MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

経営戦略の形成

  • The formation of the management strategy
担当教員 佐々木 勉
高島 利尚
専任・客員 専任
客員
単位数 2単位
開講学期 春学期 開講曜日・時限 金曜日 1・2時限
位置づけ 中小企業診断コース分野 基礎段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
激しく変わる経営環境に適応し持続的な経営を実現していくためには、自社の持つ経営資源をいかに有効活用するかを考え、状況に応じた的確な対応を打てるようにする経営戦略を策定することが必須です。
科目の目的 経営戦略の策定にあたり、支援対象企業の現状に即して、持続的に経営できる的確な戦略構想を立案・助言ができるスキルを修得する。
到達目標 1. 経営戦略を策定するための基礎理論を活用できるよう、体系的に修得する。
2. 経営戦略を策定するために、経営環境に関する諸情報を的確に収集・分析できるスキルを修得する。
3. 経営環境の変化に即した的確な経営戦略構想を提言できるスキルを修得する。
受講してもらいたい
院生
中小企業経営などの経営コンサルタントを目指す院生で、経営管理、経営戦略の基本的な考え方をマスターされている人
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:最近の経営環境の変化について整理する
復習:「経営戦略の形成」のアウトラインの確認
授業内容 講義:経営戦略の必要性
講義:「経営戦略の形成」アウトライン
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:今まで学んできた「経営戦略策定の基本的な手順」の整理
復習:講義で学んだ「経営戦略策定の基本的な手順」と予習で整理してきた事項との違いを確認
授業内容 講義:Ⅰ.経営戦略策定の基本的な手順
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:全社戦略とは何かについて整理してくる
復習:「社長の思い」を戦略の取り込むことの意味について考察する
授業内容 講義:1.全社戦略策定手順と考え方 (1)社長の思い(進むべき方向)の設定
演習:「期待される中小企業診断士」に向けて
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:自分が目指す「「中小企業から期待される 中小企業診断士像」を考える
復習:「中小企業から期待される 中小企業診断士像」について改めて考察する
授業内容 演習:「期待される中小企業診断士」に向けて
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「中小企業経営に係る外部環境」を整理する。
    「自分の強み(弱み)」を考える。
復習:収集した情報の整理の仕方(課題関連図作成の基本的な手順)
授業内容 講義:経営環境分析
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:自分のSWOT分析をする。
復習:自分のSWOT分析をブラッシュアップする。
授業内容 演習:各自のSWOT分析
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:外部環境情報把握の場合の留意点、SWOT分析の考え方(「強み」の把握方法など)
復習:「中小企業から期待される 中小企業診断士を目指して」 で作成した課題関連図の確認(補足情報などを追加する。)
授業内容 講義:重要課題の選定と 課題関連図の作成
演習:「中小企業から期待される 中小企業診断士を目指して」 で作成した課題関連図の充実化
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「中小企業から期待される 中小企業診断士を目指して」 にて作成した課題関連図の確認(補足情報の追加など)
復習:作成した戦略構想のブラッシュアップ
授業内容 演習:「中小企業から期待される 中小企業診断士を目指して」の戦略構想作成
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
9回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:今までの手順、「自分の戦略構想」作成を通しての気づき、確認すべき事項の洗い出し。
復習:今までの手順、「自分の戦略構想」作成を通しての気づき、確認すべき事項の再整理。
授業内容 講義:1.全社戦略策定手順と考え方 振り返り
(意見交換中心)
10回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:全社戦略と機能戦略との関係を、今までの学習を通して整理する。
復習:全社戦略と機能戦略との関係を再整理する。
授業内容 講義:2.機能戦略策定の考え方
11回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:戦略的視点の業種による違いについて考える。
復習:経営戦略策定のための分析方法について整理する。
授業内容 講義:Ⅱ.経営戦略策定のための分析
12回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「1.全社戦略策定手順と考え方」 」について、自分の戦略構想策定を踏まえて、ポイントを整理する。
復習:事例企業の「戦略構想」について、各自で再検討する。
授業内容 演習:事例企業を踏まえて「戦略構想」の策定
 (ヒアリングリストの作成)
13回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習;(前回の)事例企業を踏まえての「戦略構想」の策定 (ヒアリングリストの作成)について、ヒアリング内容を再検討してくる。
復習:事例企業を踏まえての「戦略構想」の策定 (ヒアリングリストの作成)をブラッシュアップする。
授業内容 演習:事例企業を踏まえて「戦略構想」の策定
   (ヒアリング結果の整理)
14回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「(ヒアリング結果の整理」を踏まえ、課題関連図作成におけるポイントの整理
復習:事例企業を踏まえての「戦略構想」の策定をブラッシュアップする。
授業内容 演習:事例企業を踏まえて「戦略構想」の策定
   (課題関連図の作成)
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
15回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:事例企業を踏まえての「戦略構想」の策定を整理する。
復習:課題関連図作成上の留意事項の整理
授業内容 演習:事例企業を踏まえて「戦略構想」の策定
   (戦略構想書の作成)
16回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:全体を通して、新たな気づき、確認したい事項等の整理
復習:科目「経営戦略の形成」で学んだ事項について再度読み直すとともに、自分の知っている事例についても戦略構想を考えてみる。
授業内容 講義とワークショップ:全体を通しての振り返り
授業方法 講義と演習を組み合わせて行う。
テキスト レジメを配布する。
参考図書 「中小企業支援の視点と手法」(コンテン堂(電子出版))
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
授業への参画度(質問への対応、演習での積極的参画・的確な発言、等々) 50 %
提出課題への対応
 提出課題を二回出すので、期限までにファイルで提出のこと。各回の評価を25%ずつとする。
50 %
合計 100%  
受講生へ 支援先中小企業の全社的課題を把握するとともに、その解決策を構想することはコンサルタントとして必須の能力である。業種や機能について専門性を持つことも必要であるが、全社的な課題把握と戦略構想を提示できるようになることは基本である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.