デジタル変革のためのITの企画と推進 PDF

Planning and promotion of IT for digital transformation

単位数

2単位

開講学期

秋学期

開講曜日・時限

水曜日 1・2時限目(隔週)

位置づけ

情報化分野 応用段階

科目紹介

科目の重要性・必要性

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代といわれて久しいですが、現代のITシステムはIOTやAI、ビックデータ、クラウドの活用で「どのようにビジネスの付加価値をあげていくのか」がより重要となってきています。データとテクノロジーを活用して、新たなビジネス価値を生み出すDX時代に向けて、ITシステムを創るための要求定義、プロジェクトの立ち上げ方、システム開発の進め方をテーマに授業を進めて参ります。ビジネスと密接な関係を持つITシステムの企画は、問題を掘り下げ課題を明らかにし、解決するためにどのようなシステムを構築したらよいか構想するところから始まります。課題の分析とプロジェクトの立ち上げ、システム開発を進めていく実務について、体験できるように実務的なワークや発表を取り入れながら授業を構成しています。投資を必要とするITシステムの構築は、経営に大きなインパクトを与える事項です。この講座を通して、形がないITシステム全般についての理解を深め、発注者(ユーザ)も受注者(ITエンジニア、IT関係者)もそれぞれの実務に役立てて頂き、DX時代のビジネス価値の向上に活かして頂ければ幸いです。

科目の目的

本科目の目的は、プロジェクトマネジメントの実践的な体系であるP2M(Project & Program Management)を用いて、ITシステムの企画、計画、構築を行い、プロジェクトを成功に導いていく方法論を身に着けることを目的にしています。具体的には以下の4つの目標があります。

  1. 近年のITシステムの流れ、経営にITシステムをどのように活かすか概要を理解する
  2. ビジネスの課題の洗い出しから、ゴールを定め、役立つITシステムのイメージを発注者側に伝える要求定義ができる
  3. 顧客の要求定義から、受注者側が役立つシステムを提案するプロセスを理解し、提案ができる
  4. 契約、受注のプロセスとプロジェクトの開発計画と進捗など顧客と開発側の情報共有について理解しプロジェクトが実施できる知識を得る

到達目標

本科目を履修して学ぶ目標は、以下の4項目です。 1. 近年のITシステムを学び、経営にITシステムをどのように活かすか概要を理解する 2. ビジネス課題を洗い出し、ゴールを定め、役立つITシステムのイメージを発注者側に伝える要求定義ができる 3. 顧客の要求定義から、受注者側が役立つシステムを提案するプロセスを学び、提案書が作成できる 4. 契約、受注のプロセスとプロジェクトの開発計画の立て方を学び、プロジェクト管理の具体的なポイントを理解する。 上記の4項目を全て理解し、流れに沿って作成できるようになることは時間的にも難しいため、一通りの流れを理解した後で、発注側、受注側それぞれの立場で作成する成果物について作成できるようになることを到達目標としています。

受講してもらいたい院生

発注側としてITのプロジェクトを企画し、ビジネスに役立つシステムの要求をまとめRFPを作成したい方。受注側として発注者の抱えている問題から課題を明らかにし、提案書を作成したり提案したい方。ビジネスに必要なITシステムの開発プロジェクトを立上げたい方、新たにITシステムを用いたビジネスを立ち上げたい方など。 ビジネスを企画する上でITシステムは重要だと考えている方、ITシステムの開発に関わっておりその上流を目指す方など発注側、受注側共に参加できるように配慮しています。

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

本講座に期待していることやITシステムに対してのイメージについて考えておいてください

授業内容

講義の進め方と注意/ITシステムと事業価値について全体の講義テーマについて話す

ITプロジェクトはなぜ失敗するか・共通フレーム2013の概要

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

講義内容を復習。

授業内容

IOTとAIが拓く未来。DX(Digital Transformation)とは、デジタルテクノロジーの進化に伴い、私たちの日々の生活にも大きな変化が生まれている。AIやIOTといったテクノロジーが提供するサイバー空間とリアル空間の関係を踏まえて、現代から未来のシステムについて考察する

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

1回2回の講義内容を復習、SWOTなどの復習

授業内容

DX(デジタルトランスフォーメーション)時代のITシステム(仮)
ゲストスピーカーとして 中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール) 
山本 秀男 教授をお招きして、AI、IOT時代に現実のITシステムを組み込んだ、ビジネスモデルの作り方をビジネスモデルキャンパスを用いて解説して頂きます

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

3回までの講義の内容について復習

授業内容

ビジネス企画とITプロジェクトをつなぐ
ビジネスプラン=事業企画の立て方についてその概要をビジネスモデルキャンパスを用いて演習する。架空の企業、自社のビジネスをモデルにビジネスモデルキャンパスを作成するワークを行う。
企画書を作成する際に必要な主要な要素・ビジネス要件とその内容に基づいてITプロジェクトが立ち上がることを理解する。

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

自社・自組織などの企業の課題、お困りごとを考えてくる

授業内容

課題の抽出
P2Mのスキームモデルで用いるプロファイリングやシステムズアプローチなど問題を洗い出し、その中から課題を抽出していく方法について学ぶ。現状のシステムの問題点を洗い出すためにどのような手順で課題を洗い出し、施策を導き出すか、架空の企業をモデルに学習する。身近な課題の洗い出しとまとめ方を学ぶ

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

自社の企業の課題をみつけ、掘り下げ、その真因をみつける。課題のツリーを作成する。第7回で発表する準備

授業内容

課題の抽出とシステムによる対応
ITシステムの様々な開発の種類や携わるエンジニアについて学ぶ
クラウドやパッケージをベースに開発する場合の留意事項について学ぶ

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

例題から課題を掘り下げ、対策をまとめ、プレゼンテーションを作成する。
6回で提示した課題について7回で各自が発表する

授業内容

第6回で提示した課題の抽出とシステムの対応についての課題を発表する
各自が作成したプレゼンテーションを発表する。それぞれの発表についての質問、課題の掘り下げ、まとめ方、具体的な対策などについて質疑応答しながら深めていく

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

講義内容を復習。

授業内容

システム開発の概要
発注者側の要求定義から、受注者側の要件定義の進め方について学ぶ。要求定義で使われる業務フローを実際に書いてみる。

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

講義内容を復習

授業内容

システムの進め方、プロジェクト管理と品質の考え方
プロジェクト計画の立て方、プロジェクト管理と品質の考え方
ITシステムの品質について、品質がどのようにビジネスに影響するか理解を深める

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

要求定義(RFP)のもとになる現場のお困り事や課題を見つけてくる

授業内容

要求定義作成の実務
開発の進め方と発注者側と受注者側のコストや期間に対しての考え方の相違点とコミュニケーションについて学ぶ。要求定義書の作り方について学ぶ

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

前回の講義の復習

授業内容

提案依頼書(RFP)作成の実務
ビジネスモデルキャンパスや課題対策シートから、提案依頼書(RFP)を作成する流れについて実際に作成するワークを通して実習する

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

提案依頼書の作り方など前回までの講義内容を復習。

授業内容

提案書作成の実務、提案のポイント
受注者側が提案依頼書(RFP)を受け取った後、どのようにして提案書を作成していくのか、RFPの読み込み、質問の仕方、書くべき内容など提案書の作り方について学ぶ
 

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

講義内容を復習。提案書の作り方を復習しておく

授業内容

講義で取り上げたシステムのRFPや提案書を作成してみる 自分でみつけた問題を掘り下げ、どのようなシステムが必要かRFPにまとめでみる 講義で取り上げたRFPに対して、顧客への提案書を作成する

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

発表のためのRFPや提案書を作成してくる

授業内容

RFPもしくは、作成した提案書の発表

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

講義の復習・発表内容についての修正など

授業内容

プロジェクト計画書・プロジェクト管理について

プロジェクト計画書の作り方とプロジェクト管理について学びます
まとめとして、全体を通してのふりかえりを行います

課題有無

課題フィードバック方法

全体へのフィードバック

授業方法

パワーポイント資料による授業を主体とし、演習を通して実践力が自然に身につくように構成を工夫している。講義の内容にあった外部講師による授業を途中1回予定している。

テキスト

講師作成のパワーポイント資料を毎回配布する。

参考図書

  • 「イノベーションを確実に遂行する 実践プログラムマネジメント」日刊工業新聞社
    吉田 邦夫 (著),    山本 秀男 (著) 
    ISBN-13: 978-4526072277
  • 「SECBOOKS 共通フレーム2013 」
    独立行政法人情報処理推進機構 (著, 編集) 
    ISBN-13: 978-4905318194
  • 「プロジェクト・バランス・スコアカード」生産性出版
    小原 重信, 浅田 孝幸, 鈴木 研一(編)
    ISBN-13: 978-4820117810

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

中間レポート1回

30 %

ビジネスの問題の洗い出しから課題のまとめ、施策の立案方法について、架空の会社を例にした課題を通してまとめさせることで、講義内容を理解し、実践できることを評価する

最終レポート1回

30 %

ITシステムの企画から設計、開発、運用、保守までの流れについて、講義を通して理解し、ITシステムの発注時に作成するRFP(提案依頼書)の作成が出来作成できること。受注者側であれば、RFPを受けて提案書を作成できること。講義を通して理解していることを評価する。具体的に自社の問題を掘り下げた提案はポイントが高い。

授業内での演習の発表、授業での発言

40 %

15回の講義を通して積極的に発言し、参加していたか。以下の項目を評価ポイントとする ・DX時代に向けてビジネスとITシステムとの関係性についての理解 ・ITシステムの企画から設計、開発、運用、保守までの流れについての理解 ・問題の洗い出しから課題のまとめ、施策の立案方法についての理解 ・ITシステムの発注時に作成するRFP(提案依頼書)の作成方法と評価・契約の実務についての理解 ・RFPを受けて受注者側が提案書をどのように作成していくのかについての理解 ITシステムをどのように企画し、ビジネスの価値を向上させていくかがこの講義のテーマであるので、そのテーマについてそれぞれの立場で、積極的な意見交換を行って頂きたい。授業への参加姿勢を評価する。

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

システム開発に関係した職業の方と関係のない職業の方が講義で理解を深めることが出来るのが、この科目の面白い所ですので、ぜひ、いろいろな立場でご参加頂き、授業を活性化して頂ければと思います。
AI・IOT時代、DX(デジタルトランスフォーメーション)に対応したビジネスを考え、企画し、システムを創っていく現場を体感しながら、学びを深めていただければ幸いです

CONTENTS

おすすめコンテンツ

オープンキャンパス

日本工大MOTは、どのような学びの場なのかを直接確認できる場として開催

3分でわかる経営革新事例

日本工大MOTの修了生が、どのように自分の会社・組織を改革・革新している事例を3分間のビデオにして、生の声を皆さんと共有しています。

専攻案内

本大学院では、キャリアアップを目指すビジネスマンが「技術経営(MOT)」を学んでいます。どのコースにするか悩んだら専攻ナビをやってみよう!