MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

研究開発マネジメント

  • Management of Research and Development
担当教員 西尾 好司 専任・客員 専任 単位数 2単位
開講学期 春学期 開講曜日・時限 火曜日 1・2時限(隔週)
位置づけ オペレーション分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
研究開発は、企業における利益の源泉となる最も重要な活動の1つである。本講義では、研究開発のマネジメントの基本的な事項を講義するだけでなく、研究開発・イノベーション活動の最近の動向も取り上げる。IoTの普及に伴い、企業は、新製品やサービスの開発において、顧客・ユーザー・消費者との関係性を強化しなければならならない。そして、研究開発や製品開発関連部門に所属する/しないに関わらず、自社あるいは顧客の研究開発やイノベーションの取り組みを理解することは、営業部門も含め、全社的に必要となる。
また、サービス業が製造業と連携することはもちろんのこと、むしろ主導的な立場を発揮することも増えており、研究開発やイノベーション活動に関する基本的な知識は決して製造業に限定されるものではない。
科目の目的 講義では、経営戦略や事業戦略などの企業戦略と研究開発戦略の関連、市場・競争環境や社会の変化との関係、テーマの設定や研究開発実施のプロセス、ユーザー・顧客・消費者との協働、大学や公的機関・政策を活用した研究開発など、実際の研究開発マネジメントなどの実務上必要な事項を理解することを目的とする。ケース・スタディも取り入れ、クラスでの議論から、理解を深めるようにもする。
到達目標 以下を主要な目標として、研究開発活動に関する基本的な事項を理解し、自社の戦略や活動に活用できるようにしたい。
1.企業活動における研究開発活動が必要な理由、研究開発活動にマネジメントが必要な理由の理解
2.経営戦略に沿った研究開発戦略の策定と研究開発活動の重要性
3.顧客のニーズや顧客との共創の必要性と限界、イノベーションのパートナーの拡大
4.他社、大学などの外部資源の積極的な活用の重要性(政策の活用も含む)
5.技術や競合企業の動向だけでなく社会・環境動向を把握し将来像を描くことの意義
6.生活(者)起点で製品やサービスを考えていくこと、何を作るかだけでなく、どのように使われるかも考えることの重要性を理解すること
受講してもらいたい
院生
研究開発部門向けではなく、以下のような以下のような院生の受講を期待する。
・ 技術開発や製品開発の企画に関わる院生の中で基本事項を確認したい人
・ 技術・製品開発部門以外で、事業戦略や営業戦略を策定する必要のある人
・ 営業部門で、技術系企業を顧客に持っている人や自社の技術部門と一緒にプロジェクトを進めなければならない人
授業計画
1回 予習・復習 予習:自社の経営課題、自分が日工大で学ぶ目的の確認
復習:研究開発活動の意義の確認
授業内容 イントロダクション(1)
問題意識、講義全体の概要
2回 予習・復習 予習:自社の経営課題、自分が日工大で学ぶ目的の確認
復習:講義の内容の確認
授業内容 オリエンテーション(2)
・日本の研究開発の現状
・研究開発マネジメントの概要
・技術経営を学ぶ意味
3回 予習・復習 予習:特に必要なし
復習:講義の内容の確認
授業内容 技術開発・研究開発とイノベーション(1)
・日本企業における研究開発の課題
・研究開発における戦略やマネジメントの重要性
4回 予習・復習 予習:特に必要なし
復習:講義の内容の確認
授業内容 技術開発・研究開発とイノベーション(2)
・コア技術と補完的資産
・イノベーションのモデル(シュンペーターの新結合、製品イノベーション、プロセスイノベーション)
5回 予習・復習 予習:これまでの講義の確認
復習:講義の内容の確認
授業内容 研究開発戦略(1)
・研究開発戦略の概要
・コア技術、主力製品と・戦略との関係
・戦略策定に必要な情報
6回 予習・復習 予習:これまでの講義の確認
復習:講義の内容の確認
授業内容 研究開発戦略(2)
・経営ビジョン・戦略との関係
・研究開発戦略の事例
・技術動向や社会環境の分析
7回 予習・復習 予習:これまでの講義の確認
復習:講義の内容の確認
授業内容 研究開発のマネジメント(1)
・アイデアの選定、研究テーマの策定
・研究テーマの評価やポートフォリオ
8回 予習・復習 予習:これまでの講義の確認
復習:講義の内容の確認
授業内容 研究開発のマネジメント(2)
・Stage-gate法、研究開発の評価
・進捗の遅れや競争環境の変化などへの対応
・事業部との関係
9回 予習・復習 予習:これまでの講義の確認、
自身が日工大MOTに入学した目的とMOTで学び始めて感じたこと
復習:講義の内容の確認
授業内容 社外との連携・オープンイノベーション(1)
・他社との連携を中心に、社外との連携に必要な事項
・企業間(組織間)関係の重要性とマネジメントの難しさ
・オープンイノベーションの活動の多様化
10回 予習・復習 予習:これまでの講義の確認、
自身が日工大MOTに入学した目的とMOTで学び始めて感じたこと
復習:講義の内容の確認
授業内容 社外との連携・オープンイノベーション(2)
・産学官連携(大学や公設試験研究機関との連携)の意義、方法
・大学等のシーズ活用事例、産学官連携で注意すべき点
・研究開発の国際化の変遷、新興・BOP市場の意味、リバースイノベーション
11回 予習・復習 予習:これまでの講義の確認 自身のビジネスにおける顧客の役割とは
復習:講義の内容の確認
授業内容 製造業のサービス化、顧客やユーザーとの連携(1)
・製品価値におけるサービスの重要性
・価値構築におけるICT活用の意味
・顧客・ユーザーとの連携・共創活動の事例
12回 予習・復習 予習:これまでの講義の確認 自身のビジネスにおける顧客の役割とは
復習:講義の内容の確認
授業内容 製造業のサービス化、顧客やユーザーとの連携(2)
・ユーザーイノベーションの重要性
・顧客と共創していくことの重要性とその限界
・シェアリングエコノミーや社会的課題への対応など社会経済環境の変化と研究開発活動の関連
13回 予習・復習 予習:ケーススタディ用の配布資料の確認
復習:講義の内容の確認
授業内容 ケース・スタディ(1)
・企業の研究開発戦略に関連するケースについての配布資料の説明とクラスでの議論
14回 予習・復習 予習:ケーススタディ用の配布資料の確認
復習:講義の内容の確認
授業内容 ケース・スタディ(2)
・企業の研究開発戦略に関連するケースについての配布資料の説明とクラスでの議論
15回 予習・復習 予習:これまでの講義の中で自分にとって重要な項目を確認
復習:クラスでの議論の確認
授業内容 まとめ
これまでの各自の理解の発表、これまでの要点を確認する。
授業方法 配布資料をベースとする講義形式で進める。なお、ケーススタディについては、配布資料を活用したクラスの議論ではなく、ゲスト・スピーカーの講義を行う場合もある。
テキスト 特定のテキストは指定しない。講義で使用する配布資料として、毎回パワーポイント形式のテキスト及び関連資料(論文や新聞記事等)を配布する。なお、必読の資料がある場合は事前に配布する。
参考図書 関係のある資料については、講義当日に配布資料を用意する場合がある。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
講義での議論の参画状況 40 %
レポートの提出
研究開発マネジメントに関連する重要な項目をテーマとするレポートを提出(2回A4-1枚以上)。
課題の詳細は、講義のときに伝える。
40 % レポートについては、①課題に関して講義の資料や内容を的確にまとめること、②独自の視点や考察(例:自社・自分の状況を踏まえた内容)の2点を中心に評価する。
最終回(第15回)において、自分にとって最も重要・興味を持った点を発表する。 20 %
合計 100%  
受講生へ 新聞や経済誌などの技術開発や新製品開発、研究開発戦略についての記事について目を通して、企業の研究開発動向を掴んでほしい。
現在、製造業は大きな変革期にある。環境変化に対応するためには、研究開発マネジメントは自社内のマネジメントだけでなく、社外の資源も積極的に取り込み、柔軟に資源の組換えを実行するダイナミックなプロセスが必要となる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.