MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

創業・ベンチャービジネスモデル構築支援

  • Support of Building a business model for Establishment and venture business
担当教員 高島 利尚 専任・客員 客員 単位数 2単位
開講学期 秋学期 開講曜日・時限 火曜日 1・2時限
位置づけ 中小企業診断コース分野 応用段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
Society5.0の実現が日本再興戦略の主題となり、従来とは異なる発想による新たなビジネス創出が期待されている。一方、経営者の高齢化等による廃業者(廃業予定者)増加に伴い、国の政策においても開業率10%を目標としているように、日本の産業活性化に向けて、創業支援は必須の課題になっている。
科目の目的 1.創業希望者の思いの整理をして、経営に求められる基本的知識とノウハウ、ビジネスプラン作成のポイントを理解してもらい、ビジネスプランの作成支援をできるようにする。
2.創業希望者、創業者等の相談対応において、的確な対応をとれるようにする。
到達目標 創業・ベンチャー支援におけるビジネスモデルの構築、また経営資源の確保・充実に関する成功要因を的確に理解し、創業・ベンチャー支援のポイントを修得する。
創業・ベンチャーに関し、窓口相談等、簡易的な助言を実施する際、相談者の自律化を重視して、経営課題発見・解決のための的確な助言ができる。
受講してもらいたい
院生
中小企業経営などの経営コンサルタントを目指す院生で、創業支援に関心を持つ人。
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「創業」とは何かについて考えてくる。
    中小企業白書にて、創業に関する部分を整理する
復習:「創業の思いの整理」を行う際の留意事項を整理する。
授業内容 講義:創業者の思いの整理
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「経営戦略の形成」にて作成した戦略構想を再確認してくる。
復習:演習を踏まえ、「創業の思いの整理」を行う際に留意すべき事項について加筆してみる。
授業内容 演習:「創業の思い」の整理
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:創業におけるビジネスプランを立てる上で求められる要件を整理してくる。
復習:学習した「ビジネスプランの立て方」を基に、仮に自分が創業する場合の関連情報を整理してくる。
授業内容 講義:ビジネスプランの立て方
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「経営戦略の形成」にて作成した戦略構想を再確認してくる。
復習:「自分のビジネスプラン」を作成した際の問題点歩を踏まえ、ビジネスプラン作成支援で留意すべき事項を整理する。
授業内容 演習:自分のビジネスプランを作成する
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:創業者が抱える問題点・課題について考える。
復習:
授業内容 講義:創業者への助言   創業希望、創業準備 開業、開業後にわけて
演習:(他人紹介)お互いにインタービューしあう
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:創業者が抱える問題点・課題について、再度考えてくる。
復習:創業者へのインタビュー演習を踏まえ、インタビューの際の留意点を整理する。
授業内容 演習:個々にインタービューした結果をまとめる(創業動機、創業に向けての助言等)。全員個別発表
課題有無
課題フィードバック方法 全体へフィードバック
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:創業希望時、創業準備時、開業時、開業後などに分けて、助言方法の違いを考えてくる。
復習:演習を踏まえ、創業の段階別に助言内容・方法の違いについて整理する。
授業内容 演習:創業の段階別に、助言方法について考える。
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:創業事例①(第6回時に提供)を読む。
復習:創業事例①に係る演習内容のブラッシュアップを行う。
授業内容 演習:創業事例①を踏まえて、創業前、創業準備、創業後における助言について考える。
9回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:創業事例②(第8回時に提供)を読む。
復習:創業事例②に係る演習内容のブラッシュアップを行う。
授業内容 演習:ゲストスピーカーに対する相談対応(ヒアリング)
演習:創業事例②を踏まえて、創業前、創業準備、創業後における助言について考える。
10回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:創業事例②(第8回時に提供)を読む
授業内容 演習:創業事例②を踏まえて、創業前、創業準備、創業後における助言について考える。
    (成功要因を考える)
11回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:事例②を通しての気づき、疑問等を整理する。
復習:創業事例②の演習等を踏まえ、創業者への助言のポイントについて再確認する。
授業内容 演習:事例②の創業者(ゲストスピーカー)に対する相談対応
12回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:創業事例①~②で学習したことを振り返ってくる。
復習:創業希望者への助言も含めた相談対応のポイントについて整理する。
授業内容 講義(ワークショップ型):創業者への相談対応のポイント
               創業希望者への動機づけとビジネスプラン構築支援のポイント
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
13回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:創業事例③(第10回時に提供)を読む
復習:創業事例③について、創業の成功要因を踏まえつつ、今後の展開に係る課題を整理してみる。
授業内容 演習:創業事例③の成功要因を考える。
    今後の課題を提言する
14回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:本科目でこれまでに学習した内容・ポイントを確認してくる。
復習:創業者への助言のあり方を総合的に整理する。
授業内容 演習:ワークショップ形式にて、創業者への助言のあり方を考える
15回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:本科目でこれまでに学習した内容・ポイントを確認してくる。
復習:創業者への助言のあり方を総合的に整理する。
授業内容 講義:まとめ:創業者支援の考え方と留意点
授業方法 講義と演習(ワークショップ型等)
テキスト 授業ごとに資料を配布する
参考図書 適宜推薦する。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
課題レポートの内容の評価 50 % 課題レポートは演習内容に即して二回出す。第6回と第12回。
授業への参画度 50 % 講義時における質疑、演習時における積極的な関与と取りまとめへの内容的貢献など。
合計 100%  
受講生へ 中小企業のコンサルタントの場合、創業支援の仕事につくことも多いので、本科目の内容を体得してほしい。
その他 11月の火曜日の1時限と2時限を中心に、一部金曜日や土曜日に授業を行い、12回まで進める。13回~15回は12月の土曜日に連続授業で行う。全15回の授業です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.