3分でわかる経営革新事例 #7

経営者としての引き出しが増えた今、考えている事

  • 2017年 03月24日

代表である山代佳子(やましろ・よしこ)さんは、日々の業務に追われるうち市場における自社の立ち位置を見失いつつあることに気づき、日本工大MOTに入学することを決めました。

PROFILE

totoka(トトカ)

代表 山代 佳子 さん(11期生)

入院・通院中の女性に便利でやさしい衣類の開発から製造、販売までを行なうトトカ。
代表である山代佳子(やましろ・よしこ)さんは、日々の業務に追われるうち市場における自社の立ち位置を見失いつつあることに気づき、日本工大MOTに入学することを決めました。
一児の母でもある山代さん、経営と育児、そして授業の同時に行なうことは可能だったのでしょうか?
「地図も持たずに前進していた」と入学前の自身を振り返る山代さん。
日本工大MOTでの学びを通して、経営者としての引き出しが増えた今、考えている事とは…。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

活躍する修了生

修了生の声を参考に、これから入学を検討されている方も、既に入学されている方も、本MOTにおける目標設定や人生の目標設定などに役立てて下さい。

修了生の声

各選択コースの修了生に回答してもらっています。皆さん自身の気持ちも意識しながら、是非ご覧ください。

技術経営専攻

本大学院では、キャリアアップを目指すビジネスマンが「技術経営(MOT)」を学んでいます。どのコースにするか悩んだら専攻ナビをやってみよう!