MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

特別科目 技術と社会の先進動向

  • Advanced Trends of Technology and Social Inclusion
担当教員 清水 弘
三宅 将之
西尾 好司
専任・客員 専任
専任
客員
単位数 なし
開講学期 特定日開講 開講曜日・時限 土曜日 3・4時限
位置づけ 基礎段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
デジタライゼーション、ライフサイエンスといった技術の変化は益々早くなっている。一方でESG/SDGsやコレクティブ・インパクトといった社会課題解決への新しい考え方やアプローチが生まて来ている。技術と社会は相互に連関しながら変化していると言える。MOTを学ぶ上でこの技術と社会の変化を全体感をもって理解することは重要である。
科目の目的 技術面については、デジタライゼーションについてIoTやAIツールの実際を理解し、簡単な演習でこれらツールを使ってみる。またライフサイエンスについて最新動向を理解し、機械系企業を例にとって新たな機会を構想する。社会面については、最近のトピックスを理解し、それらが自社や自分に活動にどう影響してくるかを考える。といった今後の活動に向けて具体的なツールや示唆を提供する。
到達目標 早く変化し続ける技術と社会の動向を、自社の在り方、ビジネスの機会や変革の道具など、MOTの院生が実際に活用できる形で示すことで、技術と社会の変化が自社と自分にどう関係するかを実感を持って理解できるようになる。
受講してもらいたい
院生
デジタライゼーション、ライフサイエンス、ESG・SDGs、コレクティブ・インパクトといった、技術や社会のトレンドに関心がある院生
授業計画
1回 予習・復習 特別授業であり予習・復習は特に必要ない。
授業内容 社会課題解決と技術経営(三宅先生)
2030年を展望した社会課題(SDGs)を認識し、その解決に向けた姿勢を重視した活動を関係者の共感を得て推進するビジネリーダー像を探ります
・中堅・中小企業は新しいテクノロジーに向き合い、どのように貢献すべきか?
・どのように新規ビジネス創造に展開しうるのか?
2回 予習・復習 特別授業であり予習・復習は特に必要ない。
授業内容 ライフサイエンス・ヘルスケア最前線(外部講師)
・遺伝子・再生医療から合成生物学と脳科学へ。
・サイエンスを語るコンシューマーとブランド企業。
・機械系企業にとってのビジネス機会
3回 予習・復習 特別授業であり予習・復習は特に必要ない。
授業内容 デジタライゼーションのインパクトーIoT/AIからの進展(三宅先生、西尾先生、清水)。
半導体センサーと自動運転 -自動車・交通システムのつながる化(修了生)。
4回 予習・復習 特別授業であり予習・復習は特に必要ない。
授業内容 世界一のねじ博士によるデジタルシミュレーション ーつながる化のもう一つの側面として設計のデジタル化 (外部講師)
5回 予習・復習 特別授業であり予習・復習は特に必要ない。
授業内容 身近なIoT/AIツールのデモ、AWS(Amazon Web System)とプログラミング、使ってみようIoT (IoTの簡単なモデルを使ってデータ収集から分析までのフローを作るデモ)(修了生)
6回 予習・復習 特別授業であり予習・復習は特に必要ない。
授業内容 第5回と同じ内容。
授業方法 単位認定なしの特別授業。教員による説明、外部と修了生のゲストスピーカーによる事例紹介と、ディスカッションを通じ、最近のトピックスを理解し自社と自分にとっての意味合いを理解できるようにする。
テキスト パワーポイント資料配布(一部はプロジェクター映写)
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
単位認定のない特別授業のため成績評価は行わない。 0 %
合計 100%  
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.