MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

企業改革プログラムマネジメント

  • Program Management for Enterprise Innovation
担当教員 武富 為嗣 専任・客員 専任 単位数 2単位
開講学期 夏学期 開講曜日・時限 火曜日 1・2時限
位置づけ プロジェクトマネジメントコース分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
本授業は、プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎を履修した人を対象として、プロジェクトやプログラムを経営幹部あるいは企画担当者として発想し、実行へ持ち込むための構想(スキーム)を立案するための基本的な概念、アプローチ、着眼点、ツールやテクニックなどを習得し、これらを応用して、企業改革、設備投資、IT投資などの色々なプロジェクトやプログラムを企画立案できるようになることを目的とする。特に、プロジェクトは、日々の事業運営(オペレーション)と対比して、投資に相当することを理解し、投資事業を立案し、企業価値向上や業績向上を目指して、課題を的確に把握し、それから、解決策をプロジェクトやプログラムにまとめ上げる企画立案能力を習得することを目的とする。
プロジェクトやプログラムを立案する場合のアプローチと考慮すべき点を中心に、企業のミッションや戦略から、実際の業務までを眺めて、投資プロジェクトの立案、進め方のアプローチ、捉えるべき課題と実世界で起きている現実の経営課題などを中心に話を進める。これにより、企業内において、課題の把握の仕方から、改革プロジェクトの進め方までの全体像を把握し、改革推進の企画立案者、プログラムマネジャーとしての基本動作が出来るようになることを目指す。
科目の目的 本本授業は、「プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プログラム編、プロジェクト編)」を履修した人を対象として、プログラムやプロジェクトを経営幹部あるいは企画担当者として発想し、実行へ持ち込むための構想(スキーム)を立案するための基本的な概念、アプローチ、着眼点、分析や解決策立案のためのツールやテクニックなどを習得し、これらを応用して、企業改革、新事業創出、研究開発投資、設備投資、IT投資、M&Aなどの様々なプログラムやプロジェクトを企画立案できるようになることを目的とする。特に、プログラム&プロジェクトは、日々の事業運営(オペレーション)と対比して、投資に相当することを理解し、投資事業を立案し、リスクや投資対効果を評価し、企業価値向上や業績向上を目指して、課題を的確に把握し、解決策をプログラムやプロジェクトにまとめ上げる企画立案能力を習得することを目的とする。
 プログラムやプロジェクトを立案する場合のアプローチと考慮すべき点を中心に、企業のミッションや戦略から、実際の業務までを眺めて、投資プロジェクトの立案、進め方のアプローチ、捉えるべき課題と実世界で起きている現実の経営課題や解決策の定石、テクニックを中心に話を進める。これにより、企業内において、課題の把握の仕方や着眼点、分析の仕方から、改革案の立案、プロジェクトのスケジューリング、進め方までの全体像を把握し、改革推進の企画立案者、プログラムマネジャーとしての基本動作が出来るようになることを目指す。
到達目標 企業経営における投資の意味を理解し、あらゆる局面でのプログラムの立案、実施、評価をリードできる人材を目指す
受講してもらいたい
院生
企業内において、企業課題をプログラムやプロジェクトとしてまとめあげ、リードしたい人や、企業改革や新規投資、新事業をリードしたい人
授業計画
1回 予習・復習 企業経営の根幹となる売上、利益の意味、将来の売上、利益を確保する投資の意味を理解し、その投資活動としてのプログラムを理解して、授業に臨むこと。受講後、その意味を再確認する。
授業内容 事業と企業改革        
プログラムの概念、スキームモデルの概念、財務諸表とプロジェクトの関係、投資の概念など、改革推進プログラムの全体を説明する
2回 予習・復習 企業で何かを起こす場合の企画立案とは何かを前もって考えておく。これをもとに、受講後、その意味を理解する
授業内容 課題仮説の明確化とプロファイリング
投資案件を企画するための、課題のつかみ方、解決策の導き方、企業内の業務の把握の仕方について学習する
3回 予習・復習 財務諸表、特に貸借対照表の意味を理解する。受講後、それとプログラムを連携して意味を再確認する
授業内容 投資評価(1)          
プロジェクトやプログラムを投資案件として、正当化するための、投資評価の種類と計算や評価について学習する。特にここで、企業の計画を数値で捉える考え方を学習する
4回 予習・復習 第3回の続きで、投資の種類、投資評価の各々の手法を理解し、再確認する
授業内容 投資評価(2)          
投資評価の種類と計算や評価について学習する(続き)
5回 予習・復習 戦略と投資の関係を理解する。受講後、それとプログラムマネジメント関係を再確認する
授業内容 戦略立案プロセス       
戦略立案と損益計算書、貸借対照表、これらとプロジェクト立案との関係、戦略立案や投資の優先順位付けのためのポートフォリオマネジメントの使い方などについて学習する
6回 予習・復習 戦略と収益の関係を理解する。受講後、個別の収益の把握の仕方、戦略との関係、プログラムの位置づけを再確認する
授業内容 企業価値と原価管理     
戦略とリンクした企業価値創造、キャッシュフロー分析による課題の把握仕方、戦略とリンクした原価の把握、ABC(活動基準原価)などによる原価分析や課題分析の手法、収益管理や集中と選択のアプローチなどについて学習する
7回 予習・復習 生産に絡む、需要予測、在庫管理などの課題を一通り目を通しておく。受講後、それがプログラムとどう関係するか再確認する
授業内容 量産、準量産、個別生産   
生産管理の基本的な考え方である量産品、準量産品、個別生産品別の生産計画の立て方、MRP,BOM、損益分岐点分析などの管理方法について学習し、製造における課題の捉え方、改革の着眼点について、学習する
8回 予習・復習 在庫管理について予習する。受講後、プログラムとの関係を再確認する
授業内容 リアルタイム在庫管理     
在庫管理の基本的な考え方、課題の捉え方、MES(Manufacturing Execution System)について学習する
9回 予習・復習 販売に関する課題を把握しておく。受講後、プログラムとの関係を再確認する
授業内容 販売効率化とチャネル戦略 
営業面から見た課題の捉え方として、店舗展開、チャネルの管理、営業の効率化、などについて学習する
10回 予習・復習 購買の流れを前もって位階しておく。受講後、プログラムとの関係を再確認する
授業内容 戦略的購買管理        
外部支出を削減するための戦略的購買管理(ストラテジックソーシング)とその応用について学習する
11回 予習・復習 研究開発の流れを前もって理解しておく。受講後、プログラムマネジメントと研究開発マネジメントの関係を再確認する
授業内容 研究開発マネジメントの課題    
研究開発の組織としての進め方、費用の把握の仕方、研究開発投資とリスクの捉え方、研究開発の計画の立て方、ステージ&ゲートの考え方、オープンイノベーションの取り組み方、要素技術の把握の仕方、効率的な運営とよくある課題などについて学習する
12回 予習・復習 将来予測に伴い不確実性の意味とリスクを予習する。受講後、プログラムにおける取り扱いを再確認する
授業内容 PLMと不確実性への対処       
デジタル化の進展によるPLM(Product Life Cycle Management)の仕組みや既に各所構築されているグローバル開発の仕組の把握を学習する。更に、投資計画を立案する場合に必ず直面する不確実性(リスク)の捉え方や数値化の仕方を理解する。例として、生産や開発における不確実性への対処について、オプションを利用したアプローチを学習する
13回 予習・復習 インフラとしての情報システムを理解しておく。受講後、そのプログラムとの関係を再確認する
授業内容 情報マネジメントとKPI    
シェアード・サービスからASPなどのネットワークを利用した新しい組織形態と、費用対効果の関係、経営としての情報マネジメントのあり方やビジネスインテリジェンスとしての経営指標の捉え方について学習する
14回 予習・復習 ファイナンスの意味を前もって理解しておく。受講後、プログラムとファイナンスの関係を再確認する
授業内容 M&Aとプロジェクトファイナンス   
プロジェクトそのものを担保とする投資(プロジェクトファイナンス)や、M&Aのような企業売買をプロジェクトとみなす投資の考え方について学習する
15回 予習・復習 プログラム価値を今までの授業を通して理解しておく。受講後、再確認する
授業内容 最終試験
テストを行い、今までの授業内容の理解度を評価する。
授業方法 パワーポイントのテキストによる授業を主体として、場合によっては演習問題を入れて、企業が抱えるさまざまな問題への考察と解決へのアプローチに対する理解を深める
テキスト 授業配布のパワーポイント
参考図書 特になし
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
授業における演習や発表の内容で評価する 50 % 自分のビジネス活動と連携して、色々な問題意識を持っているかを発言などにより評価する
個別の内容の理解 50 % 最終テストを通じて、内容の理解度を評価する
合計 100%  
受講生へ 特に必要ないが、自社あるいは自分の業務上の課題などを頭に置きながら、参加する事
自社あるいは、自分の抱える業務上の課題をプログラムマネジメントの視点から高い視点で把握して、授業の内容と比較しながら、理解し、実現可能なソリューションに持ち込むアプローチを習得することを求める。
その他 「プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プロジェクト編)」と「プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プログラム編)」を受講していることを前提とする
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.