MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

総合経営戦略策定と技術

  • Comprehensive management strategy and Technology
担当教員 佐々木 勉
高島 利尚
渡辺 英男
専任・客員 専任
客員
客員
単位数 2単位
開講学期 冬学期 開講曜日・時限 授業スケジュール参照 授業スケジュール参照
位置づけ 中小企業診断コース分野 ケーススタディー段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
経営戦略の形成からマーケティング・営業マネジメント、生産マネジメント等で学んできたことを、中小企業診断の実践においてどのように活用できるかをケーススタディを通して確認する。その中で、環境が大きく変化してきていることから、技術を軸に新産業の方向と中小企業における技術の活かし方についても検討する。
科目の目的 企業として好業績を維持・達成していくための経営戦略・経営計画を実行していく上で生じる経営課題について戦略的に解を出すための実務的なロジックの組み立てについて学習し、総合的かつ具体的なソリューションを提案できるスキルを修得する。
加えて、中小企業がこれまでに蓄積してきた技術力を活かし、新たな分野に進出するための考え方についても整理する。
到達目標 1.企業として好業績を維持・達成していくための重要戦略課題を設定できるようにする(経営診断手順を理解し、実践できるようにする)。
2.重要戦略課題を実現していくうえでの方策を設定できるようにする。
3.戦略(重要戦略課題とその実現方策)実行に向けての関係者に対する提言(プレゼン)を的確に実践できるようにする。
4.戦略構築において欠かせない企業連携の在り方について修得する。
5.現在所有する技術を如何に新分野で活用するかについて、方向性を考える視点を修得する。
受講してもらいたい
院生
中小企業経営などの経営コンサルタントを目指す院生で、経営診断の基本的な考え方をマスターされている人
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「経営戦略の形成」科目の「Ⅰ.経営戦略策定の基本的な手順」および他の科目での関連事項を再認識する。
復習:ケースの概要について確認してくる。
授業内容 講義:ケーススタディの進め方
演習:ケースの概要把握(収集した情報の整理)
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「経営戦略の形成」科目の「Ⅰ.経営戦略策定の基本的な手順」について確認してくる。
復習:作成した課題関連図を見直しする。
授業内容 課題関連図の作成(課題関連図の第1ステップ)の演習
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「経営戦略の形成」科目の「Ⅰ.経営戦略策定の基本的な手順」における「SWOT分析」について方法を確認してくる。
復習:演習で行ったSWOT分析について、その手順と考え方を確認しておく。
授業内容 演習:SWOT分析
   (課題関連図へのフィードバック含む)
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:課題関連図の作成方法(SWOT分析結果等も踏まえて)について確認してくる。
復習:演習で行った経営課題関連図の作成方法と留意点および重要戦略課題の選定の考え方について、再度確認しておく。
授業内容 演習:重要戦略課題の選定(経営課題関連図をふまえて)
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「経営戦略の形成」科目の重要戦略課題の設定手順、実現方策の設定手順と「実現方策図」の作成について確認してくる。
復習:演習で行った実現方策図の意義と考え方・手順について、ポイントを整理しておく。
授業内容 演習:重要課題の実現方策の選定と実現方策図の作成
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「経営戦略の形成」科目の「重要戦略概観図の作成」手順とそのポイントの確認
復習:講義でのまとめを振り返り、「重要戦略概観図の作成」手順とそのポイントについて、再度確認しておく。
授業内容 演習:重要戦略概観図の作成とその発表、まとめ
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「経営戦略の形成」科目の「機能戦略の考え方」を確認してくる。
復習:演習で作成した機能戦略について、より深く検討を重ねてみる。
授業内容 演習:機能戦略の作成
課題有無
課題フィードバック方法 全体へフィードバック
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:前回までの演習を通しての気になっていることなどを整理してくる。
復習:中小企業の診断実習においての考え方。手順。進めていくうえでの留意点など確認する。
授業内容 講義:ワークショップ形式にて、「経営戦略の形成」で学んだことの振り返り。
  (特に、実習に向けて留意点、ポイントなど)
9回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:企業の連携の目的・形態・事例を調べ、連携の有効性を考えておく。
復習:企業の連携のプロセスと注意事項をまとめる。
授業内容 企業の連携ケースを取り上げ、連携戦略、目標、連携後の活動について整理し、企業連携のスキームを理解する。
中小企業における経営戦略としての連携の有用性と連携支援・アドバイス上の注意事項についても理解する。
10回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:公的支援制度、異分野連携、農商工連携事例のWeb調査を行う。
復習:自社または想定企業の企業連携モデルを考えてみる。
授業内容 連携ケースについて多面的に検討して多様性を理解する。
公的支援制度や支援方法を理解する。
課題有無
課題フィードバック方法 その他 (当日、確認テストと課題(連携モデル例)を整理してフィードバックする)
11回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:身近な製品がどのような機能部品から構成されているかについて考えてみる。
復習:予習で考えてきた製品を再度機能部品に分けて整理してみる。
授業内容 技術を捉える4つの視点 技術の発展と社会的要請、技術の階層構造
12回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:工作機械ではどのようなデータを蓄積誌分析しておくと、その後の活用に活かすことができるかを考えてみる。
復習:予習で考えてきた工作機械について、再度どのようなデータを取り蓄積することが企業競争力になるかを検討する。
授業内容 技術を捉える4つの視点 データの蓄積と技術、プロセスと技術
13回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:IoTとは何かについて調べてくる。
復習:IoTの活用方法について考えてみる。
授業内容 IoTとスマートシステム① IoTの基本的な仕組みとその活用
14回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:身近なところにどのようなセンサーがあるかを考えてくる。
復習:今後、自分の仕事を進める上でセンサーがどのように活用できるかを考える。
授業内容 IoTとスマートシステム② センサーの役割とスマートシステム 
課題有無
課題フィードバック方法 その他 (個別と全体へのフィードバック)
15回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:植物工場と鼻何かについて調べてくる。
復習:植物工場に活かされている技術を4つの視点で考察する。
授業内容 精密農業と植物工場
16回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:第14回で提起された課題について考察する。
復習:他の発表を聴いたり学んだりしたことを踏まえ、考察した内容のブラッシュアップを図る。
授業内容 第14回に提起された課題の発表と質疑
授業方法 【総合】
本科目では、これまでに学習したことを活用して、事例についての分析や必要な図表等々を作成する演習が中心になる。
【企業連携】
9回~10回
・講義形式で企業の連携のモデルケース(事例)を紹介しながら、企業連携のスキームについて授業を行います。また、公的な中小企業の連携支援制度についての授業を行う。
・企業連携の事例をもとに連携のポイント・多様性を理解する。
・討議形式で、連携の目的・メリット・デメリット・活用方法を自ら考え、発表する。
【技術】技術視点については講義を中心に整理するが、新産業の検討にあたってはグループ討議も交えて行う。
テキスト 【総合】
1回目に配布する。
【企業連携】
9回~10回
・講義の初めに、テキスト、資料等を配布する。
【技術】
毎回、テキストを配布します。
参考図書 必要に応じて、適宜授業の中で紹介する。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
作成した図表等の視点の適切さや完成度などで評価する。 20 %
演習の中で、積極的に発言したり、グループワークでの指導力の発揮具合などを総合的に評価する。 40 %
課題レポートについて評価する。 40 %
合計 100%  
受講生へ 【総合】
春学期と夏学期で学習した内容をよく確認し、本科目を受講してほしい。
【企業連携】
9回~10回
・講義、事例、討議により、企業連携の有効性を理解する。
 また、中小企業政策についても触れて、中小企業支援の具体的な方法も学ぶ。
【技術】
最近の技術の発展に係る情報に留意する中で受講してほしい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.