MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

マーケティング戦略(製造業)と営業マネジメント診断

  • Marketing strategy (manufacturing industry) and Business management diagnosis
担当教員 田中 敏夫 専任・客員 客員 単位数 1単位
開講学期 春学期 開講曜日・時限 火曜日 1・2時限
位置づけ マーケティング・営業マネジメント分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
製造業におけるマーケティングは販売面だけなく、製品開発や設備投資の意思決定においても重要な役割を持っており、製造業の経営改善支援の根幹となる科目である。
科目の目的 製造業の経営診断及び経営改善の実現に必要なマーケティング・営業マネジメントを習得する。
到達目標 ・製造業のマーケティング戦略策定のための的確な分析ができる。
・製造業のマーケティング戦略策定ができる。
・マーケティング戦略に即した営業マネジメントの進め方を具体的に提案できる。
受講してもらいたい
院生
中小企業診断士等、中小企業のコンサルタントを目指す全ての院生に受講してもらいたい。
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:中小製造業を取り巻く環境変化について整理してくる。
復習:事例企業特有の環境変化について確認しておく。
授業内容 ・中小製造業のマーケティング戦略策定のための分析。
(ワークショップ)
  菓子製造業の事例をもとに的確な環境分析を行う。
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:製品開発も含めての中小製造業のマーケティング戦略について、これまでに学習したことを整理してくる、
復習:事例企業の抽出課題について、さらに検討を加えてみる。
授業内容 ・中小製造業のマーケティング戦略策定のための分析。
(ワークショップ)
  菓子製造業の事例についての的確な環境分析を行い、課題の抽出の準備を行う。
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:環境変化と課題の関係について、再度確認してみる。
復習:抽出課題の中で、一般的な課題と事例企業特有の課題に分けて整理してみる。
授業内容 ・中小製造業のマーケティング戦略の策定。
(ワークショップ)
 事例をもとに中小製造業のマーケティング戦略を策定する。①
  事例企業の課題の抽出。
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:抽出した課題間の関係について考えてくる。
復習:体系化した課題を見直すことにより、課題に漏れがないかを検討する。
授業内容 ・中小製造業のマーケティング戦略の策定。
(ワークショップ)
 事例をもとに中小製造業のマーケティング戦略を策定する。①
  事例企業の抽出した課題を体系的に整理。
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:再再度、SWOT分析とクロスSWOT分析の手法について確認しておく。
復習:策定したマーケティング戦略で十分か、検討する。
授業内容 (ワークショップ)
 事例をもとに中小製造業のマーケティング戦略を策定する。②
  整理した課題とSWOT分析、クロスSWOT分析の結果をまとめてマーケティング戦略を策定する。
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:中小製造業におけるマーケティング戦略の経営戦略との関連を考えてくる。
復習:戦略の具体的な実現方策を考える。
授業内容 (ワークショップ)
 事例をもとに中小製造業のマーケティング戦略を策定する。②
  経営戦略とマーケティング戦略との関連性を理解したうえで、具体的な実現方策を考える。
  (実現方策については各個人が策定)
課題有無
課題フィードバック方法 全体へフィードバック
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:事例製造業のマーケティング戦略の実現方策図を完成させる。
復習:自分が作成した実現方策図と他の院生の実現方策図とを比較し、自分が作成した実現方策図のブラッシュアップを行う。
授業内容 ・前回の振り返り:各自が策定した実現方策の発表と講評。
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:中小製造業の営業マネジメントの特徴を整理してくる。
復習:講義内容を踏まえ、予習で整理した内容のブラッシュアップを行う。
授業内容 ・営業マネジメント(講義)
・事例をもとに中小製造業の営業マネジメントについてディスカッション。
9回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:中小製造業における製品開発について、留意点を列挙してくる。
復習:バイヤーニーズが最終消費者ニーズとどのような関係にあるかを整理する。
授業内容 ・製品戦略(講義とディスカッション)
  中小企業ならではの製品開発の考え方。
  バイヤーのニーズを考える。
10回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:中小製造業が活用できる支援施策、特に製品開発に係る支援試作を調べておく。
復習:製品開発における外部資源の活用方法について整理しておく。
授業内容 ・製品開発プロセス(講義とディスカッション)
  経営資源が乏しい中小企業における製品開発の進め方。
  支援施策など外部資源の活用。
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
11回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:製品アイデアの出し方について整理してくる。
復習:身近な事例で新製品開発のアイデアを出してみる。
授業内容 ・製品開発プロセス
(ワークショップ) 
  具体的な事例をもとに新製品のアイデアを考える。
12回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:中小製造業における知財戦略のポイントを整理してくる。
復習:中小機械製造業が知財面で留意すべき事項を整理する。
授業内容 ・知的資産のマネジメント(講義とディスカッション)
  機械製造業の事例をもとに知財戦略のディスカッション
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
授業方法 基礎的な知識について座学で説明するほかは、主にワークショップとゼミ形式で授業を進めます。
テキスト 毎回、講義内容をまとめた資料を配布します。
ワークショップでは講義にあわせて企業の事例を配布します。
参考図書 講義の中で適宜紹介します。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
講義への参画度 50 % 講義はディスカッションとワークショップを中心に進めますので、グループワークへの積極的な参画と取りまとめ、講義の中での積極的な質問や意見の表明などを総合的に評価します。
課題レポートの内容 50 % 中小企業診断士としての柔軟な発想や現実的な対応策が考えられるかを評価します。
合計 100%  
受講生へ 本講座はこれまでに学習した基礎知識を、対象となる中小企業の実状に合わせて応用し、適確な経営診断や具体的な改善提案が出来るようになることが狙いです。ゼミ方式でワークショップを交えながら対話中心に授業を進めて行きますので積極的な参加を期待します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.