MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

経営革新ビジネスモデル構築支援と国際化

  • Support of Building a business model for management innovation and Internationalization
担当教員 永吉 和雄
若槻 直
専任・客員 客員
客員
単位数 2単位
開講学期 冬学期 開講曜日・時限 授業スケジュール参照 授業スケジュール参照
位置づけ スキル関連分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
経営計画の代表である経営革新計画について総合的かつ実践的な支援・助言ができる技能を修得する。
科目の目的 中小企業・小規模事業者に対して経営革新の必要性を示唆し、経営革新計画の策定に対する助言とその実行支援ができるようになることを目的とする。
到達目標 ・経営革新におけるビジネスモデルの構築、経営資源の配分、またイノベーションの推進に関する成功要因を的確に理解し、経営革新計画のポイントを修得する。
・中小企業・小規模事業者が経営革新に取り組む際に、事業者の自律性を重視して、経営課題発見・解決のための的確で具体的な助言ができることを目標とする。
受講してもらいたい
院生
中小企業経営などの経営コンサルタントを目指す院生
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:経営革新計画を策定・実施した事例を調査しておく。
復習:経営革新が必要となる社内外の状況や類型をまとめる。また中小企業・小規模事業者自らが取り組むための要件をまとめる。
授業内容 経営革新の必要性(基礎)
経営革新が必要となる状況や要因を体系的に理解する。経営環境の変化により経営革新が必要となることを示し、適時に取り組むことが重要であることを強調する。また、経営革新計画には新規性・独自性が必要となることを強調する。
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:経営革新計画の類型とその事例を調査しておく。
復習:経営革新が必要な状況で、どんな方向の革新が有効かをまとめる。
授業内容 経営革新の必要性(ケーススタディ)
受講者が関わる事業をケースにしながら、どんな環境下で経営革新に取り組むのが効果的かを討議し、効果的な経営革新計画について発表する。
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:経営環境の変化にはどんなものがあるかを列挙しておく。
復習:経営環境の変化に気づくには日常どんな情報を収集しておくべきかをまとめる。
授業内容 環境変化の発見(基礎)
経営者に内的・外的な環境変化をいかに気づかせるかを示す。環境変化を抽出するツール例も紹介する。
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:受講者が関わる企業や業務で発生している環境変化を列挙しておく。
復習:中小企業・小規模事業者自らが環境変化に気づくにはどうしたらよいかをまとめる。
授業内容 環境変化の発見(ケーススタディ)
受講者自身の環境変化を例に模擬ヒアリングを行う。その過程から中小企業・小規模事業者が自ら環境変化に気づくための要件について討議し、発表する。
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:新たなビジネスモデルを構築する場合の手順を想定しておく。
復習:相談者の思いを引き出す有効な方法についてまとめる。
授業内容 ビジネスモデル構築実務(基礎)
新規性・独自性・実現性・市場性を備えたビジネスモデルの構築について相談者の思いを引き出しながら構築する実務上のポイントを示す。
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:受講者が関わる企業での新たなビジネスモデル案をまとめておく。
復習:ビジネスモデル案をブラッシュアップしていく時の要点をまとめる。
授業内容 ビジネスモデル構築実務(ケーススタディ)
受講者自身のビジネスモデルを例題としていかにブラッシュアップしていくかを体験する。
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:実行計画を構成する要素を列挙しておく。
復習:KPIや設備投資などとリンクした実行計画の策定手順をまとめる。
授業内容 実行計画の策定(基礎)
ビジネスモデルを実現していくための実行計画の重要性と具体的な内容を示す。実行計画をKPIや設備投資などと関連づけながら策定することを強調する。
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:ビジネスモデル案の実行に必要な要素を列挙しておく。
復習:中小企業・小規模事業者が自ら実行計画を立てる場合の要点をまとめる。
授業内容 実行計画の策定(ケーススタディ)
ケースに基づいて実行計画の策定を行う。ケーススタディを基に効果的な実行計画のポイントを討議し、発表する。
9回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:モニタリングに必要な要素を列挙しておく。
復習:KPIや実行状況を確認しながら課題を抽出するモニタリングの手順をまとめる。
授業内容 モニタリングの実行(基礎)
実行状況をモニタリングすることの重要性を示す。モニタリングによって実行上の課題抽出と課題解決を繰り返すことが重要であることを強調する。
10回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:モニタリングに中小企業診断士が参加する場合の進め方を想定しておく。
復習:モニタリングで抽出された課題の解決を支援するための要点をまとめる。
授業内容 モニタリングの実行(ケーススタディ)
ケースに基づいてモニタリングの実務を疑似体験する。それによって効果的なモニタリングのポイントを討議し、発表する。
11回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:経営革新計画の申請と認定の手順を調査しておく。
復習:経営革新計画の申請に必要な書類や受けられる支援策をまとめる。
授業内容 経営革新計画の認定と支援策(基礎)
経営革新計画の作成・認定および認定に関連した行政の支援策を示す。経営革新計画の最大の効果は行政の支援策が利用できることではなく、社内の行動のベクトル合わせに使えることを強調する。
12回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:経営革新計画の申請を支援する場合の作業を想定しておく。
復習:中小企業・小規模事業者に対する認定への気づきをどう誘導するかをまとめる。
授業内容 経営革新計画の認定と支援策(ケーススタディ)
新たなビジネスモデルの案をもとに経営革新計画の申請を演習する。それを通じて中小企業・小規模事業者に対してどのような支援が有効かを討議し、発表する。
13回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 【国際化】
予習:中小企業の国際化動向を調べておく。
復習:講義で説明した国際化支援に必要なフレームについて理解を深めておく。
授業内容 【国際化】
国際化① 
海外情報収集・分析、海外進出目的・目標の明確化、拠点の設立、販路構築、拠点経営、事業計画策定・見直し等について、対話形式で講義を行ない、適宜WEBでの情報収集を実践します。
14回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 【国際化】
予習:中小企業の東南アジア地域への進出動向を確認しておく。
復習:東南アジア進出において気を付けるべき基本的情報について理解を深めておく。
授業内容 【国際化】
国際化② 
特に東南アジアの状況について、進出を前提とした注意点について確認いたします。各国の状況について基本的な材料を提供し、議論の機会を創ります。
15回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 【国際化】
予習:海外進出事例の資料を読み込んでくる。
復習:事例企業の海外進出課題についての検討を行っておく。
授業内容 【国際化】
国際化③ 事例を理解した上で問題点、課題について議論し、解決方法の検討を行います。東南アジアへの進出企業の事例を予定しています。
16回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 【国際化】
予習:海外進出事例の資料を読み込んでくる。
復習:グループごとの発表を踏まえ、自グループの検討が不十分だった点について確認し、海外展開のポイントを整理しておく。
授業内容 【国際化】
国際化④ 事例研究の発表をグループ毎に行っていただきます。全員に発言していただきます。
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
授業方法 【革新】
基本的な事項の確認と、ケーススタディを交互に行う。ケーススタディの回では、提示したケースについてのグループ討議結果を発表する。
【国際化】
1回~2回、5回~6回
・海外情報収集・分析、海外進出目的・目標の明確化、拠点の設立、販路構築、拠点経営、事業計画策定・見直し等について、対話形式で講義を行ない、適宜WEBでの情報収集の実践をいたします。また、海外進出事例のケーススタディ、発表を行っていただきます。
テキスト 【革新】
毎回、講義内容あるいはグループ討議するケースを記述した資料を配布する。
【国際化】
1回~2回、5回~6回
 ・「国際化戦略についての基礎的知識」及び「東南アジア進出事例」についての参考資料を
  配布いたします。
参考図書 適宜、紹介する。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
【革新】
グループ討議の発表内容
【国際化】
課題レポートの内容
40 % 【革新】
ケーススタディでのグループ討議の発表に対し、中小企業・小規模事業者の支援を想定し、具体的で有効な考察を含んだ内容を盛り込めたかを評価する。
【国際化】
 ・レポートを1回提出いただきます。
【革新】
グループ討議への参画度
【国際化】
講義への参画度合
60 % 【革新】
ケーススタディでのグループ討議の過程で、理論・基本思想および受講者自身のビジネス経験を盛り込みながら、討議内容を深めたかを評価する。
【国際化】
1回~2回、5回~6回
 ・ワークショップ、発表を入れたインタラクティブな講義を行います。
  積極的な参加態度、議論への貢献を総合的に判断いたします。
合計 100%  
受講生へ 【革新】
経営革新は中小企業・小規模事業者に対する支援の中核となるものである。計画策定だけでなくモニタリングまで一貫して支援することを想定して取り組んで欲しい。
【国際化】
5回~8回
 ・議論の材料を提供いたします。積極的に意見交換を行い、受講生の方がたがお持ちの知見を共有し、ネットワークの大切さを知っていただきたいと考えます。
その他 【革新】
前半は土曜日の1時限から2時限又は1時限から3時限又は1時限から4時限の連続授業で、後半は火曜日や金曜日の1時限から2時限の連続授業で行う。
【国際化】
5回~8回
 ・特にありません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.