博士(工学)、研究科長

KyoichiOda

小田恭市

金を残して死ぬのは下だ。 事業を残して死ぬのは中だ。 人を残して死ぬのが上だ。(後藤新平)

  • 専任教授(研究者教員) 研究科長
  • 学校法人日本工業大学 評議員
  • 株式会社開発計画研究所 取締役
  • 公益社団法人日本経営工学会 会員

Question

担当している領域・科目について教えてください。

シンクタンク時代に、3000人近い技術系中小企業の経営者との面談で、経営者の生き方や会社経営する意味合い、中小企業経営者特有の意思決定や戦略・戦術の立案と実行、経営者としての人脈づくりなど多くのことを学ぶ。また、自分でもシンクタンク会社を起業、会社経営した経験がある。
こうした経験を活かして、中小企業経営者の視点から「中小企業の成長とは?」「中小企業の強みを活かし弱みを強化するためのマネジメントとは?」、「中小企業特有のイノベーションとは?」、「経営資源に乏しい中小企業だからこそ必要な外部資源の活用とは?」などの問いかけに応えられるように、「中小企業の成長とイノベーション」、「ネットワーク型新事業創造論」等を担当。

実務家時代にどのような業務に携わってきましたか?

私はシンクタンクでは鉄鋼、石油精製などの大規模プロジェクト、科学技術や中小企業振興の政策立案、地域中小企業の活性化プロジェクト等に携わってきました。その過程では、多くの経営者、実務執行者、技術者などとの出会いの場がありました。なかでも、3000人を超える中堅・中小企業の経営者との出会いは、本大学院MOTの授業において大変に役立っています。
中堅・中小企業の経営者との交流を通じて、あるべき経営者像、経営者の思考と勘(感性)、中小企業の経営戦略とマネジメント、外部資源(大学、公的資金、企業等)の活用策など一般書物などでは得られない暗黙知的な経営ノウハウを学ぶことが出来ました。これが私の「財産」となっています。

授業を行う際に大切にしている点は何でしょうか?

企業、技術、製品などの事例を「現象」として整理した授業や文献は現状を理解するのには役立ちますが、流行ものとして時間とともに陳腐化してしまいます。時間の風化に耐えてきたビジネス書は、現象の整理だけでなく「本質」を追求しており、現在もいろんな分野で活用されています。
日工大MOTの授業は、卒業してから3年、5年、10年、それ以上の期間において役立つことが求められます。そのためには、「現象」に惑わされない「本質」を見つめた授業が必要です。私は実践性を担保しつつも「時間の風化に耐えられる授業」を目指します。そのため、「現象」の整理にとどまらず、その現象から如何に「本質」を導き出し受講生に伝えるかに重点を置きます。

入学を検討している方へのメッセージ

日工大MOTに入学された院生の皆様には、企業の規模を問わず中堅・中小企業の優れた経営者等から学んだ「あるべき経営者像」、成功確率の高いニーズ主導による「あるべき新事業創造システム」、外部のヒト、モノ、カネなどの資源を活用した「あるべきネットワーク型経営」などを1年間かけてじっくり伝えたいと思っています。


また、今まで卒業された500人近い修了生間の交流を深め、相互に刺激・触発・協働できるネットワークづくりを一緒に進めたいと思っています。

Information

スチューデントアワー

春学期:土曜日の13時~15時
夏学期:月曜日の16時~18時
秋・冬学期:土曜日の11時~13時

専門分野

中小企業経営、中小企業経営者、ニッチトップ企業、地域中小企業活性化、科学技術、ネットワーク形成、新事業創造、顧客開拓戦略、要素技術、先端技術

経歴 

  • 1976年に民間シンクタンクに就職し、主任研究員、取締役、副所長などとして勤務。国・自治体等から受託する産業配置計画や地域振興計画のプロジェクトに取り組む。その間、社団法人先端技術戦略推進機構研究開発部長、ドイツ・シュタインバイス財団・シュタインバイスジャパンコーディネイター、中小企業事業団中小企業研究所(現:中小企業基盤機構)客員研究員などを兼務。
  • 1997年に地域産業システム研究所を起業し、中小企業振興に関わる施策提案、地域中小企業の活性化の活性化計画・支援施策提案など中小企業に関わるシンクタンク業務等を行う。その間、放送大学、日本大学、鳥取大学などで非常勤・客員教授、東京工業大学で共同研究員などとして教育・研究業務に携わる。
  • 1990年 日本大学大学院後期博士課程管理工学専攻修了・学位取得(指導教授:笹生仁)

CONTENTS

おすすめコンテンツ

コラム

活躍する修了生

修了生の声を参考に、これから入学を検討されている方も、既に入学されている方も、本MOTにおける目標設定や人生の目標設定などに役立てて下さい。

イベント開催レポート