MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

ファミリービジネスと事業承継

  • Family Business and Business Succession
担当教員 小林 博之 専任・客員 客員 単位数 1単位
開講学期 夏学期 開講曜日・時限 木曜日 1・2時限
位置づけ 事業承継分野 ケーススタディー段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
日本企業の97%がファミリービジネスである中、ファミリービジネスの真の強みが十分に理解されていない。今後の日本の技術革新を支える企業の永続性を担保していく上では、ファミリービジネス経営の良さ、強みを理解し、これに携わる人たちが誇りを持ち、成長・持続を両立させつつ次世代あるいは第三者に承継することが極めて重要である。
科目の目的 本講座においては、ファミリービジネスと事業承継にかかる課題を適切に認識しつつ、有効な対応を進めるための知識と実践事例を知ることにより、自らの経営・事業運営に活かす能力を養う。
到達目標 ファミリービジネスの特徴をとらえ、その長所・短所を理解し、自らの研究や今後の業務に応用できる知識を習得すること。
事業承継の類型と考慮すべき点を理解すること。
受講してもらいたい
院生
・ファミリービジネスに在職する院生(経営者、後継者、ファミリー、ノンファミリー経営幹部など)
・ファミリービジネスと取引を行っている院生
・事業承継に関心を持っている院生
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 (予習)参考文献のリーディング
(復習)第1回配布資料を確認・復習すること。
授業内容 【ファミリービジネス概論1】
・ファミリービジネスとは
・ファミリービジネスの強み・弱み
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 (予習)参考文献のリーディング
(復習)第1回配布資料を確認・復習すること。
授業内容 【ファミリービジネス概論2】
・ファミリービジネス分析・課題発見のフレームワーク(スリーサークルモデル、パラレルプランニング等)
3回 予習・復習時間 2時間
予習・復習 (予習)参考文献のリーディング
(復習)第2回配布資料を確認・復習すること。
授業内容 ・ファミリービジネスにおける理念・ビジョンの重要性
・会社の一体感・求心力の確保
・100年企業経営における三方よし、SDGs思考の重要性
4回 予習・復習時間 6時間
予習・復習 (予習)課題図書を読み、2回終了時に提示する課題に取り組んでくること。
(課題)(中間レポート)クラスでの討議を踏まえた振り返りをメモにまとめること(第5回授業の際に提出)(第8回にて全体でフィードバック)
授業内容 ・ファミリーの観点から生じる課題
・ファミリーガバナンスとコーポレ-トガバナンス
・ファミリービジネスにおける第三者の視点の重要性
<ケーススタディ>
ファミリービジネスの経営に関する書籍(課題図書に指定)のリーディングを踏まえた討議を行う。
5回 予習・復習時間 2時間
予習・復習 (復習)ゲストスピーカーの話を踏まえ、自らへの学びを整理すること。
授業内容 事例研究:経営理念を受け継いでいくために新規ビジネスに取り組む
(徳島の自動車学校後継者がドローンスクール等を開設)
<ゲストスピーカー>
祖川 嗣朗氏(シンクスリー代表取締役)
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 (予習)参考文献のリーディング
(復習)第6回配布資料を確認・復習すること。
授業内容 ・事業承継:親族内承継と第三者承継
・事業承継におけるM&A
・事業承継M&Aにおける買い手・売り手の責任・アドバイザーの活用法
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 (予習)参考文献のリーディング(特に女ヶ沢氏の書籍)
(復習)第7回配布資料を確認・復習すること。
授業内容 ・自社株の承継にかかる課題と対応
・自社株評価
・事業承継計画と事業承継税制
<ゲストスピーカー>
 女ヶ沢亘氏(税理士;ファミリービジネスアドバイザー)
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 (課題)(最終レポート)8回を通じて学んだこと、自分の業務・経営に何を活かしていくかをレポートにまとめる(A4×2枚程度)(個別フィードバック)
授業内容 【総括】
・ファミリービジネスの永続化戦略
・永続的に発展する企業を創るためのポイント
・全体の振り返り、学んだことの総括
授業方法 講義、グループディスカッション、ゲストスピーカーの講演、課題図書を通じての議論などを併用し、極力インタラクティブな学びの場とする。
テキスト 各回ごとにパワーポイント形式のテキストを配布
課題図書(第4回 ケーススタディに使用)
「破綻 バイオ企業・林原の真実」(林原 靖)(ISBN978-4-89831-409-8)
参考図書 ※西川 盛朗 「長く繁栄する同族企業(ファミリービジネス)の条件」(日本経営合理化協会出版局)(ISBN978-4-89101-317-2)
ランデル・カーロック、ジョン・ワード(著)、階戸 照雄(訳)「ファミリービジネス 最良の法則」(ファーストプレス)(ISBN978-4-904336-81-6)
後藤 俊夫(監修)、落合 康裕ほか(編集)「ファミリービジネス白書 2018年版」(白桃書房)(ISBN978-4-561-26712-6)
※女ヶ沢 亘 「家族円満で進める事業承継成功術」(幻冬舎 経営者新書)(ISBN978-4-344-92165-8)
新居佳英、松林博文(著)「組織の未来はエンゲージメントで決まる」(英治出版)(ISBN978-4-862-76266-5)
(※の2冊は、参考図書ではあるが精読されることを強く薦める。)
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
授業(演習・ディスカッション)への参画姿勢 50 % 単に出席だけではなく、クラスディスカッションへの参加度、貢献度等を総合的に評価
中間レポート 20 % 書籍のリーディングを踏まえたクラス討議を行った上で、自身の考えやクラス討議の結果を踏まえ、同社の経営課題とそれに対する対応策をまとめる(A4×2枚程度)
最終レポート 30 % 8回を通じて学んだこと、自分の業務・経営に何を活かしていくかをレポートにまとめる
(A4×2枚程度)
合計 100%  
受講生へ ファミリービジネスに携わる受講生が、ファミリービジネスについて高い誇りを持ち事業や業務に臨んでいけるようなコンセプトを提供したい。本講座は特にクラスディスカッションを重視するので、主体的・積極的に参加されたい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.