経営計画の策定とイノベーション PDF

Development of the management plan and Innovation

中小企業診断コース関連科目

単位数

2単位

開講学期

夏学期

開講曜日・時限

授業スケジュール参照

位置づけ

中小企業診断コース分野 応用段階

科目紹介

科目の重要性・必要性

今日の経営では、イノベーションの視点で経営戦略などを検討することが技術経営に限らず重要なことになっている。加えて、製造業においては製品開発戦略や知的財産戦略に活かすことも求められている。更に、これらの視点を経営計画レベルまで落とし込んでいくことも求められている。

科目の目的

技術経営におけるイノベーションの考え方を学び、それを経営戦略立案や経営計画策定に活かせるように基本を学ぶ。特に、製造業における製品開発戦略、知的財産戦略についてもイノベーションの視点で考えることができるように学習を進める。加えて、経営計画立案に際して既存統計を活用することも多いので、その見方と利用の仕方についても学習する。

到達目標

  1. 技術経営におけるイノベーションについて理解するとともに、実際の経営戦略・経営計画立案に活かすこと。
  2. 知的財産戦略についての基礎の修得
  3. 経営支援をする立場からの新規事業に係る経営計画の立案方法の修得
  4. 公的統計の見方値活用の仕方の修得

受講してもらいたい院生

中堅・中小企業の経営のコンサルタントを目指す院生。

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:中小製造業における製品開発について、留意点を列挙してくる。中小製造業が活用できる支援施策、特に製品開発に係る支援策を調べておく。

授業内容

・製品戦略(講義とディスカッション)
中小企業ならではの製品開発の考え方。
ニーズとシーズの関連性を考える。

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

復習:製品開発における外部資源の活用方法について整理しておく。バイヤーニーズが最終消費者ニーズとどのような関係にあるかを整理する。

授業内容

・製品開発プロセス(講義とディスカッション)
経営資源が乏しい中小企業における製品開発の進め方。
支援施策など外部資源の活用。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:製品アイデアの出し方について整理してくる。中小製造業における知財戦略のポイントを整理してくる。

授業内容

・製品開発プロセス
(ワークショップ) 
具体的な事例をもとに新製品のアイデアを考える。

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

復習:身近な事例で新製品開発のアイデアを出してみる。中小機械製造業が知財面で留意すべき事項を整理する。

授業内容

・知的資産のマネジメント(講義とディスカッション、ワークショップ)
事例をもとに知財をキーにした経営戦略の立案

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:技術とイノベーションについて自分なりに定義してみる。「技術で勝ってビジネスで負けた」の例を考えて見る。
復習:授業で紹介した価値創造と組織経営を自分なりに体系化して記述してみる。

授業内容

技術経営とは
技術とはイノベーションとは何か、日本企業でよく言われる「技術で勝ってビジネスで負けたとは」、そして技術経営として価値創造と組織経営の全体像を説明する。加えて、技術経営として重視すべき経営理論について紹介する。

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:企業や事業(部署・チームでも)を経営するために考慮すべき要素を考えて見る。
復習:SPROを自分の知っている組織に適用し現状を記述してみる。

授業内容

組織経営のPDSサイクル
戦略・プロセス・組織・経営資源の組織経営の枠組み(SPRO:Strategy/Process/Resource/Organization)と、PDSサイクルを廻すために必要な仕組みを説明する。変革のための戦略、人、仕組みの3つの起点を紹介する。

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:身近な製品(例:ドリル)のニーズ、機能とそれを実現する技術を考える。
復習:身近な製品についてMFTツリーと技術リストを記述してみる。

授業内容

価値創造 アイデア~チャリンの価値創造の押えどころ
無形なアイデアからチャリンと鳴らすステップと、技術経営として重要なビジネスプラン、市場と技術のマッチング(M-F-T:Maket-Function-Technology)、技術リストと技術ポートフォリオの3つの視点。

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自分の知っている組織でどんな経営資源が不足しているかを考える。
復習:自分がコンサルタントとしてどんな計画の枠組みを持つかを記述してみる。

授業内容

変革を実現する計画のために
中小企業の組織経営の問題と計画上の留意点、特に人モノ金情報の経営資源の育成・配分重視した検討と、価値創造のために厳しさに加えて緩い組織文化の重要性を説明する。また、中期計画での変革の積み重ねの大切さを紹介する。

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社の新商品開発方針、成長戦略をあらかじめ検討しておく
復習:講義で習得したノウハウ、スキル、教訓を自社で活用できるように考える。 

授業内容

「イノベーショナルな新製品・新事業開発法」
中小企業が、成長してゆくためには、差別化されたユニークな新商品の開発、独自の販売方法を構築するとともに海外に目を向けグロバル化を推進しなければならい。そのために、独自に開発した、イノベーショナルな新商品の開発方法のノウハウを修得する。

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社の新商品の概要、これから考えている新商品の構想
復習:新商品コンセプトの大切さを認識したうえで、自社の新商品コンセプトの見直しを行ってみる

授業内容

「差別化された経営計画の策定」
経営計画のなかでも、新商品の事業計画を作成するうえで一番重要なのは「新商品コンセプト」である。新事業コンセプトの作成の方法を独自のノウハウを活用しワークショップ形式で習得してもらう。

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:経営戦略の形成で学習した経営戦略構築の考え方・方法についての復習しておく。
復習:立案した経営戦略を戦術レベルまで検討しておく。

授業内容

経営戦略の策定①
事例に基づき経営戦略を策定する演習。

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:経営戦略の形成で学習した経営戦略構築の考え方・方法についての復習しておく。
復習:立案した経営戦略に基づく経営計画立案の条件整理

授業内容

経営戦略の策定②
事例に基づき策定した経営戦略を戦術レベルまで落とし込む。

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:立案した経営戦略に基づく経営計画立案の条件整理
復習:立案した経営計画の妥当性の確認

授業内容

経営計画の策定①
経営戦略に基づく経営計画を立案する。

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:経営計画立案のための条件設定に係る既存データの活用について情報源を整理する。
復習:経営計画策定上の龍院展の確認

授業内容

経営計画の策定②
経営戦略と経営計画の整合性確認と修正、共有化、も策定上の問題点整理

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:国勢調査や経済センサス調査について調べておく。
復習:経済センサスと工業統計を利用した製造業の事業所数の推移や出荷額等の推移について整理しておく。

授業内容

統計情報の活用方法
公的統計上の仕組みと読み方

16 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:RESASのサイトを開いて、構成を確認しておく。
復習:RESASを用いて、自分が住んでいる市区町村の特徴を理解する。

授業内容

RESASの見方と活用方法

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

授業方法

講義とグループでの検討・作業を交えて行う。

テキスト

教材のプリントを配布する。

参考図書

授業の中で適時指示する。

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

授業参画度

60 %

授業中の積極的な発言とその内容、演習の際の的確な指摘や考え方の整理・発想など

課題レポートの内容と発表する場合はそのプレゼンテーション力等

40 %

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

経営戦略を策定後、それを基に具体的な計画を策定する必要がある。その場合、数字で将来予測をする必要があるので、その方法についても修得してもらいたい。更に、経営を取り巻く環境変化の激しさを踏まえると、そこにイノベーションの視点を組み込む必要がある。イノベーションについても基本の修得だけでなく、実際の経営戦略の中に活かすようになってほしい。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

客員教員

実際の経営者や担当者をゲストスピーカーとして招聘

授業公開+学校説明会

参加できない方のためにぜひ授業を体感して頂きたく「授業公開 + 学校説明会」を開催いたします。

日本工大MOTとは

本大学院の5つの特徴や設立趣旨・目的などを掲載