#特定課題研究

技術経営プロジェクト研究Ⅰ・ⅡPDF

担当教員: 石井 宏宗

取組姿勢(指導の基本姿勢)

NIT MOTで修得した知見の集大成として、特定課題研究を創造し、その成果を実務に展開しようと、挑戦する院生と共に、「互学互修」を基本姿勢に指導を行う。

取組姿勢(指導の方法・進め方)

原則土曜日に、1週間に1回の「個別指導」、1か月に一度の「全体ゼミ」を開催する。

 

10月-11月中旬:テーマ選定

特定課題研究で、「何を明らかにしたいのか」、院生との個別指導のなかでテーマを形づくる。

 

11月中旬-12月末:先行研究等収集

特定課題研究のテーマを、「どのように分析検証するのか」、類似事例の先行研究や白書などのデータ等を収集し、仮説、データ、分析手法、フレームワーク、等の検証方法を検討する。

 

1月上旬-1月中旬:構成検討

特定課題研究の章立てなど、論理的に表現できる「構成」を検討する。

 

1月中旬-3月:特定課題研究作成

取組姿勢(研究の質を高めるための工夫)

ツールの活用

原則、論理的思考法として一般的に活用されている、「マインドマップ」をもちいて、特定課題研究の構成要素を、目的、手段、機能、に可視化する。

感染症対策等を鑑み、TPOをみながら、オンラインを取り入れる。

 

取組姿勢(積極的に受け入れたい院生像)

「互学互修」を基本姿勢として、知識と実践から「経営の思考回路」を修養するために、じっくりと研究に取り組む院生を歓迎したい。

取組姿勢(今までの研究指導実績の例・特徴)

・本社と海外拠点のコミュニケーションについて、先行研究と諸データから分析をおこない、効果的な手法を検証した研究。

・某海外工場のリーン生産について、先行研究と諸データから分析をおこない、あるべき姿を検証した研究。

・地方ホテルの経営を、収益管理会計のフレームワークから分析し、あるべき姿について検証した研究。

・某特定地域における地方創生の手法を、RBV(リソースベースドビュー)から分析し、具体的施策を検証した研究。

・地方中小企業の成功事例要因を、過去10年間の諸データから分析し、有効的な経営戦略を検証した研究。

・ビジネスエコシステムの成功事例を、諸データから分析し、効果的な成果要因を検証した研究。

取組姿勢(その他)

テキスト:

・石井宏宗『ビジネス・ヒントの経営学』(2021)創成社

・P.F.ドラッカー『イノベーションと企業家精神』(2015)ダイヤモンド社

研究領域

  • 経営戦略・事業戦略
  • 生産戦略・購買戦略
  • 技術戦略・研究開発戦略
  • 販売・営業・マーケティング戦略
  • プロジェクトマネジメント
  • 企業再生・M&A
  • 知的財産
  • 財務会計
  • 事業承継
  • 新事業創造・起業・創業
  • 業務改革
  • 人事・組織・リーダーシップ
  • 国際化・グローバル化
  • その他

研究対象の業種

  • 自動車・自動車部品
  • 機械・機械部品
  • 電気/電子・電気/電子部品
  • 金属・金属加工
  • 金型
  • エネルギー・環境関連
  • バイオ・医薬・メディカル機器
  • ヘルスケア・介護
  • 素材(化学、紙・パルプ、鉄・非鉄金属)
  • 消費財(食品、紙類、陶磁器、繊維・衣類、日用雑貨等)
  • 情報(ITソフトウェア・SI・インターネット関連)
  • 通信
  • 小売・卸売・物流
  • 宿泊・外食・サービス
  • 公共・公益団体
  • その他
  • 研究領域中心に業種横断的に指導

研究対象の形態

  • 個別企業(特定企業)
  • 経済団体・業界団体、業界・業界団体
  • 特定企業集団
  • その他

研究目的

  • 課題解決策、改革・改善に向けた提案
  • 現象を引き起こすメカニズムの解明
  • 将来展望・予測
  • 新たな手法の開発
  • 企業振興施策、産業政策
  • その他

備考(自己PR等)

私の人生テーマは、経営者・研究者・教育者の観点から、「経営とは何か」について探究することです。経営者としては、企業再生、企業承継、事業創造、起業などの一方で、リーマンショック、東日本大震災を経て、いまはパンデミックという経済環境に身をおいています。研究者では、38歳で学位を取得、その後も継続的な論文執筆を行い、日本経営実務研究学会などで理事を務めております。教育は35歳から15年間、いくつかの大学で教鞭を執って参りました。20有余年における、さまざまなるアングルからの経営観、それでもなお、経営とは何か、このテーマの解にたどり着くことは到底できません。ただし、数々のチャレンジと多くの失敗、そして僅かな成功から、「経営とは苦のなかでも夢と希望を投企して生きること」という仮説を抱いています。あまたの苦労のなかでも、一つの喜びが、ステイクホルダーの幸福に、微力ながらでも貢献できる、そのような経営という営みの本質を、NIT MOTにおいても、みなさんと共に学び、追い求めて参りたく思います。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

中小企業経営コース

入試情報

活躍する修了生

修了生の声を参考に、これから入学を検討されている方も、既に入学されている方も、本MOTにおける目標設定や人生の目標設定などに役立てて下さい。