MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

生産マネジメントⅡ

  • Production Management Ⅱ
担当教員 若槻 直 専任・客員 客員 単位数 2単位
開講学期 秋学期 開講曜日・時限 授業スケジュール参照 授業スケジュール参照
位置づけ オペレーション分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
工場現場の問題を発見し、その問題を解決するために、企業に的確な支援・助言ができる能力を修得する。
科目の目的 中小企業・小規模事業者に対して、工場の製造・事務の現場に関する問題発見を促し、自ら改善できるように導けるようになることを目的とする。
到達目標 ・工場診断の基本プロセスを理解し、QC手法による問題発見のスキルを修得する。
・製造システムの改善定石を理解し、支援・助言ができる能力を修得する。
・管理システムの改善定石を理解し、支援・助言ができる能力を修得する。
・中小企業・小規模事業者に対して工場改善の具体的な支援・助言ができることを目標とする。
受講してもらいたい
院生
中小企業経営などの経営コンサルタントを目指す院生
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:製造業を対象とした診断の要素を洗い出しておく。
復習:全社診断とリンクした工場診断の進め方をまとめる。
授業内容 工場診断の進め方(基礎)
全社診断から工場診断へ掘り下げる場合の進め方を示す。全社の経営課題と工場で抽出する課題とを連動させながら診断を進めることを強調する。
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:課題を持つ工場を想定し、どのような診断の切り口があるかを洗い出しておく。
復習:企業が持つ課題や規模に応じて効果的な工場診断計画を立てる方法をまとめる。
授業内容 工場診断の進め方(ケーススタディ)
ケースに基づいて、全社の経営課題に対応した工場診断をどう計画し、実施するかを討議し、効果的な工場診断の進め方について発表する。
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:QC手法やプロセスアプローチについて基礎事項を列挙しておく。
復習:QC手法等を事務業務や非製造業へ適用する場合の進め方をまとめる。
授業内容 品質問題とプロセスアプローチ(基礎)
QC手法・品質管理・プロセスアプローチの観点から問題を掘り下げる進め方を示す。事務業務や非製造業にも適用可能であることも強調する。
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:受講者が関与する企業や業務で発生している品質問題を列挙しておく。
復習:品質問題の解決手順と、必要となる人材や情報資源をまとめる。
授業内容 品質問題とプロセスアプローチ(ケーススタディ)
品質問題に関するケースを取り上げ、原因への対策とマネジメント面の対策を導出することを演習する。また中小企業・小規模事業者が自ら品質問題に取り組むように仕向けるための要点を発表する。
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:ISO9001の概要を調査しておく。
復習:ISO9001の要件と他のマネジメントシステム規格との差をまとめる。
授業内容 ISO9001に準拠したマネジメント(基礎)
ISO9001の基礎と、中小企業・小規模事業者へ適用する場合の留意点を示す。
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:受講者が関与する企業でISO9001を適用した場合の要点を列挙しておく。
復習:他のケースではマネジメントシステムの要点がどう変わるかをまとめる。
授業内容 ISO9001に準拠したマネジメント(ケーススタディ1)
中小製造業でISO9001に準拠したマネジメントシステムの運用を支援したケースを討議する。討議の結果から中小企業・小規模事業者に対してマネジメントシステムの運用を支援する場合の要点を発表する。
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:マネジメントシステム構築における中小企業・小規模事業者と大企業との差を想定しておく。
復習:マネジメントシステム構築の有効な進め方について大企業との差をまとめる。
授業内容 ISO9001に準拠したマネジメント(ケーススタディ2)
中小製造業でISO9001に準拠したマネジメントシステムを構築したケースに関して、有効な進め方について議論し、そのポイントを発表する。
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:段取替え・運搬等の改善手法を調査しておく。
復習:中小企業・小規模事業者におけるモノを扱うプロセスの改善手法をまとめる。
授業内容 モノを扱うプロセスの改善(基礎)
加工・組立・検査・運搬などモノを扱うプロセスに関して、段取替え・運搬・納期を切り口にしした改善の方法の要点を示す。分析や改善案策定には当事者を巻き込みながら進めることが重要であることを強調する。
9回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:受講者が関与する企業や業務でモノを扱うプロセスの改善を行うケースを想定する。
復習:中小企業・小規模事業者が自ら改善に取り組むには何が要点かをまとめる。
授業内容 モノを扱うプロセスの改善(ケーススタディ)
生産リードタイム短縮に取り組んだケースを使い、モノを扱うプロセスの改善を演習する。それを通じて中小企業・小規模事業者が自ら改善できるように誘導するポイントについて討議・発表する。
10回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:基礎的な情報改善の手法を調査しておく。
復習:中小企業・小規模事業者でよく使う情報改善の手法について進め方をまとめる。
授業内容 情報を扱うプロセスの改善(基礎)
工程設計、生産計画、作業指示、実績収集など情報を扱うプロセスの改善の方法と支援の要点を示す。情報は目で見えるようにすることが重要であることを強調する。
11回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:受講者が関与する企業や業務で情報改善の手法を使うケースを想定する。
復習:中小企業・小規模事業者が自ら改善に取り組むには何が要点かをまとめる。
授業内容 情報を扱うプロセスの改善(ケーススタディ)
情報の流れの改善に取り組んだケースを使い、情報を扱うプロセスの改善を演習する。それを通じて中小企業・小規模事業者が自ら改善できるように誘導するポイントについて討議・発表する。
12回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:原価管理や納期管理の基礎事項について調査しておく。
復習:中小企業・小規模事業者が使う原価管理や納期管理の手法について進め方をまとめる。
授業内容 原価と納期の管理システムの改善(基礎)
管理システムを改善することが製品の原価や納期の改善に結びつくにことを示す。実績・実態を正しく把握し、目標・標準と比較していくことが基本であることを示す。
13回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:受講者が関与する企業や業務で原価管理、納期管理を改善するケースを想定する。
復習:中小企業・小規模事業者が自ら改善に取り組むには何が要点かをまとめる。
授業内容 原価と納期の管理システムの改善(ケーススタディ)
製造原価の低減に取り組んだケースを使い、原価と納期の管理システムの改善を演習する。それを通じて中小企業・小規模事業者が自ら改善できるように誘導するポイントについて討議・発表する。
14回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:企業が使うITとその利用形態について調査しておく。
復習:中小企業・小規模事業者が使いやすいITの形態についてまとめる。
授業内容 管理システムと情報処理(基礎)
管理システムには情報処理が伴うが、手書き帳票、パソコン、パッケージシステムなど様々な処理方法があることを示す。
15回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:受講者が関与する企業や業務でITを活用するケースを想定する。
復習:中小企業・小規模事業者が自らITを使った改善に取り組むには何が要点かをまとめる。
授業内容 管理システムと情報処理(ケーススタディ)
情報システムのセキュリティ改善に取り組んだケースを使い、情報処理の改善を演習する。それを通じてデータ規模や人材に制限がある中小企業・小規模事業者での情報処理改善のポイントを討議・発表する。
授業方法 基本的な事項の確認と、ケーススタディを交互に行う。ケーススタディの回では、提示したケースについてのグループ討議結果を発表する。
テキスト 毎回、講義内容あるいはグループ討議するケースを記述した資料を配布する。
参考図書 適宜、紹介する。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
グループ討議の発表内容 40 % ケーススタディでのグループ討議の発表に対し、中小企業・小規模事業者の支援を想定し、具体的で有効な考察を含んだ内容を盛り込めたかを評価する。
グループ討議への参画度 60 % ケーススタディでのグループ討議の過程で、理論・基本思想および受講者自身のビジネス経験を盛り込みながら、討議内容を深めたかを評価する。
合計 100%  
受講生へ 工場現場に対する支援は具体性が重要である。具体的な支援や提言をするにはどうするかをケースを通じて考えて欲しい。
その他 全体で15回の授業である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.