NaoyaMizusawa

水澤直哉

変革型経営リーダーとして、次元の異なる飛翔を共に!

  • 専任教授(実務家教員)
  • 有限会社フィロソフィア(企業の経営幹部育成事業) 代表取締役

Question

担当している領域・科目について教えてください。

変革の時代を拓く価値創造戦略の本質がテーマである。 マーケティングの本質的理解を通じ、徹底 した顧客視点で事業を推進する経営感覚を磨き上げ、事業変革推進の礎を築いて頂く事が主たる内容です。

背景:

  1. 企業規模の大小に関わらず、業界を問わず、外部環境変化が激しい状況下、徹底した顧客視点で事業成長を図る事は、価値創造型経営の要諦となっている。
  2. 従って、マーケティングの手法論を展開するよりは寧ろ、”マーケティングの本質的なものの見方・考え方”を、経営の意思決定や課題解決・戦略立案に活かす事をテーマとする。 それが、事業成功の”一つの決め手”となって居り、MOTを有効に展開する為の前提と言える。
  3. 今までの事業の成り立つ暗黙の前提条件を問い直し(過去の成功体験が成長の制約条件となっていないか、企業内部の常識が顧客の非常識になっていないか、問い直す)、事業変革を実現する事が変革型経営リーダーに求められる。その基本と本質について考察を深めて行く事とする。 院生の皆様とのInterativeなやり取りを大切に、理論と実践の統合を図り、変革を主導するリーダーシップの獲得を目指し、渾身のエネルギーを注いでいます。

実務家時代にどのような業務に携わってきましたか?

三菱商事にて18年、鉄鋼国際事業に従事し、新規国際事業30社の立ち上げに関わる。その間、米国ノースウエスタン大学経営大学院(Kellogg Graduate School of Management)へ留学(1990年 MBA取得)及び三菱商事米国子会社の副社長を歴任し、国際経営の現場感覚を磨く。1997年独立以来、企業研修のトレーナーとして、企業経営幹部育成に携わる。徹底した顧客視点で事業を推進する経営感覚を磨き上げて頂く事を軸に、次世代経営者育成、グローバル人材育成、事業変革推進支援に渾身のエネルギーを注ぐ。私の持ち味は、グローバル経営と企業経営幹部育成の経験をベースに、実践的に院生の皆様の成長を支援する事です。

授業を行う際に大切にしている点は何でしょうか?

1)子供たちが活きいきと生きられる地球環境を創るという理念の下、①自らの存在を賭け、個の可能性の開花とその人らしい成長を全身全霊で支援する、②お客様から信頼される事業成長のパートナーであり続ける、③どんな場面でもメンバーと対峙し、決してその状況から逃げない事を基本姿勢に、”人と戦略の統合”から成長のエネルギーを産み出す経営支援のプロを旨としています。 又、グローバルな視点を大切にしています。

2)“子の成長を願う親の気持ちから、経営リーダーの成長を全力で支援し、心の芯から元気にする”自らのミッションを真摯に探求し、大企業の経営幹部の皆様から、グローバルマネジャー、そして、中堅中小企業の経営者に至るまで、企業活動を通じて真面目に成果を残そうとする“変革型経営リーダー”と真剣に向き合い、本音で語り合い、メンバーの皆様の成長を渾身のエネルギーを込めて支援する事に今後もコミットして参ります。

3)次世代経営者育成のプロとして、継続的に研鑽を重ね知見を益々深めて行きます。殊に、徹底した顧客視点で事業を推進する経営感覚を高め、磨き上げる事を機軸に、事業変革課題と成長戦略を打出て頂く事に主眼を置きます。言わば、“価値創造戦略の立案と展開”こそが、時代からの要請であり、事業成長の“決め手”の一つとなっている事を前提と致します。

入学を検討している方へのメッセージ

本院の魅力の一つは、企業規模の大小、年齢・職歴を問わず、志の高い経営リーダーが幅広く集い、より良い技術経営の推進をテーマに、切磋琢磨する「学びの道場」となっている事です。院生諸君と教員は、本音で徹底的に語り合い、価値創造戦略と事業変革課題の決め手を打ち 出します。

そして、変革型経営リーダーとして共に研鑽し大きな成長を遂げた相互の関係性が、修了後も大きな資産となっています。

深い洞察と新たな気付きに満ちた、成長の実感を味わう一年間、共に事業の未来を実践的に拓いて行きましょう。

Information

スチューデントアワー

各回講義開始前一時間半からと致します。

専門分野

価値創造戦略(マーケティングの本質)。
徹底した顧客視点で事業を推進する経営感覚を磨き上げ、事業変革推進の礎として頂く事を旨としている。
その専門を軸に、企業経営幹部育成、次世代経営リーダー育成、グルーバル人材の育成、マネジメント力強化、事業変革推進支援にも取り組んでいる。

職歴

  • 1979年3月:上智大学外国語学部英語学科卒業。
  • 1979年4月:三菱商事株式会社入社。鉄鋼貿易事業に9年間従事。
  • 1988年6月~1990年6月:米国ノースウエスタン大学経営大学院留学。MBA取得
  • 1990年6月~1996年8月:鉄鋼国際事業に従事。その間、米国子会社の副社長を二年間歴任。国際経営の現場感覚を磨く。
  • 1997年4月~2016年3月:リクルート社人材開発トレーナーとして企業経営幹部育成 に取り組む。ベストトレーニング賞金賞・銀賞受賞。マーケティング研修マスタートレーナーも務める。
  • 2002年9月:有限会社フィロソフィア設立。代表取締役に就任。
  • 2011年4月~現在:日本工業大学専門職大学院 専任教授
  • 2016年4月:リクルート社トレーナーを発展的に卒業し、完全独立。新たな次元でビジネスリーダーの成長を支援する取り組みに腐心。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

入試情報

NIT MOT Letter

実務家教員が専門家の視点で、ちょっと変わった切り口でのTopicsを提供します。

授業公開+学校説明会

参加できない方のためにぜひ授業を体感して頂きたく「授業公開 + 学校説明会」を開催いたします。