ビジネスモデルとビジネスプラン PDF

Business Model and Business Plan

単位数

2単位

開講学期

秋学期

開講曜日・時限

金曜日 1・2時限目(隔週)

位置づけ

企業・事業戦略 応用段階

区分

事業創造コース コース基本科目

科目紹介

科目の重要性・必要性

本講義は、具体化されたアイデアとコンセプトから、新規または既存事業における製品・市場展開の創造として、ビジネスモデルおよびビジネスプランの策定を学ぶものである。具体的には、フレームワークをとおしてビジネスモデルを明示化すること、全体戦略を数値化された計画に落とし込むビジネスプランの策定すること、この二事項が重要である。さらに、ビジネスモデルとビジネスプランを「ビジネスモデルキャンバス」として可視化させ、ビジネス全体のモデルとプランを統合、立体化する。また、これら一連を修得した上で、講義で身に付けた知見を自社実務にフィードバックし、受講者がビジネスモデルとビジネスプランを創造することも必要となる。本講義では主に新規製品・事業を中心として講義を進めるが、既存製品・事業においても、ビジネスモデルとビジネスプランの基礎は本講義同様の手法である。なお、本課程は、はじめに「ネットワーク型新事業創造」、次に「新商品・事業開発法」(大まかな領域設定からのアプローチ)が配置されており、本講義は三番目の「ビジネスモデルとビジネスプラン」(具体的な領域設定からのアプローチ)という位置づけにある。これら科目を順序に受講することが、事業創造の修得には効果的である。

科目の目的

本講義は、アイデア創出、コンセプト企画、ビジネスモデル形態、全社戦略、製品・サービス、市場ニーズ充足と競合差別化、技術・事業課題解決、資源確保、収支計画と資金計画、リスク解消、見積損益計算書、ビジネスモデルキャンバス、等の視点からビジネスモデルおよびビジネスプラン策定のプロセスを学ぶことを目的とする。また、座学で修得した基礎は、受講生諸氏の自社ビジネスの創造に応用される。すなわち、ビジネスモデルとビジネスプランにおける基礎力の充実、基礎から応用への実践、この二点が本講義の最終的な目的である。

到達目標

ビジネスモデルとビジネスプランにおける、一連の論理的展開および思考法を身に付け、基礎力となるフレームワークの修得と、実務への応用実践を到達目標とする。

受講してもらいたい院生

ビジネスモデルとビジネスプランに興味がある、もしくは、苦心している院生であって、当該講座の基礎理解と実務応用の修得、自社事業の創造と発展を目指したいと考える方に最適である。なお、「ネットワーク型新事業創造」、「新商品・事業開発法」を既に履修していることが望ましい。

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:ビジネスモデルとビジネスプランについての疑問、学びたい点、身に着けたい能力、等を自分自身の経験を踏まえ、メモに作成して講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「なぜビジネスモデルとビジネスプランが必要か(A)」

PPM、アンゾフ成長マトリックス、AKモデル等からの視点、講師の経験事例を踏まえ、ビジネスの流転と創造の必然性を理解し、本講義の全体像をイメージする。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:ビジネスモデルとビジネスプランについての疑問、学びたい点、身に着けたい能力、等を自分自身の経験を踏まえ、メモに作成して講義に臨むこと。また、自己紹介を行うため、その準備のメモも作成すること。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「なぜビジネスモデルとビジネスプランが必要か(B)」

前回の講義内容を踏まえ、受講生の自己紹介、本講義で学びたいこと、ビジネスモデルとビジネスプランに関する実務上の疑問や悩み、等を各自発表する。また、本講義で行うプレゼンテーションのチーム分けを実施する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等のビジネスにおいて、アイデア創出がどのような考え方で行われているか、メモを作成し、講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「アイデア」

アイデア創出のための考え方を学ぶ。また、チームごとに本講義用の新ビジネスについて、アイデアを出し合い、発表する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等のビジネスにおいて、コンセプト策定がどのように行われているか、メモを作成し、講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「コンセプト」

アイデア創出からビジネスのコンセプトを策定するための考え方とヒントを学ぶ。また、チームごとに本講義用の新ビジネスについて、コンセプトを取り決め、発表する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等における、新たな製品・サービスは、どのようなフレームワークをもちいて選定されているか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「製品・サービス」

アイデア創出からビジネスコンセプトを経て、新たに取り扱う予定の製品・サービスを選定するため、マーケティング、競合差別化、技術・事業課題解決等のフレームワーク等を学ぶ。また、チームごとに、本講義用で取り扱うことを決めた製品・サービスについて、ポジショニングアプローチと資源アプローチのフレームワークから、ビジネス成立の可能性を分析、発表する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等のビジネスモデルは、どのような形態か、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「ビジネスモデル」

製品・サービスを取り決めた後、最適と考えられる商流などの形態、すなわちビジネスモデルを選定するため、B to BやB to Cなどの商流形態、パートナー企業の有無など、ビジネスモデルの基礎を学ぶ。また、チームごとに、本講義用で取り扱うビジネスモデルの概要を取り決め、発表する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等で、全社戦略策定のためSWOTが活用された事例はあるか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「SWOT分析」

ビジネスモデルを取り決めた後、「全社戦略」を策定するため、最初のステップとしてSWOT分析を行う。単なるSWOT分析ではなく、RBV(リソースベースドビュー)などの資源アプローチ、ファイブフォース分析などポジショニングアプローチ等、主要なフレームワークから得られた検証結果を根拠として分析するものとする。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等の全社戦略は、どのようなプロセスで策定されているか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「全社戦略」

前回、資源アプローチとポジショニングアプローチ等のフレームワークを活用したSWOT分析を行った。今回は、SWOTから得られた内部環境と外部環境の項目を使用し、それらの掛け算として「クロスSWOT分析」を行う。クロスSWOTから得られた全社戦略を、チームごとに発表する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等において、ビジネスプランの策定プロセスはどのようになされているか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「ビジネスプラン(A)」

全社戦略をビジネスプランに展開するため、チームごとに、5年分にわたる見積損益計算書を、指定されたフレームワークをもちいて作成する。また、投資などの資金計画も明らかにする。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等のビジネスプラン策定において、どのようなフレームワーク(特に見積損益計算書)がもちいられているか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「ビジネスプラン(B)」

前回に続き、経営戦略をビジネスプランに展開するため、チームごとに、5年分にわたる見積損益計算書を、指定されたフレームワークをもちいて作成する。また、投資などの資金計画も明らかにする。これらの内容を、チームごとに発表する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等において、ビジネスモデルキャンバスを活用した事例があるか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「ビジネスモデルキャンバス(A)」

本講義において、ここまで策定したビジネスモデルとビジネスプランを統合、可視化するものとして「ビジネスモデルキャンバス」を策定する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等において、ビジネスモデルキャンバスを活用、対外的に公開している事例があるか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「ビジネスモデルキャンバス(B)」

前回に続き、本講義で策定したビジネスモデルとビジネスプランを統合、可視化するものとして「ビジネスモデルキャンバス」を策定する。その上で、チームごとに策定したビジネスモデルキャンバスを発表する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:これまでの講義内容を見直し、ゲストスピーカーの講演内容を鑑み、質疑に関するメモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「ビジネスモデルとビジネスプラン策定の具体的事例(仮題)」

ビジネスモデルおよびビジネスプランについてのエキスパートをお招きし、そのプロセスと策定についての知見を紹介いただく。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:ここまでの講義を通じての各自質問事項をまとめる。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加する。

授業内容

「プレゼンテーション」

ここまでの講義全体を振返り、チームごとに、重要なポイントのおさらいとして、プレゼンテーションを行う。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:期末試験に向けて準備を行う。

授業内容

期末試験を実施する。

授業方法

講義をとおして、質疑、グループディスカッションを行い、ビジネスモデルおよびビジネスプランについての理解を深化させ、さらにゲストスピーカーの講演を組み込む。

テキスト

毎回、講義資料を配布する。

参考図書

『ビジネス・ヒントの経営学』石井宏宗著(創成社)

 ISBN978-4-7944-2587-4 C3034

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

講義内で毎回実施する「例題」を毎時終了時に提出

40 %

授業受講姿勢

40 %

授業中での建設的質疑、グループワークでのリーダーシップの発揮、率先したグループワーク結果の発表等を考慮する。

期末試験成績

20 %

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

本講義では、ビジネスモデルとビジネスプランの策定プロセスを、ワークショップをとおして習得することが出来る。さらに、ビジネスモデルとビジネスプランを「ビジネスモデルキャンバス」として可視化し、ビジネスモデルとビジネスプランニングの統合、立体化の手法も学ぶ。一連の座学を修得した上で、これら知見を自社実務にフィードバックし、受講者が新たなビジネスを創造することを最終的な目的とする。また、講師は20年以上にわたり、8社の起業と幾多の事業創造を行ってきた経験を持つ。これらの点(特に失敗事例)も踏まえ、受講生へ貢献できる講義としたい。受講生のターゲットは、ビジネスモデルとビジネスプランに関しての初心者を想定しているが、経験者でも歓迎である。また、特別なスキルは不問とする。本講義をとおして、参加者全員と共に、ビジネスモデルとビジネスプランの策定ついて、考えを深めていきたい。

その他

期末試験を実施する。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

専攻案内

本大学院では、キャリアアップを目指すビジネスマンが「技術経営(MOT)」を学んでいます。どのコースにするか悩んだら専攻ナビをやってみよう!

オープンキャンパス

日本工大MOTは、どのような学びの場なのかを直接確認できる場として開催

イベント&レポート

来て、観て、触れて、感じて下さい。日本工大MOTに興味がある方を対象として、様々なイベントを開催しています。