MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

製造業総合診断

  • Manufacturing industry overall diagnosis
担当教員 内山 朗 専任・客員 客員 単位数 1単位
開講学期 秋学期 開講曜日・時限 金曜日 1・2時限
位置づけ 中小企業診断コース分野 ケーススタディー段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
経営戦略とは、持続的競争優位を達成するために「事業領域」「経営資源」「事業の拡大の方向性」を最適化することである。企業にとって経営環境が激変する今ほど、経営戦略が重要な時はない。
科目の目的 全社的な経営診断を踏まえ、経営戦略の策定、経営課題の抽出、課題解決を目指した実行計画策定という一連の経営戦略診断プロセスを学ぶことにより、中小製造業経営について総合的かつ実践的な指導、支援、助言ができるスキルを取得する。
到達目標 ①経営戦略を策定するために必要となる分析を絞り込み、的確な分析ができること。
②中小製造業経営の特性を踏まえ、中期経営計画を策定するための基本戦略と戦略オプション(戦略候補、戦略代替案)を提案できるスキルを習得していること。
③経営戦略を推進するための2~3つの重要課題について、具体的かつ実践的な提案ができるスキルを習得していること。
④重要課題の解決策の一つとして、中小企業支援施策の活用を必要に応じてガイドできる知識を習得していること。
受講してもらいたい
院生
経営戦略に興味のある方、どうすれば長期間に渡り企業が成長できるのか日々悩んでいる方。
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:
・事例演習教材の事前精読
・事例企業の最終ユーザーの市場動向、業界動向、直接顧客業績推移、他社動向情報の事前収集
・ケース企業のコアコンピタンスの事前検討
復習:「商流分析」「SWOT分析」の精査
授業内容 ・本科目の講義概要
・ケース企業の外部環境分析、内部資源分析
・「商流分析」「SWOT分析」の説明
課題有無
課題フィードバック方法 その他 (グループ発表時の講評)
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:分析結果から事例企業は「どこで戦うのか」「何を提供するのか」「どうやって競争優位を構築するのか」を事前検討
復習:事例企業は「どこで戦うのか」「何を提供するのか」「どうやって競争優位を構築するのか」に関するグループ討議とグループ纏めの精査
授業内容 ・「商流分析」「SWOT分析」グループ発表(第1回の課題)
・経営戦略立案(1)
予習の事前検討課題に関するグループ討議とグループ纏め
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:定性・定量を含め目指すべき戦略目標を事前検討
復習:定性・定量を含め目指すべき戦略目標に関するグループ討議とグループ纏めの精査
授業内容 ・経営戦略の立案(2)
予習の事前検討課題に関するグループ討議とグループ纏め
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:全社・部門・業務プロセスのあるべき姿と現状とのギャップの事前検討
復習:全社・部門・業務プロセスのあるべき姿と現状とのギャップに関するグループ討議とグループ纏めの精査
授業内容 ・経営戦略の立案(3)
予習の事前検討課題に関するグループ討議とグループ纏め
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:戦略目標実現のために解決が必要不可欠な最重要課題の事前検討
復習:最重要課題に関するグループ討議とグループ纏めの精査
授業内容 ・経営課題の抽出
予習の事前検討課題に関するグループ討議とグループ纏め
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:戦略計画推進に向けたシナリオ、最重要課題の具体的な改善策、活用支援施策の事前検討
復習:戦略計画推進に向けたシナリオ、最重要課題の具体的な改善策、活用支援施策に関するグループ討議とグループ纏めの精査
授業内容 ・戦略の具体化
 予習の事前検討課題に関するグループ討議とグループ纏め
・経営戦略グループ発表実施要領の説明(第7回、第8回の課題)
課題有無
課題フィードバック方法 その他 (グループ発表時の講評)
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:発表練習(グループ単位)
復習:発表に対する講評を再確認し、注意すべき事項を整理しておく。
授業内容 ・経営戦略の発表(1)
課題有無
課題フィードバック方法 その他 (グループ発表時の講評)
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:発表練習(グループ単位)
復習:レポート作成要領の再確認
授業内容 ・経営戦略の発表(2)
・演習振り返り
・レポート作成要領の説明(本科目の最終課題)
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
授業方法 ・資料類の分析・検討並びに整理作業は、研修生の予習事項とし、演習当日は、事前に検討した各自の結果の発表報告とグループ討議による結果の発表・プレゼンを行う。
テキスト 事例演習教材『株式会社 田中精工』
参考図書 適宜紹介します。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
グループ討論での参画度、適切な指摘・発言などを評価 20 %
グループ発表の内容を評価 20 %
レポートの評価 60 % レポート評価基準
(1)授業内容理解度、(2)考察力、(3)実践応用力、(4)論述力、(5)作成努力
合計 100%  
受講生へ 本科目は、グループワークを基本としますので各人のグループへの貢献とチームワークが求められます。
その他 金曜日の1時限と2時限の連続授業を中心に、一部土曜日も実施する。全体で8回の授業である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.