MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

プログラム&プロジェクトマネジメントの応用

  • Practical Program Management
担当教員 髙篠 昭夫 専任・客員 専任 単位数 2単位
開講学期 夏学期 開講曜日・時限 月曜日 1・2時限
位置づけ プロジェクトマネジメントコース分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
プロジェクトとプログラムにおけるマネジメントは事業戦略を具体的に確実に効果・効率よく実行するための効果的なマネジメントプロセスである。プログラムとは複雑な課題解決のために複数のプロジェクトを有機的に結合した活動で、要素プロジェクト群を設計し、そのプロジェクト群を有機的に統合マネジメントを行うことで効果・効率をもって当初の目的を達成することができる関係にある。
科目の目的 戦略とプログラム、プロジェクトの関係および関連する各マネジメント要素の基本的概念を理解し、事例学習を通じて実践的な知識の習得とプロジェクト・プログラムマネジャーとしての基本的なマネジメントアクションができるようになることを目的とする。
到達目標 特にプロジェクト・プログラムマネジメントの中でも身近な問題である 1.企業改革 2.研究開発や新商品開発の改革 についてグループによる事例研究を交えて、その標準的なプロセスやその考え方の習得を目指す。
受講してもらいたい
院生
社内でプロジェクトやプログラムを立案、推進する人、
変革や改革、価値創造の担い手となる人
プロジェクトを評価する人、評価側に立つ人    など
授業計画
1回 予習・復習 参考図書に挙げた「P2Mプログラム&プロジェクトマネジメント標準ガイドブック」(日本プロジェクトマネジメント協会編)「P2M入門」(小原重信著)等を一読して 、授業内容、キーワード、概要を整理しておく。
授業内容 プロジェクトマネジメントとプログラムマネジメントとは ; 
経営における事業戦略とプログラム及びプログラムマネジメントの関係を振り返る 
2回 予習・復習 参考図書を一読して 、授業内容、キーワード、概要を整理しておく。
授業終了後グループ討議の整理とまとめを行い、次回の討議および発表用資料の準備を進める
授業内容 プロジェクトマネジメントのグループ演習活動  ;  製品開発マネジメントの革新についてのケーススタディをグループ演習形式で学習する 1. ケーススタディ資料の全体説明  
会社概況  検討の背景  社長からのミッション  
3回 予習・復習 授業終了後グループ討議の整理とまとめを行い、次回の討議および発表用資料の準備を進める
授業内容 2.活動調査  全社インタヴュー 、現状分析、 他社事例調査 等の結果の検討
3.研究開発マネジメントの改革プログラムの検討
4回 予習・復習 授業終了後グループ討議のまとめと次回の報告会用提案書をまとめる。
授業内容 4.研究開発システムの改革プログラム案についてグループ検討とまとめ
5回 予習・復習 授業終了後グループ討議のまとめと次回の報告会用提案書をまとめる。
授業内容 5.グループ別発表会と発表内容についての質疑応答と討議
6回 予習・復習 発表用資料に指摘項目反映
授業内容   同上
7回 予習・復習 参考図書 等を一読して 、授業内容、キーワード、概要を整理しておく。
授業内容 プログラムマネジメントの振り返り  ;プログラムマネジメントの概要について、プログラム統合マネジメントの枠組みにそって振り返る
8回 予習・復習 授業終了後グループ討議の整理とまとめを行い、次回の討議および発表用資料の準備を進める
授業内容 プログラムマネジメントの演習 ;         企業変革型プログラムのケーススタディをグループ演習形式で学習する    ケーススタディ資料の全体説明
9回 予習・復習 授業終了後グループ討議の整理とまとめを行い、次回の討議および発表用資料の準備を進める

授業内容  プログラムマネジメントのグループ演習活動  
   1.企業理念、ビジョンから社内改革ビジョン・戦略の出し方
   2.改革ビジョン・改革戦略からミッションの出し方   3.ミッションプロファイリング      
10回 予習・復習 授業終了後グループ討議のまとめと次回の報告会用提案書をまとめる。
授業内容  4.改革ビジョン・改革戦略・ミッションから改革課題の抽出
 5.課題から改革シナリオ、プログラムの設計
11回 予習・復習 授業終了後グループ討議のまとめと次回の報告会用提案書をまとめる。
授業内容  6.企業変革プログラムについてのグループ討議
 7.発表用資料のまとめ                        
12回 予習・復習 授業終了後グループ討議のまとめと次回の報告会用提案書をまとめる。
授業内容  同上
13回 予習・復習 授業終了後グループ討議のまとめと次回の報告会用提案書をまとめる。
                       
授業内容 グループ別発表会と発表内容についての質疑応答と討議
14回 予習・復習 発表用資料に指摘項目反映
授業内容 同上  
15回 予習・復習 ゲストスピーカーの会社の資料を一読しておく
授業内容 ゲストスピーカーによる講演
授業方法 パワーポイントによる授業を基本に質疑応答を交えながら進め、適宜演習(個人学習、個人学習+グループ討議と発表等)を入れ問題考察と理解を深める
テキスト 授業時配布のパワーポイント
参考図書 ・「P2Mプログラム&プロジェクトマネジメント標準ガイドブック」(日本プロジェクトマネジメント協会編、日本能  率協会マネジメントセンター刊、ISBN978-4-8207-4887-8))
・「中小企業技術経営実践講座」(日本工業大学大学院技術経営学科監修、工学図書(株)刊、
 ISBN978-4-7692-0482-4)  など
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
グループ演習のまとめ資料の結果・成果の評価 60 %
個人演習、レポート内の評価、質疑応答など授業およびグループ活動への積極的な参画姿勢、 40 %
合計 100%  
受講生へ 本科目は事業戦略を具体的に実行するプロセスを演習として習得するものであるので、春学期のプログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プロジェクト編、プログラム編)を受講済みであることが望ましい
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.