MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

会計学応用

  • Applied Accounting
担当教員 近江 正幸 専任・客員 専任 単位数 2単位
開講学期 秋学期 開講曜日・時限 土曜日 3・4時限(隔週)
位置づけ 財務・会計分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
 本講座では、現在の日本の会計制度に基づく外部報告会計である財務会計の理論と実務の説明を中心に、財務諸表監査についても触れ、さらに春学期に開講する「会計学基礎」で勉強した商業簿記につづき、工業簿記の基礎についても解説し、演習を行う。さらに工業簿記と密接に関わり製品原価の算定に必要な原価計算についても解説する。そして最後に財務諸表の利用面での応用として、財務諸表分析で把握した数字を業務分析に利用する財務分析と業務分析の統合化について解説する。
科目の目的  会計知識のレベルアップがこの科目の目的である。会計の基礎力だけでなく、総合的かつより深く・専門的な会計知識の養成を行う。
到達目標  春学期の「会計学基礎」で養成した会計の基礎力をブラッシュ・アップし、会計の関する知識・能力のレベルを向上させることを目的にした科目である。最後に、授業で習得して会計能力を試すために、受講生諸君の所属している企業あるいは身近な企業をケースに、各自で財務分析から業務分析に展開しレポートとして提出してもらう。
受講してもらいたい
院生
 春学期の「会計学基礎」を履修し、会計について面白いと感じた院生、また業務経験や過去の勉強で会計の基礎素養は身に着けているため「会計学基礎」は履修しなかったが、自分の持っている会計知識を整理し、レベルアップを考えている院生に受講してもらいたい。
授業計画
1回 予習・復習 復習:各法律の特色とそれが会計に与えている影響を理解できているかを確認する。
授業内容 Ⅰ 日本の会計制度
トライアングル構造(金融商品取引法会計・会社法会計・税法会計)の説明
2回 予習・復習 予習:IFRSを自社が採用しているかどうかを調査する。
復習:IFRSの強みおよび弱みを考察する。
授業内容 Ⅱ 会計の国際化がわが国の財務会計に与える影響
.国際財務報告基準(IFRS)に準拠した財務諸表の特質および会計の国際化の行方
3回 予習・復習 予習:自社の減価償却費の金額と費用全体の中での割合を確認する。
復習:減価償却の考え方を理解できたかどうかをチェックする。
授業内容 Ⅲ 会計固有の理論と特質
(1) 減価償却に関する理論と特質
4回 予習・復習 予習:自社の財務諸表の中に繰延資産が存在しているかどうかを調べる。
復習:繰延資産の考え方を理解できたか確認する。
授業内容 (2) 繰延資産に関する理論と特質
5回 予習・復習 予習:自社の財務諸表にどのような引当金があるかを調べる。
復習:様々な種類の引当金の特徴を理解できたか否かを確認する。
授業内容 (3)  引当金に関する理論と特質
6回 予習・復習 予習:自社の資本金(純財産)の構成を調査する。
復習:引当金の本質を理解できたか否かを確認する。
授業内容 (4) 資本に関する理論と特質
7回 予習・復習 予習:自社が職業的会計士の監査を受けているか否かを調査する。
復習:職業的会計士の財務諸表監査の重要性を理解できたか否かを確認する。
授業内容 Ⅳ 財務諸表監査の必要性と性格
財務会計情報の検証方法(財務諸表監査の必要性と機能)
財務諸表監査の性格(財務諸表監査の実施方法と限界)
8回 予習・復習 復習:工業簿記と商業簿記の違いを理解できたか否かを確認する。
授業内容 Ⅳ 工業簿記の基礎
(1) 工業簿記の特徴および工業簿記と原価計算の関係
9回 予習・復習 復習:課題として提供した練習問題を解く。
授業内容 工業簿記の記帳練習
10回 予習・復習 予習:自社の採用している原価計算の方法を確認する。
復習:課題として提供した原価計算の練習問題を解く。
授業内容 Ⅵ 原価計算の基礎
原価計算の体系
11回 予習・復習 予習:自社の原価計算の問題点を考察する。
復習:課題として提供した原価計算の問題を解く。
授業内容 各種原価計算の解説
12回 予習・復習 予習:財務諸表分析の対象とする会社の財務諸表を用意する。
復習:上記財務諸表の経営成績と財政状態の概要を把握する。
授業内容 Ⅶ 財務諸表分析から業務分析への展開
財務諸表分析と業務分析の一体化の理論
13回 予習・復習 予習:分析対象の財務諸表について各種分析指標を計算し、数字を把握する。
復習:分析対象の会社の業務分析を試みる
授業内容 財務諸表分析と業務分析の一体化の演習①
14回 予習・復習 予習:財務諸表分析と業務分析の一体化の可能性を確認する。
復習:分析対象の会社について財務諸表分析と業務分析を一体化する。
授業内容 財務諸表分析と業務分析の一体化の演習②
15回 予習・復習 予習:14回の授業を通し、会計に関する質問事項を検討する。
復習:会計についての能力・知識のレベルアップが達成できたか確認する。
授業内容 総まとめ
授業方法 授業は講義形式を中心とする。また授業の復習をかねたミニテストを数回実施する予定である。
また授業の最後に、演習として受講生が所属する企業あるいは関係の深い企業の財務諸表を使用した財務分析と業務分析を行う。
テキスト 特定のテキストは使用せず、毎回レジュメを配布する。
参考図書 鍵谷英二著「業績に直結する経営改善の進め方」中央経済社、ISBN978-4-502-43950-6。
また財務会計および国際会計関連の参考図書については、最新のものを授業の過程で必要に応じ紹介する。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
財務諸表分析および業務分析に関する能力。 40 % レポートの内容で評価する。
分析結果としての課題発見能力および対策提案能力 30 % レポートの内容で評価する。
授業参画姿勢 20 %
その他 10 %
合計 100%  
受講生へ 会計についての学習経験、実務経験のない学生は春学期開講の「会計学基礎」を履修しておくことが望ましい。
各回に質問時間を設け、講義形式の欠点である教師と学生との双方向性を確保する。
その他 財務会計は、現在大きく変革されようとしている。変革のきっかけは、世界の国々でバラバラに設定していた財務会計の基準を、共通のモノサシとして国際財務報告基準(IFRS)という形で構築し、この標準を採用しようとする動きが全世界において進展したことによる。
 しかし残念ながらIFRSへの財務会計の収斂は現在進行中の世界的な経済混乱の影響もうけ、停滞している。急激な財務会計の国際的共通化がもたらす悪影響を検証し、もう一度仕切りなおすという財務会計の共通化への第三の道の模索が既に始まっている。そこで本講では、日本の現在の財務会計基準の特質を理論的に解説した上で、将来予想される国際的財務会計の姿を考える。
なお会計分野の勉強や実務経験のない院生は、春学期に開講される「会計学基礎」を履修した後に、この科目を履修すると、より会計リテラシーを高めることができる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.