MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

品質管理の基礎とTQM(総合的品質マネジメント)について

  • Basis of Quality Control and Quality Management Strategy
担当教員 髙篠 昭夫 専任・客員 専任 単位数 2単位
開講学期 秋学期 開講曜日・時限 月曜日 1・2時限
位置づけ スキル関連分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
TQM(総合的品質マネジメント)とはロジックツリー、「DST(Draw・See・Think」、PDCAなど品質管理で適用されている科学的な考え方、手法、方法論が、会社の運営・マネジメントにおいても普遍的なものが多いことから、品質マネジメントだけでなく、様々な部門にも経営管理手法として適用されています。
1.科学的な取り組みの活用、問題解決力や目的意識の向上
2.業務プロセスやマネジメント、組織体制のレベルアップ
3.製品、サービスの品質や付加価値、競争力の向上
等の企業の体質改善や経営目標の確実な達成を目指すには大変有効な経営管理手法です。
科目の目的  前半は高い品質保証力が求められる自動車の足回り系重要保安部品の事例を交えながら、設計から生産・販売までの品質マネジメントに関すること、品質管理で用いられている科学的な考え方、各種解析手法、方法論の基礎的なことを学習します。
 後半は前半で学んだ科学的な考え方、各種解析手法、方法論をベースに、経営管理手法としてのTQMについて、演習活動を通じて学習します。後半の演習については事業管理など様々な場面で経営管理手法として広く応用できる内容となっています。
到達目標 科学的な考え方、各種解析手法、方法論の基本的なことを習得し、経営管理手法としてのTQMのベースとなる基本的な知識を獲得する。TQMの基本をマスターすることで品質改革や体質改革のリーダーとして社内を牽引し、品質や事業に関する戦略、方針設定・実施管理等この分野におけるリーダーシップが発揮できるレベルをめざす。
受講してもらいたい
院生
生産、販売・管理・サービスといった職種を問わず、品質マネジメントに関心のある人、TQMに対する理解を深めたい人。品質改革や体質改革などの経営管理のリーダーとして品質や事業に関する戦略、方針設定・実施管理等に関わる人。
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 日本規格協会や日科技連等から出版されている品質管理に関する本の該当部分を一読しておく。
自社の理念、社是、ビジョン、経営方針の中での品質の取り扱い、これまでの品質活動・施策、品質管理・保証体制について調べておく
授業内容 経営と品質、品質管理の歴史 ; 品質とは、経営と品質管理、品質管理の歴史について学習する
品質保証と品質マネジメント ; 品質計画、品質管理、品質保証の一連の品質マネジメント
                 について学習する
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 参考図書の品質管理に関するQC7つ道具の該当部分を一読しておく
授業内容 品質管理のツール1 : 品質管理で用いられているデータ処理方法(QC7つ道具)の活用手法を
            学ぶ
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 参考図書の品質管理に関する新QC7つ道具の該当部分を一読しておく
授業内容 品質管理のツール2 ;   企画提案などでも応用・活用できる管理図や管理手法
             (新QC7つ道具)について学習する
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 自社の品質に関する日常管理活動、過去の不良品の流出問題、品質に関わる問題についての再発防止策、これまでの品質活動・施策などについて調べておく
授業内容 品質の日常管理 ;  全社品質活動としての小集団活動(QCサークル)やISOマネジメント
           システム、日常品質管理活動として作業標準、設備管理、製品検査等に
           ついて学習する
品質の特別管理の仕組み; 再発防止、重要品質管理項目、変化点管理、初物管理等品質管理上              の特別管理の概要と仕組みについて学習する
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 参考図書で”なぜなぜ分析””PDCA表”など該当キーワードを調べておく
授業内容 問題解決と源流改善 ;   品質管理でよく用いられる問題分析法、源流解析、源流改善に
              ついて、その手法と展開方法について学ぶ
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 品質トラブルの未然防止のための自社の品質・生産管理上の仕組み、管理手法、
授業内容 品質問題の未然防止 :   品質トラブルの未然防止のための品質・生産管理について学習する。
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 参考図書で該当キーワードを調べておく
自社の開発体制、開発の仕組みの中での品質項目の取り扱い、関わりについて調べておく
自社製品のトレーサビリティについて調べておく 
授業内容 商品開発における品質 ; 新製品の開発において、その一連の開発プロセス、開発管理、
             開発評価製造管理計画など開発フローの中での品質について学習する
企業の社会的責任   ; 社会的責任としての製造物責任法、リコールと問題の最小化のための
              管理手法、トレーサビリティについて学習する 
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 日科技連等から出版されているTQMに関する本の該当部分を一読しておく。
授業内容 TQMとは、経営管理手法として期待されるその運用効果は等のTQMの概論とそのTQM経営の考え方と進め方の基本について学習する 
9回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 日科技連等から出版されているTQMに関する本の該当部分を一読しておく
授業内容 方針設定とその管理について  ; TQMに関する基本的な項目、方針設定、方針管理、
                 方針連鎖について、良い方針の立て方、方針連鎖など、               
10回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 演習した項目の整理
授業内容 経営方針、事業計画の演習  ;  品質マネジメントに関する方針、方針管理、方針連鎖、
                 品質施策について演習活動を通じて学ぶ
11回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 演習した項目の整理
授業内容   同上
12回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 演習した項目の整理
授業内容  グループ演習発表会
13回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 演習した項目の整理
授業内容 実行計画とその管理について  ;   施策について、その実行に当たって
                    の実行計画とその管理について学ぶ
14回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 品質管理、TQMについての基礎項目を確認しておく
授業内容 品質管理、TQMについての基礎項目の振り返りテスト
15回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 品質管理、TQMについての基礎項目を確認しておく
授業内容 振り返りテストの内容・結果を用いて品質管理、TQMのまとめ
課題有無
課題フィードバック方法 解答例示のみ
授業方法 パワーポイントによる授業を主体に、演習と受講生の会社での状況等、質疑応答を交えながら問題に対する考察を深める
テキスト 授業時配布のパワーポイント
参考図書 ・日本規格協会、日科技連や能率協会等から出版されている品質管理に関する本
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
授業内容理解、最終試験 50 %
質疑応答など授業への積極的な参画姿勢、個人演習、グループ演習の活動内容と成果の評価 50 %
合計 100%  
受講生へ 予習、復習の中で受講生の会社における品質に関わる状況を調べることを求めていますが、自社において該当しない場合はその限りではありません。該当する場合は一度調べて受講すると、より理解し易くなります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.