5つの特徴や設立趣旨・目的などを掲載

専任教員

充実したMOT分野のエキスパートスタッフを集めています。

授業公開+学校説明会

参加できない方のためにぜひ授業を体感して頂きたく「授業公開 + 学校説明会」を開催いたします。