MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

特別科目 ものづくり企業にとってのIoTの機会と脅威

  • Opportunities and threats of IoT for manufacturing companies
担当教員 清水 弘
西尾 好司
三宅 将之
専任・客員 専任
専任
専任
単位数 なし
開講学期 特定日開講 開講曜日・時限 月曜日 1・2時限
位置づけ 基礎段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
すべてのモノがインターネットに繋がるIoT(Internet of Things)は、コンピューターの進化も相まって、蒸気機関導入、電力利用、電子化・自動化に続く第四の産業革命と呼ばれており、日本はもちろん、米国のIndustry Interenet Consorciam(IIC)、欧州のIndustry4.0、中国の中国製造2025などと、国家・企業が一体となった産業革新活動が進められている。
これらの動きは、IT産業はもちろん、製造業・サービス業の将来にも大きなインパクトを与えることが予測され、機会と脅威の両方の側面で常にウオッチする必要がある。特に、ハードを中心にしたものづくり企業はソフト化が遅れているケースがあり、今後自社がどのような位置づけで事業展開するかを慎重に検討する必要がある。
科目の目的 IoTの動向を適切に把握し、自社にとっての機会と脅威を把握するとともに、機会を捉える上での技術、戦略や組織の課題を理解する。
到達目標 受講生企業の夫々の事業形態にとっての、IoTの機会と脅威を把握し課題を理解する。
受講してもらいたい
院生
IoTの機会と脅威に関心のある院生。なお、変化の早い領域であるので、秋学期のオリエンテーションで本年度の授業内容は紹介する。授業内容を確認の上、受講のこと。
授業計画
1回 予習・復習 予習は特に必要ないが、興味があれば春学期・夏学期の授業科目の中で、IoT関連の事例紹介を行う講義に出席(別途掲示)。
授業内容 IoTに関連する各国の動き、産業の変化、ビジネス機会・脅威、技術体系の変化などの説明。そもそもの背景としてのITを活かしたイノベーションの世の中への影響。モノづくり企業にとっての機会と脅威としてのIoT活用事例の紹介。
2回 予習・復習 連続授業
授業内容 ものづくり企業とそれを支援するIT企業のゲストスピーカーによる実践例の紹介と、機会と脅威のディスカッション(ものづくり企業事例、IT企業事例)
3回 予習・復習 予習として第2回に配布する文献を一読する。
授業内容 IoTの機会及び、その機会を捉えるための技術、戦略と組織としての課題の説明。
技術の構造と技術戦略のシフト。自社の戦略の方向性と投資への影響。サービスとソフト開発の人材確保と社内外の組織化などを解説。
4回 予習・復習 連続授業
授業内容 ものづくり企業としてIoTの機会を捉えつつある企業のゲストスピーカーからの事例紹介。
ものづくり企業がIoTの機会を捉えるための、技術、戦略と組織の課題とその解決方向性のディスカッション。
全体まとめ。
授業方法 4時限で単位認定なしの特別授業。教員による説明、ゲストスピーカーによる事例紹介とディスカッションを通じ、自社にとって機会と脅威を把握し、課題を理解できるようにする。
テキスト パワーポイント資料配布(一部はプロジェクター映写)
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
成績評価は行わない。 0 %
合計 100%  
受講生へ 各学期の授業科目の中で、IoT関連の事例紹介を行う場合は掲示(公開可能なもののみ)。興味があれば担当の先生に確認の上出席のこと。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.