MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

中小企業のプログラム立案ケーススタディ

  • Case Study on Program Planning for SMEs
担当教員 武富 為嗣 専任・客員 専任 単位数 2単位
開講学期 秋学期 開講曜日・時限 木曜日 1・2時限(隔週)
位置づけ プロジェクトマネジメントコース分野 ケーススタディー段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
本授業は、プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プログラム編)及び(プロジェクト編)、それに、企業改革プログラムマネジメントを履修した人を対象に企業改革にプログラム&プロジェクトマネジメントの実際への適用のスキルを磨くものである。授業は、中小企業の企業データ(出来るだけ、本校出身者の企業をケースとして採用する)を基に各々の企業の改革のスキーム構築の着眼点と過去の業績を見て、成功の要因、失敗の要因は何だったのか、どんな改革を進めたほうが良いかなどを参加者で討議し、企業経営や企業戦略と改革をどう結びつけるかを学習する。さらに、個々の学生が持ち寄るビジネス課題をケースとして発表してもらい、皆で討議し、実際の企業のケースと比較しながら、どういう場面やタイミングでどういう見方をしてビジネス課題を取り上げるべきか、注意すべき点は何かなどを明らかにし、企業経営全般を俯瞰しながら、改革プログラムの立案スキルを習得することを目的とする。
春、夏の授業で学習した課題解決のアプローチを用いながら、実際の企業の課題をあぶり出し、スキームモデルとして、改革の概念を明確にして、プロジェクトを立案計画するまでを行う。ケースを通じて、中小企業経営上の課題把握と、各自の課題をプロジェクト&プログラムの計画としてまとめるアプローチを習得するものとする
科目の目的 本授業は、プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プログラム編)及び(プロジェクト編)、それに、企業改革プログラムマネジメントを履修した人を対象に企業改革にプログラム&プロジェクトマネジメントの実際への適用のスキルを磨くものである。授業は、中小企業の企業データ(出来るだけ、本校出身者の企業をケースとして採用する)を基に各々の企業の改革のスキーム構築の着眼点と過去の業績を見て、成功の要因、失敗の要因は何だったのか、どんな改革を進めたほうが良いかなどを参加者で討議し、企業経営や企業戦略と改革をどう結びつけるかを学習する。さらに、個々の学生が持ち寄るビジネス課題をケースとして発表してもらい、皆で討議し、実際の企業のケースと比較しながら、どういう場面やタイミングでどういう見方をしてビジネス課題を取り上げるべきか、注意すべき点は何かなどを明らかにし、企業経営全般を俯瞰しながら、改革プログラムの立案スキルを習得することを目的とする。
到達目標 個別のケースを通じて、実際の中小企業が直面する課題に対処する場合、どういう観点で全体を把握すればよいか、どういうタイミングで、夏学期までに修得したツールやテクニック、アプローチなどを適用すればよいかなどのスキルを向上して、プログラムマネジャーとして、問題解決を進めることが出来るようになる
受講してもらいたい
院生
企業内でのいろいろな課題に問題意識を持ち、全体を見渡して解決策を導こうとする人
授業計画
1回 予習・復習 夏の改革推進プログラムの授業の全体像を再確認してから授業に臨むこと。受講後、自社の課題を関連して、課題を再確認する
授業内容 ビジネス課題の設定       
個別のビジネス課題の設定を行う改革推進のスキームモデル構築のアプローチに則った改革プログラムのスキーム構築から、プロジェクト立案までの進め方を解説する
2回 予習・復習 金型とは何かを予習しておくこと。受講後、金型業界の全体像を再確認する
授業内容 ケーススタディ(金型業界1)  
金型業界の複数の企業を例にとり、どんな経営がなされたか、企業毎にどんな経営上の違いがあるか、各々の企業でどんな改革を進めればよいか、などを討議する
3回 予習・復習 金型業界の全体像を確認しておくこと。受講後、課題の捉え方を再確認する
授業内容 ケーススタディ(金型業界2)  
第2回のケースの続きとして、改革を進める場合の考え方を例示し、どのような改革案を取り上げるべきか、その評価方法などを議論し、企業改革推進の基本的なアプローチとその場合の抑えるべき点について討議する
4回 予習・復習 自分であればどう解決するか案を持っておくこと。受講後、アプローチを再確認する
授業内容 ケーススタディ(金型業界3)  
金型業界の別の複数の企業を例にとり、どんな経営がなされたか、企業改革を推進する場合、どんな改革案をとれば良いか、どんな改革案がオプションとして考えられるかなどを討議する
5回 予習・復習 コンピュータソフト業界の業界内容を理解しておくこと。受講後、全体像を再確認する
授業内容 ケーススタディ(ソフト業界1)  
コンピュータソフトウェア業界の複数の企業を取り上げ、各々の企業の成長の成功要因、失敗要因などを取り上げ、どんな対策を打てばよかったのか、どんな戦略のもとに、どんな改革を推進すればよいかなどを議論する
6回 予習・復習 コンピュータ業界の階層構造を理解しておく。受講後、中小ソフト企業の一般的な課題を再確認する
授業内容 ケーススタディ(ソフト業界2)  
コンピュータソフトウェア業界の別の企業を取り上げ、どんな経営がなされたか、企業改革を推進する場合、どんな改革案をとれば良いか、どんな改革案がオプションとして、考えられるかなどを討議する
7回 予習・復習 ベンチャーとIPOの意味を理解しておく。受講後、再確認する
授業内容 ケーススタディ(ベンチャー企業経営者の講演)  
産総研ベンチャーを立ち上げて、経営する経営者をお呼びし、ビジネスとして取り
あげる技術の着眼点、実際の立上げの際の課題、顧客開拓のアプローチ、どんな
ことに気を使って、ベンチャーを立ち上げれば良いか、経営上の悩みなどを講演
してもらう
8回 予習・復習 自動車業界とそれにつながる部品業界の構造を理解しておく。受講後、部品会社の戦略立案のアプローチを再確認する
授業内容 ケーススタディ(IPOと挫折)  
急成長のベンチャー企業を例にとりあげながら、その成長要因挫折の原因、問題などを議論し、ベンチャー経営者が気をつけなければならない経営課題について議論する 
9回 予習・復習 自動車部品業界の利益構造を理解しておく。受講後、利益の把握に仕方と問題の把握の仕方を再確認する
授業内容 ケーススタディ(自動車部品1)  
自動車部品会社の戦略見直しと海外進出と生産販売戦略の立案のアプローチを追跡しながら、企業改革の着眼点の整理、基本的なアプローチの検討、討議を行う
10回 予習・復習 下請け中小企業のコスト改善の考え方を予習しておく。受講後、さらに拡大した視点での捉え方を再確認する
授業内容 ケーススタディ(自動車部品2)   
第9回の続きとして、全社改革を推進する場合の進め方などを引き続き、議論する
11回 予習・復習 課題を理解しておく。受講後、アプローチを再確認する
授業内容 個ケーススタディ(サービスイノベーション) 
サービス企業を取り上げ、縮小市場の中でのローコストの新しいサービス概念の立案とチェーン展開による事業の確立、などについて議論する
12回 予習・復習 サービス産業の課題の捉え方を理解しておく。受講後、捉え方を再確認する
授業内容 ケーススタディ(サービスイノベーションあるいは、最近の技術の動向)  
外部講師による講演ないしは、最近のITによるサービスイノベーションについて、事例を出しながら、今後の展開、そこへの参入や、現状ビジネスや社会構造への影響などについて議論する
13回 予習・復習 事前に自分の課題を把握しておく。受講後、アプローチを再確認する
授業内容 ケーススタディ(ネットベンチャーの日本での展開) 
北米で展開しているネットベンチャーの例を複数挙げて、国内で展開できないかを
ビジネスモデルの観点、日本市場への適応性などをもとに議論する
14回 予習・復習 事前に自分の課題を再度、把握しておく。受講後、再確認する
授業内容 個別課題項目       
個別課題の発表と考察討議を行う。参加者全員で討議する
15回 予習・復習 全体としての課題の捉え方、プログラムへの立案の仕方、解決へ導くアプローチを予習しておく。受講後、全体的な問題の把握の仕方、アプローチを再確認する
授業内容 ケーススタディ(まとめ)    
今までのケースを省みながら、企業が取り組むべき課題に共通点はないか、どんな点に注意すればよいか、プログラム構想における着眼点の重要性の理解、成功要因、失敗要因は何か、などを参加者全員で、議論する
授業方法 テキスト(ケース)と各個人の持ち寄る課題による、討議、発表により進めていく
テキスト パワーポイントなどの資料配布を行う。(内容によっては、回収する)
参考図書 特になし
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
授各自のケース討論への参加度合い、課題の発表内容、および、プロジェクト&プログラム計画としての最終的な出来栄え、発表回数、討議への参加と発言の内容を中心に各自、個別に評価する。(特にテストはしない)  各回とも、ポイントを突いた発言が出来ているかを評価する 60 %
(2) 討議内容や発表のでき具合 (20%)
(3) 討議をリードする積極的な参加(20%)
40 % 中間テスト及び期末テストはない。事業内での全体的な理解度を評価する
合計 100%  
受講生へ 事前に手交するケースを読んで、自分なりの意見を持ってから、参加する事。
基本的には、ケーススタディでの討論への参加、期間中のケースの発表、および他の人の発表に対する討論への参加を前提とする。各自が主体的にグループ討議や検討に参加し、出来たら、討議や授業をリードするような積極的な参加を期待する
その他 「プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プロジェクト編)」、「プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プログラム編)」、「企業改革プログラムマネジメント」、「プログラムマネジメント応用」を受講していることを前提とする
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.