NEWS

「2030年の社会・テクノロジー研究会」 開催予定(4/21)

  • お知らせ
  • 2021年04月03日

本研究科では、下記の通り「2030年の社会・テクノロジー研究会」を開催いたします。修了生、教員以外に学外の方もご参加いただけます。ご参加を希望の方は下記開催概要をご確認の上、事前にお申し込みください。

【第23回】 2030年の社会・テクノロジー研究会(オンライン開催)


日 時: 4月21日(水)20:00 - 21:30
テーマ:「ものづくり中小企業の宇宙ビジネス奮闘記(長野編)」
報告者:羽生田豪太様(株式会社 羽生田鉄工所 代表取締役社長)

 

羽生田様コメント:「羽生田鉄工所は、長野県長野市にある鉄工所です。溶接技術を強みとし、圧力容器の製造販売を進めておりますが、当社がどのようなきっかけで宇宙産業に関わり、現在どのような活動を進めているかについてお話いたします。」

 

参加を希望する方は、4月16日(金)までに下記URLの申込フォームに①氏名、②所属、③メールアドレスを明記の上、お申し込みください。
(※注) 4月16日(金)を過ぎると、事務運営上、Zoom会議参加のためのID/PWがご案内できませんのでご理解ください。
https://bit.ly/3fr2y8U
申込フォームに登録されたメールアドレスあてに4月17日(土)にZoomの案内を出す予定です。
なお、参加無料です。
 

◆「2030年の社会・テクノロジー研究会」について◆

  ・SDGsについて、中小企業の視点でも理解を深め、価値創造とリスク管理の両面で企業活動としてテクノロジーを活用し具体的にどのように取り組み貢献すべきかについて様々な角度から意見交換

・社会課題に向き合い、最新テクノロジーの動向の研究と共に、その活用・実践を志向し、オープンで、自由度の高い「研究会」活動として実施

CONTENTS

おすすめコンテンツ

NIT MOT Letter

実務家教員が専門家の視点で、ちょっと変わった切り口でのTopicsを提供します。

専任教員

充実したMOT分野のエキスパートスタッフを集めています。

コラム