特定課題研究発表会

特定課題研究の発表会は、修士論文に該当する特定課題研究(科目名:技術経営プロジェクト研究Ⅰ・Ⅱ)の最終試験を兼ねています。主査と2名の副査を前に、論文の概要をプレゼンテーションし、闊達なやり取りが展開されます。発表テーマに関心のある他の教員や院生に加え、院生の家族や職場の方々も発表の場に参加されています。質疑応答も含めて40分と、短い時間ではありますが、1年間の研究成果の発表とあって、発表者は何度も練習を重ね発表に臨みます。聴衆も大変熱心に聴き入っています。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

NIT MOT Letter

実務家教員が専門家の視点で、ちょっと変わった切り口でのTopicsを提供します。

専任教員

充実したMOT分野のエキスパートスタッフを集めています。

日本工大MOTとは

本大学院の5つの特徴や設立趣旨・目的などを掲載