新商品・事業開発法 PDF

New Product and Business Development

単位数

2単位

開講学期

夏学期

開講曜日・時限

木曜日 1・2時限目

位置づけ

MOTの概念的理解 事業創造 応用段階

区分

事業創造コース コース基本科目

科目紹介

科目の重要性・必要性

本講義では、大まかな領域設定から、ゼロベースのアイデア創出、ミッション、ビジョン、ステップ、組織、等をとおして、アイデアを新商品・事業として具現化するプロセスを習得する。特にゼロベースから考案する最初のアイデアが重要であり、「新たな領域設定をいかに具現化できるか」という不屈のマインドを持つことが必要となる(これは、既存事業の製品・市場展開においても同様に重要である)。くわえて、本講義では、いわゆる第二創業についても、その必然性と実例を学ぶ。講義で得た知見は、受講生の実務に応用される。なお、本課程は、はじめに「ネットワーク型新事業創造」、次に「新商品・事業開発法」(大まかな領域設定からのアプローチ)、最後に「ビジネスモデルとビジネスプラン」(具体的な領域設定からのアプローチ)が配置されており、本講義は二番目に履修が望ましい科目である。これら三科目を順序に受講することが、事業創造の修得には効果的である。

科目の目的

本講義は、アイデア創造を起点として、新事業のコンセプト化、成長ステップ、ミッション、ビジョン、組織形態、強み弱み、機会と脅威、新事業の評価、等の視点から新商品・事業開発法を学ぶことが出来る。座学で修得した基礎力は、受講生諸氏の自社ビジネスの創造に応用される。基礎と応用、この二点の修得と実践が本講義の目的である。

到達目標

新商品・事業開発における一連の論理的展開および思考法を身に付け、基礎力となるフレームワークと、実務への応用力の修得を到達目標とする。

受講してもらいたい院生

新商品・事業開発に興味がある、もしくは、苦心している院生であって、当該講座の基礎を理解し、みずからの実務へ応用し、事業の創造、発展を目指したいと考える方。なお、「ネットワーク型新事業創造」を受講していることが望ましい。

授業計画

1 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:新商品・事業開発についての疑問、学びたい点、身に着けたい能力、等を自分自身の経験も踏まえ、メモに作成して講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「なぜ新商品・事業開発が必要か(A)」

PPM、アンゾフ成長マトリックス、AKモデル等からの視点、そして講師の経験事例を踏まえ、ビジネスの流転と創造の必然性を認識し、その源泉として新商品・事業開発の存在意義を理解する。その上で、ゼロベースから考案した最初のアイデアが重要であり、「新たな領域設定をいかに具現化できるか」という不屈のマインドを持つことが必要となる。このマインドは、既存事業の製品・市場展開においても同様である。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

2 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:新商品・事業開発についての疑問、学びたい点、身に着けたい能力、等を自分自身の経験を踏まえ、メモに作成して講義に臨むこと。また、自己紹介を行うため、その準備のメモも作成すること。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「なぜ新商品・事業開発が必要か(B)」

前回講義を踏まえ、受講生の自己紹介、本講義で学びたいこと、新商品・事業開発に関する実務上の疑問や悩み、等を発表する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

3 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等において、アイデア創出がどのような考え方、ヒントで行われているか、メモを作成し、講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「アイデア創出(A)」

アイデア創出は論理的思考がヒントとなるが、論理は連続性、思考は不連続性である。その他、記号論など古典哲学からも、アイデア創出のための考え方とヒント、手がかりを学ぶ。その上で、ゼロベースから考案した最初のアイデアが重要であり、「新たな領域設定をいかに具現化できるか」という不屈のマインドを持つことが必要となる。このマインドは、既存事業の製品・市場展開においても同様である。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

4 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等などの新商品・事業開発におけるアイデアは、どのようなプロセスで形作られているか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「アイデア創出(B)」

前回の講義にもとづき、仮想での新商品・事業アイデアを出し、概略を形作る。また、どのようにアイデアを思い付いたかのプロセスをまとめる。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

5 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等などの新商品・事業開発におけるコンセプトは、どのような考え方がヒントにされているか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「コンセプト設定(A)」

アイデア創出の後、対象の記号化、すなわちコンセプト化を行う必要がある。考案したアイデアについて、コンセプト設定の考え方を学ぶ。その上で、ゼロベースから考案した最初のアイデアが重要であり、「新たな領域設定をいかに具現化できるか」という不屈のマインドを持つことが必要となる。このマインドは、既存事業の製品・市場展開においても同様である。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

6 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等の新商品・事業開発におけるコンセプトは、どのようなプロセスで設定されているか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「コンセプト設定(B)」

考案したアイデアについて、コンセプト設定の考え方をヒントにした上で、コンセプトを記号化、明示化する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

7 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等における、新商品・事業開発の強みと弱みの事前分析について、SWOTが活用されている事例はあるか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「クロスSWOT」

コンセプト設定の後、新商品・事業開発の強みと弱み等を分析し、新商品・事業開発の事業戦略を策定する必要がある。新商品・事業開発について、アイデア発想のツールとして、クロスSWOTをもちいて、強み、弱み、機会、脅威、等を分析し、事業戦略を策定する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

8 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等の事業戦略は、どのようなプロセスで策定されているか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「事業戦略策定」

前回に引き続き、考案した新商品・事業において、クロスSWOT分析から事業戦略を策定する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

9 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等において、事業評価見積はどのようなプロセスで行われているか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「事業評価見積(A)」

事業戦略を「計画」として落とし込み、見積評価をするため、5年分にわたる事業見積損益計算書を、指定されたフレームワークをもちいて作成する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

10 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等において、事業評価の見積はどのようなフレームワーク等でなされているか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「事業評価見積(B)」

前回の講義に続き、事業戦略を評価見積するため、5年分にわたる新商品・事業開発用の見積損益計算書(貢献利益法)を、指定されたフレームワークをもちいて作成し、事業評価を行う。なお、指定されたフォームの中に、投資金額、リスク等を記載する欄を設けている。これらの点はこの項目から検討する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

11 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等の、新商品・事業開発に関する組織的取り組み、特にリーダーシップの事例について、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「リーダーシップ」

考案した商品・事業開発の組織構成において、組織論とマネジメント論の基礎から、組織がいかにアイデアを実現するかを学ぶ。特に、リーダーシップの視点を重要視する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

12 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等において、「金融Jカーブ」の概念を参考にしている事例があるか、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「金融Jカーブ」

新製品・新事業における、シード期、スタートアップ期、急成長期に留意すべき項目、特に資金面で起こりうる問題、対応策などについて学ぶ。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

13 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:自社もしくは主要取引先等において、「第二創業」の事例があるか、その事例の内容はどういうものか等、メモを作成し講義に臨むこと。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「第二創業」

シード期、スタートアップ期、急成長期、安定期を越えると、再度の新商品・事業開発が必要となる時期、いわゆる「第二創業期」が訪れる。ここでは、第二創業の理論と実例を学び、その必然性を理解する。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

14 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:これまでの講義のまとめとして、プレゼンテーションを作成する。
復習:講義を終えて気づいた事、疑問点、課題、等を事前課題に付加、提出する。

授業内容

「プレゼンテーション」

ここまでの講義全体を振返り、重要なポイントのおさらいとして、プレゼンテーションを行う。

課題有無

課題フィードバック方法

個別フィードバック

15 回

予習・復習時間

4時間

予習・復習

予習:期末試験に向けての準備。

授業内容

期末試験。

授業方法

講義をとおして、質疑、ディスカッション、ワークショップ、プレゼンテーション等を行い、新商品・事業開発についての理解を深化させる。

テキスト

毎回、講義資料を配布する。

参考図書

『ビジネス・ヒントの経営学』石井宏宗著(創成社)

 ISBN978-4-7944-2587-4 C3034

成績評価

評価の視点
評価
ウェイト
備考

講義内で毎回実施する「例題」を毎時終了時に提出

40 %

授業受講姿勢

40 %

授業中での建設的質疑、リーダーシップの発揮、率先した発表等を考慮する。

期末試験成績

20 %

合計
100%

受講生へ授業科目のアピールポイント、必要な基礎となる科目の履修や知識・スキル

本講義は、大まかな領域設定からのアイデアを、新商品・事業として具現化するプロセスを習得するものである。また、本講義のプロセスをとおして、受講生が速やかに実務へフィードバックできるよう、実践性を意識した座学である。さらに、本講義では、ポスト新商品・事業開発として、第二創業についても、いくつかの実例からその必然性を学ぶ。くわえて、講師みずから20年以上にわたり新商品・事業開発、第二創業含め、8社を起業、幾多の事業開発を行ってきた経験を持つ。これらの点(特に失敗事例)も踏まえ、受講生へ貢献できる実学を中心とした講義としたい。受講生のターゲットは、新商品・事業開発に興味がある院生であれば歓迎である。また、特別なスキルは不問とする。本講義をとおして、参加者全員と共に、新商品・事業開発の在り方ついて、考えを深めていきたい。

その他

期末試験を実施する。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

オープンキャンパス

日本工大MOTは、どのような学びの場なのかを直接確認できる場として開催

中小企業経営コース

活躍する修了生

修了生の声を参考に、これから入学を検討されている方も、既に入学されている方も、本MOTにおける目標設定や人生の目標設定などに役立てて下さい。