MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

MOT(技術経営)とは

MOT(技術経営)とは

  • 技術経営(MOT:Management of Technology)とは、一言でいえば「技術を活かした経営」です。すなわち「技術に立脚する事業を行う企業・組織が、持続的発展のために、技術が持つ可能性を見極めて事業に結びつけ、経済的価値を創出していくマネジメント」です。技術版MBAと説明されることも多いようです。
  • Management of Technology(MOT)は、Technology Management、Engineering Management、Technology Innovation Management などとも呼ばれています。
  • 近年、AIやIoTをはじめとする情報技術が目覚しい発展を遂げており、これまでにない経済社会の大変革が予想されます。こうしたなか、イノベーションをめぐる国際競争は今、新しい段階に移行しつつあります。産業界において、MOTが果す役割はますます高まってくるものと思われます。

MOT(技術経営)の必要性

  • グローバル化とともに急速に経済環境が変化する中でマーケットを切り開くためには、新たなコンセプトを生み出し、無形の価値をビジネスに付加する戦略的マネジメントが必要となっています。
  • あらゆるビジネスが技術と関係し、かつ技術革新の進展によりますます技術が細分化・深奥化しています。その中で、新たな製品やサービス、ビジネスモデルを開発し経済活動を進めるうえで、技術と経営の本質を理解してマネージできる人材(MOT人材)の活躍が必須となっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.