総合経営戦略と企業連携実践 PDF

Comprehensive management strategy and corporate collaboration practice

中小企業診断コース関連科目

単位数

2単位

開講学期

秋学期

開講曜日・時限

授業スケジュール参照

位置づけ

スキル関連分野 応用段階

科目紹介

科目の重要性・必要性

中小企業経営者は自社の課題に気づいていてもその実施方策が見つけられていなかったり、課題そのものに気づいていなかったりしている。課題とその解決策を経営者や経営幹部とともに検討できるようになる事は中小企業診断士の第一歩である。

また、中小企業は経営資源の不足を他の企業や機関と連携することで事業を推進することが大企業以上に必要になっており、連携方策について知見を獲得しておくことは重要である。

科目の目的

診断先から経営課題を提示されなくとも、あるいは提示されてもそれが重要な経営課題であるかを見抜き、経営課題解決のための検討プロセス提示と助言ができるようになる事。

その中で、多様な企業間連携方策についても企業支援に活用できるようになる事。

到達目標

  1. 診断先企業を取り巻く環境把握に必要な情報源情報を把握していること。
  2. 診断先企業を取り巻く内部環境・外部環境を的確にとらえ表現できるようになること。
  3. 経営課題解決のプロセスを提示できるようになること。
  4. 経営課題解決の方法について提案できるようになること。
  5. 経営課題解決の一つとして、企業間連携の在り方について修得すること。

受講してもらいたい院生

中堅・中小企業経営などの経営コンサルタントを目指す院生で、経営診断の基本的な考え方をマスターされている方

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:「経営戦略の形成」科目の「Ⅰ.経営戦略策定の基本的な手順」及び他の科目での関連事項を再確認する。ケースを事前に読み込んでおく。
復習:ケースの概要について商流分析の観点から確認してくる。

授業内容

講義:ケーススタディーの進め方、商流分析、経営デザインシートの説明
演習:ケースの概要把握(収集した情報の整理)

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:商流分析の観点からケースの概要を把握しておく。
復習:作成した商流分析図の見直しをする。

授業内容

演習:商流分析図の作成(個人ワーク)と発表

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:BSCの4つの視点の内容について事前にテキストで確認しておく。
復習:演習で行ったSWOT分析について、その手順と考え方を確認しておく。

授業内容

演習:SWOT分析(BSCの4つの視点で整理、グループワーク)

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:SWOT分析結果等を踏まえた戦略マップの作成方法についてテキストで確認しておく。
復習:演習で行った戦略マップの作成方法と留意点について、再度確認しておく。

授業内容

演習:ケース企業の現状の戦略マップ作成(グループワーク)

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:SWOT分析結果から経営デザインシートに記載すべき情報を事前に検討しておく。
復習:経営デザインシートの活用資源、ビジネスモデル、提供価値の内容と関係を再確認しておく。

授業内容

演習:社長の思いを経営デザインシートに纏める。(グループワーク)

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:現状の戦略マップと経営デザインシートをパワポの発表原稿に纏めておく。
復習:演習で行った現状の戦略マップと経営デザインシート作成の意義と考え方・手順についてポイントを整理しておく。

授業内容

演習:作成した現状の戦略マップと経営デザインシートの発表(グループ単位)

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:作成した現状の戦略マップと経営デザインシートからケース企業の重要経営課題と解決策を事前に検討しておく。
復習:重要経営課題選定の考え方について、再度確認しておく。

授業内容

演習:ケース企業の重要経営課題と解決策の抽出・整理と選定(グループワーク)

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:選定した重要経営課題と解決策の戦略マップ上の関係を事前に検討しておく。
復習:演習で行った社長の思いを実現する戦略マップの作成の意義と考え方・手順について、ポイントを整理しておく。

授業内容

演習:社長の思いを実現する戦略マップの作成(グループワーク)

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:戦略提案総括表の作成手順とそのポイントをテキストで確認しておく。
復習:戦略提案総括表からケース企業が取り組むべき機能戦略を事前に検討する。

授業内容

演習:戦略提案総括表の作成(グループワーク)

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:「経営戦略の形成」科目の「機能戦略の考え方」を確認しておく。
復習:演習で策定した機能戦略について、より深く検討を重ねてみる。

授業内容

演習:機能戦略の策定(機能戦略実現に資する公的支援制度等の活用を含む)

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:戦略提案総括表と策定した機能戦略をパワポ原稿に纏めておく。
復習:グループでまとめた戦略提案、機能戦略が本当に社長の思いを実現する提案となったのかを振り返ってみる。

授業内容

演習:戦略提案総括表と策定した機能戦略の発表(グループ単位)

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:前回までの演習を通じて気になった点などを整理しておく。
復習:中小企業の診断実習においての考え方、手順、進めていく上での留意点などを確認する。

授業内容

講義:演習を通じて学んだことの振り返り(実習に向けての留意点、ポイントなど)

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:昨今の企業連携事例をいくつか調査しておく

授業内容

【企業連携】
連携の意義、連携形態について解説し、個人ワークを行い、個人発表とグループ討議を行う。

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

復習:連携方法毎にメリット・デメリットを整理してみる。

授業内容

【企業連携】
連携戦略のポイント・留意点について解説し、個人ワークを行い、個人発表とグループ討議を行う。

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:企業間連携で何ができるかについて整理してくる。

授業内容

【企業連携】
企業連携による新事業創出・生産性向上について解説し、個人ワークを行い、個人発表とグループ討議を行う。

16 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

復習:企業間連携を支援するために必要な情報源について調べて整理する。

授業内容

【企業連携】
企業の課題解決と連携による支援について解説し、個人ワークを行い、個人発表とグループ討議を行う。
演習のまとめ・振返り

授業方法

【診断】
本科目では、これまでに学習したことを活用して事例についての分析や必要な図表等を作成するグループワークが中心になる。
【企業連携】
本科目では、連携事例の分析と自ら(自社)の応用検討。その個人ワークとグループワークが中心になる。

テキスト

【診断】
講義の初めにテキスト、資料等を配布する。
【企業連携】
講義の初めにテキスト、資料等を配布する。

参考図書

【診断】
必要に応じて適宜授業の中で紹介する。
【企業連携】
必要に応じて適宜授業の中で紹介する。

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

【総合】15【企業連携】5 グループ討論での参画度、適切な指摘・発言などを評価

20 %

グループ討論での参画度、適切な指摘・発言などを評価

【総合】15【企業連携】5 グループ発表の内容を評価

20 %

グループ発表の内容を評価

【総合】45【企業連携】15  レポートの評価

60 %

レポート評価基準(1)授業内容理解度、(2)考察力、(3)実践応用力、(4)論述力、(5)作成努力

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

【診断】
事例は細部まで作り込まれており、本事例に取り組むことでこれから取り組む診断実習のよいトレーニングになる。夏学期までに学習した内容をよく確認して本科目を受講してほしい。
【企業連携】
大手企業が連携を強化している昨今、大手企業と比較して経営資源が脆弱な中小企業が、自前中心主義では到底時代に即応できない。連携事例に取り組むことで、効果的な連携を生み出す企画・コンサル能力を磨く。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

活躍する修了生

修了生の声を参考に、これから入学を検討されている方も、既に入学されている方も、本MOTにおける目標設定や人生の目標設定などに役立てて下さい。

日本工大MOTとは

本大学院の5つの特徴や設立趣旨・目的などを掲載

修了生の声

各選択コースの修了生に回答してもらっています。皆さん自身の気持ちも意識しながら、是非ご覧ください。