MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

経営計画の策定とイノベーション

  • Development of the management plan and Innovation
担当教員 小田 恭市
佐々木 勉
清水 弘
田中 敏夫
専任・客員 専任
専任
専任
客員
単位数 2単位
開講学期 春学期 開講曜日・時限 金曜日 1・2時限
位置づけ 中小企業診断コース分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
ベンチャー企業に限らず、環境変化の激しい今日、イノベーションの視点に基づく経営戦略の立案・実行はすべての中小企業に求められている。このことを踏まえるなら、多様な切り口でイノベーションについて把握することは重要である。
科目の目的 イノベーションの視点を加味した製造業の製品開発戦略や最近の事業戦略立案の考え方、経営計画の立案などについて学習する。
到達目標 1.製造業における製品開発戦略立案支援の方法を修得する。
2.企業・事業の課題と状況と経営計画の在り方を修得する。
3.中小企業特有の経営計画策定とイノベーションの在り方を修得する。
4.事業システムを中心に、最近の事業戦略の考え方について修得する。
受講してもらいたい
院生
中小企業経営などのコンサルタントを目指す院生。
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:中小製造業における製品開発について、留意点を列挙してくる。中小製造業が活用できる支援施策、特に製品開発に係る支援策を調べておく。
授業内容 ・製品戦略(講義とディスカッション)
  中小企業ならではの製品開発の考え方。
  ニーズとシーズの関連性を考える。
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 復習:製品開発における外部資源の活用方法について整理しておく。バイヤーニーズが最終消費者ニーズとどのような関係にあるかを整理する。
授業内容 ・製品開発プロセス(講義とディスカッション)
  経営資源が乏しい中小企業における製品開発の進め方。
  支援施策など外部資源の活用。
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:製品アイデアの出し方について整理してくる。
   中小製造業における知財戦略のポイントを整理してくる。
授業内容 ・製品開発プロセス
(ワークショップ) 
  具体的な事例をもとに新製品のアイデアを考える。
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 復習:身近な事例で新製品開発のアイデアを出してみる。
   中小機械製造業が知財面で留意すべき事項を整理する。
授業内容 ・知的資産のマネジメント(講義とディスカッション)
  事例をもとに知財戦略のディスカッション
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:自分が知っている中小企業の課題と状況を想定しておく。
復習:授業の内容を踏まえ、戦略と計画のフレームで課題と状況を整理する。
授業内容 企業・事業の課題と状況と経営計画の在り方(コンサルタント実践より)1
経営計画を検討する場合、戦略や組織・プロセス・人材や資源の課題に加え、期待成果、トップの求心力、経営システムの整備、資源の制約、時間的猶予などの状況も勘案し立案する。戦略と計画のフレームを示し、ポイントを説明する。
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:自分が知っている中小企業の組織や人員を想定しておく。
復習:授業の内容を踏まえ、経営計画の検討・進捗管理の体制を検討してみる。
(課題提出は求めないが提出者にはフィードバックを提供)
授業内容 企業・事業の課題と状況と経営計画の在り方(コンサルタント実践より)2
経営計画はその立案・実行において組織体制確立や人材育成も伴うため、検討・進捗管理の体制が重要である。
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:既知の中小企業における経営理念・目標についてHPより情報収集する
復習:既知の中小企業における経営理念・目標の設定の背景を考察する
授業内容 中小企業経営者の性格・生き方が経営理念・目標にどのように反映されているかを学ぶとともに、中小企業の事例から、その経営理念・目標の在り方について体系化を試みる。
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:経営離縁・目標の実現にどのようなイノベーションが考えられるか事前学習する。
復習:中小企業特有のイノベーションについて考察する。
授業内容 経営理念・目標を実現するためのイノべーションを体系化するとともに、そのイノベーションの具体化における課題と対処方法(課題解決)について検討する。とくに、中小企業だからこそ重要となるイノベーションを中心に検討を進める。
9回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:これまでに学習した経営戦略論の考え方について整理する。
復習:中小企業にとってはどのような戦略の考え方がポイントになるかを検討する。
授業内容 見渡す経営とと中小企業における戦略策定の考え方
10回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:3Cや4Pや5Fとは何であったか、確認しておく。
復習:ビジネスモデル・キャンバスの各項目を図の中に書き込めるように暗記する。
授業内容 3Cや4Pや5Fなどの事業戦略を考える上での手法の範囲と限界の認識
ビジネスモデル・キャンバスの考え方とその改良
11回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:自社もしくは関心のある中小企業の主たる事業についての事業システムを整理する。
復習:自社もしくは関心のある中小企業の主たる事業についての事業システムを図示化する。
授業内容 事業システムとその図示化
課題有無
課題フィードバック方法 その他 (個別と全体へのフィードバック)
12回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:自社もしくは関心のある中小企業の主たる事業について、何を、誰に、どのような経路を用いて、如何なる関係性を構築しながら提供しているかについて考える。
復習:予習で考えたことについて、授業で学習したことを踏まえて整理する。
授業内容 事業の実態把握と今後の戦略立案検討➡顧客ターゲットと価値提供、チャネル、顧客との関係性、競合等について
13回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:自社もしくは関心のある中小企業の主たる事業について、日常的な主たる業務と、事業活動を通じて如何なることを蓄積してきているか、そして蓄積したことをどのように活用しているかについて考えてくる。
復習:自社もしくは関心のある中小企業の主たる事業について、外部資源をどのように活用しているかについて整理する。
授業内容 事事業の実態把握と今後の戦略立案検討➡事業を駆動するために日常的に行っている活動、経営資源の蓄積と強化、活用、外部資源の活用
14回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:自社もしくは関心のある中小企業の主たる事業について、収益をどのようにしてあげているのか、主にどのようなコストがかかっているかについて考えてくる。
復習:自社もしくは関心のある中小企業の主たる事業について、価格設定はどのように行っているかについて整理する。
授業内容 事業の実態把握と今後の戦略立案検討➡収益とコストの構造、価格戦略
課題有無
課題フィードバック方法 その他 (個別と全体へのフィードバック)
15回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:配布された事例企業の主たる事業のビジネスモデル・キャンバスを作成してくる。
復習:予習で作成したビジネスモデル・キャンバスに他の検討すべき事項も加えて一枚の紙に整理する。
授業内容 事例企業のビジネスモデルキャンバスの検討
16回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:第14回で指示された課題のレポートを作成し、事前にファイルを送付。
復習:提出課題をフィードバックコメントに従いブラッシュアップする。
授業内容 課題の発表(全員ではなく、4名程度)と質疑
授業方法 講義とグループでの検討・作業を交えて行う。
テキスト プリントを配布する。
参考図書 授業の中で適時指示する。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
授業参画度 授業中の積極的な発言とその内容、演習の際の的確な指摘や考え方の整理・発想など 50 %
課題レポート(前半と後半で1回)の内容と発表する場合はそのプレゼンテーション力等 50 %
合計 100%  
受講生へ 経営計画立案には経営戦略構想の能力だけでなく、マーケティングや生産管理、財務会計等々の他の経営機能についての能力も必要です。経営に係る総合力を発揮する必要があることを認識し、これまでに学習したことを振り返りながら受講するようにしてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.