ファミリービジネスと事業承継 PDF

Family Business and Business Succession

担当教員

単位数

2単位

開講学期

夏学期

開講曜日・時限

月曜日 1・2時限目

位置づけ

中小企業マネジメント 発展/ケーススタディ

区分

総合・実践科目

科目紹介

科目の重要性・必要性

日本の全企業のうち約97%、雇用の70%以上をファミリービジネスが占めるといわれている。そのような状況においてファミリービジネスにおける経営の強みや課題は十分に理解されていない。日本の経済構造を支えていくには、ファミリービジネス経営の強みと課題を理解しながら、持続性を高め承継することが極めて重要である。本科目では、ファミリービジネスにおける経営を理解するとともに、親族内、従業員、第三者に分け、次世代に円滑に引き継ぐ事業承継について学ぶ。

科目の目的

本科目はファミリービジネスの特徴をとらえると共に、事業承継を体系的に理解し、今後の業務に応用できる知識を習得することを目的としている。

到達目標

ファミリービジネスにおける経営を理解するとともに、親族内、親族外、会社外に分け、事業承継についても体系的に理解し、自らの行動・アドバイスに活用できるようにすることを到達点とする。

受講してもらいたい院生

  • ファミリービジネスに在職する院生(経営者、後継者、ファミリー、ノンファミリー経営幹部など)
  • 中小企業診断士・コンサルタントなどファミリービジネスへのサポート・アドバイスに関する業務に関心を持っている院生
  • ファミリービジネスと取引を行っている院生

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(予習)ファミリービジネスの特徴を想定すること。

(復習)ファミリービジネスの特徴を整理すること。

授業内容

ファミリービジネス概論①
ファミリービジネスとは

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(復習)第1回講義資料を確認・復習すること。

授業内容

ファミリービジネス概論②
ファミリービジネス分析・フレームワークを活用した課題発見

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(予習)イノベーションが起こる要素を想定してくること。
(復習)ファミリービジネスとイノベーションの関係性を整理すること。

授業内容

ファミリービジネス概論③
ファミリービジネスとイノベーション

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(復習)ゲストスピーカーの話を踏まえ、自らへの学びを整理すること。

授業内容

中小企業におけるファミリービジネス

ゲストスピーカーとして招き、リアルストーリーからファミリービジネスの特徴を探る

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(予習)我が国の事業承継の現状を理解してくること。

(復習)我が国の事業承継の現状を整理すること。

授業内容

事業承継概論

我が国の事業承継の現状について

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(予習)親族内承継の特徴を想定してくること。

(復習)親族内承継の特徴を整理する。

授業内容

事業承継:親族内承継

親族内承継の特徴と問題について

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(予習)事業承継における支援制度を確認すること。

(復習)事業承継における支援制度を整理すること。

授業内容

親族内、従業員承継における税制制度 

ゲストスピーカーとして招き、リアルストーリーから事業承継の税制制度の特徴を探る

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(復習)事業承継における支援制度を整理すること 。

授業内容

親族内、従業員承継における税制制度(ケーススタディ)

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(予習)従業員承継の特徴を想定してくること。

(復習)従業員承継の特徴を整理すること。

授業内容

事業承継:従業員承継

従業員承継の特徴と問題について

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(予習)事業承継における事業性評価の取組を想定してくること。

(復習)事業承継における事業性評価の取組を整理すること。

授業内容

事業承継における事業性評価

企業の知的財産経営

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(予習)財務分析の基礎知識を整理してくること。

(復習)事業承継における財務諸表の磨き上げについて整理すること。

授業内容

事業承継における財務諸表の磨き上げ

円滑に引き継ぐ準備

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(予習)第三者承継の特徴を想定してくること。

(復習)第三者承継の特徴を整理すること。

授業内容

事業承継:第三者承継

第三者承継の動向

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(予習)中小企業におけるM&Aの動向を想定してくること。

(復習)中小企業におけるM&Aの動向を整理すること。

授業内容

事業承継:第三者承継 M&A

ゲストスピーカーとして招き、リアルストーリーから中小企業におけるM&Aの特徴を探る                                      

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(復習)中小企業におけるM&Aの問題を整理する。

授業内容

事業承継:第三者承継 M&A(ケーススタディ)

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

(予習)授業で取り上げたファミリービジネスと事業承継の問題を整理しておく。

(課題)(最終レポート)15回を通じて学んだこと、自分の業務・経営に何を活かしていくかをレポートにまとめる。(A4×2枚程度)(個別フィードバック)

授業内容

総括

ファミリービジネスと事業承継における整理

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

授業方法

講義、グループディスカッション、ゲストスピーカーの講演を通じての議論などを併用し、極力インタラクティブな学びの場とする。

テキスト

各回ごとにパワーポイント形式のテキストを配布
 

参考図書

適宜、紹介します。

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

授業(演習・ディスカッション)への参画姿勢

50 %

単に出席だけではなく、ディスカッションへの参加度、貢献度等を総合的に評価

中間レポート

25 %

第4回の講義後、自社に近い会社を想定し、ファミリービジネスにおける問題点と対応策をまとめる(A4×2枚程度)

最終レポート

25 %

15回を通じて学んだこと、自分の業務・経営に何を活かしていくかをレポートにまとめる (A4×2枚程度)

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

本講座は一方的に知識や情報を提供するのではなく、実際のファミリービジネスや事業承継の問題を用いて、多くのケーススタディを提供していく。講義では院生同士がケーススタディに対して、ディスカッションを図り、主体的で積極的に参加できる授業を展開する。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

専攻案内

本大学院では、キャリアアップを目指すビジネスマンが「技術経営(MOT)」を学んでいます。どのコースにするか悩んだら専攻ナビをやってみよう!

イベント&レポート

来て、観て、触れて、感じて下さい。日本工大MOTに興味がある方を対象として、様々なイベントを開催しています。

中小企業経営コース