MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

MOT概論

  • Overview of MOT
担当教員 小田 恭市
佐々木 勉
清水 弘
浪江 一公
水澤 直哉
三宅 将之
髙篠 昭夫
萬代 憲司
平川 淳
中村 明
五十嵐 博一
専任・客員 専任
専任
専任
専任
専任
専任
専任
専任
専任
専任
専任
単位数 2単位
開講学期 春学期 開講曜日・時限 土曜日 5・6時限
位置づけ 知識関連分野 基礎段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
中小企業を対象にしたMOT(Management of Technology)は、技術を活かす事の出来る中小企業経営者幹部(ジェネラルマネージャー)を育成することと言い換えることが出来る。したがってその対象となる領域も企業活動全体に関わる広いものとなる。この全体像を初期に体系的に理解することは、効果的な学習と研究のためにも重要である。
科目の目的 MOTの全体像を体系的に理解し、今後の学習と研究で自分が伸ばしたい部分補強したい部分についての課題設定を行う。加えて、専任教員が1コマづつ担当領域の講義を行う授業であり、専任教員とのネットワークづくりも行えるようにする。
到達目標 MOTの対象領域の体系的に理解し、修了後の活動の想定とそれを実現する上での自分の強みと弱みの把握を行う。また今後のMOTの学習と研究で伸ばし補強する領域の把握と課題設定を図る。
受講してもらいたい
院生
MOTの対象領域を体系的に理解し、専任教員とのネットワークづくりを行いたい院生(中小企業診断コース対象)
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:シラバス全体を読み全体構成を理解する。事前配布のテキストを一読する。
復習:授業を参考に自分なりに技術経営のフレームワークを描いてみる。
授業内容 全体カリキュラムの紹介、技術経営の基本
カリキュラム全体の紹介。経営・戦略論から技術経営への歴史的経緯を理解の上、ポジショニングとコアコンピタンス、マーケティングとイノベーション、価値連鎖とプラットフォーム、技術と技能、権利化と秘匿化、リーダーとマネージャーといったマネジメント要素の対比と関連付けて、技術経営のフレームワークを学ぶ。(清水)
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:国家プロジェクトから会社の特命業務まで、自身の周りで行われている失敗したプロジェクトを一つ取り上げ、どうして失敗したのか?どのようにすれば成功できたのかを考えてみる。
復習:予習で考えた失敗のプロジェクトと授業で得た情報から、良いプロジェクト活動とは?良いプロジェクトリーダーとは?を自分なりに定義をしてみる。
授業内容 プログラム&プロジェクトマネジメント(プロジェクト編)
中小企業でも新規事業、海外進出等設備投資が絡む各種プロジェクト活動が活発に行われている。しかしその実態はプロジェクト後も負の部分を引きづるものが多くある。診断士と知っておくべき上手いプロジェクトの進め方、プロジェクトマネジメントの観点、プロジェクトの診断のポイント等を学ぶ。(高篠)
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:現在所属する(あるいは過去に所属した)企業の現状の姿と将来のあるべき姿を想定し、あるべき姿の実現に必要な取組むべき課題群を考えてみる。
復習:授業で学んだプログラムマネジメントの概要と活用方法を踏まえ、予習で考えた課題群を解消し、あるべき姿を実現するために必要なプログラムと実行のための戦略を考えてみる。
授業内容 プログラム&プロジェクトマネジメント(プログラム編)
中小企業の事業環境は、国内外の情勢を背景として常に変化している。そのような状況の中で、企業価値を維持し、時代の変化に適した価値の提供をしていくためには、P2Mの枠組みを利用したプログラムマネジメントが有効となる。本講義では、中小企業経営への活用を念頭に、プログラムマネジメントの概要、活用方法などについて学ぶ。(中村)
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:近年における中小企業の新技術開発、新製品開発などの動向を新聞情報、中小企業支援機関情報で把握しておくこと。
復習:授業内容を踏まえて、中小企業活性化のために活用できる外部の機関・人材を探索してみる。
授業内容 中小企業活性化の枠組みと外部経営資源の活用方向
本コマでは、中小企業経営における経営理念・目標、戦略・戦術を踏まえた経営計画策定のあり方について学ぶ。策定にあたっては、経営資源の乏しい中小企業を前提に、シーズよりもニーズ、外部経営資源を活用に留意したものとする。(小田)
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:マーケティングとは何か? 自分なりの定義を表現してくる。
復習:変革の時代の特徴と経営展開の前提条件、そして価値創造経営の決め手としてのマーケティングの本質に関し洞察を深め、徹底した顧客視点で事業を推進する経営感覚を自らの経営感覚の中に確認する。
授業内容 変革の時代を拓く価値創造戦略の本質(顧客視点でのイノベーション実現に向けて)
変革型経営リーダーとして、マーケティングの本質的理解を通じ、徹底した顧客視点で事業を推進する経営感覚を磨き上げ、事業変革の礎にする事の重要性に関し、理解を深める。(水澤)
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:受講生の所属組織の経営理念・戦略と会計の関係について理解してくる。
復習:価値創造、経営と会計、そして職業倫理についてポイントを整理する。
授業内容 経営理念・戦略と会計 ~ 価値創造・職業倫理の原点を踏まえて
価値創造とは何か?会社や経営者の本質、会計の役割と職業倫理の重要性の理解を通じて探りたい。このテーマに対して、国内外の経営者や思想家は、どのように考え取り組んだかも紹介する。(三宅)
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:変化の時代に求められるリーダー像について考えておく。
復習:傾聴のスキルを実際に試してみる。
授業内容 変化の時代に求められるリーダーシップ
私たちを取り巻く状況は益々不安定・不確実な時代になってきている。このような環境変化の中で求められるリーダーシップの方向性について、代表的なリーダーシップ論も含めて考察する。リーダーシップスキルの中でも重要な一つである「傾聴」について理解を深める。(萬代)
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:自社の新商品開発方針、成長戦略をあらかじめ検討しておく
復習:講義で習得したノウハウ、スキル、教訓を自社で活用できるように考える。
授業内容 新製品・新事業開発法、営業マネジメント、グローバル化と標準化
中小企業が、成長してゆくためには、差別化されたユニークな新商品の開発、独自の販売方法を構築するとともに海外に目を向けグロバル化を推進しなければならい。そのためには、新しい視点と、グローバルな視点を持った人材を確保し育成してゆくかが重要になる。自分の経験とノウハウを通じてグローバル人材が育つように指導する。(平川)
9回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:どのような視点を持てば、自社が提供する顧客価値を拡大できるか?
復習:講義で習得した内容を、自社で活用できるように考える。
授業内容 オペレーションマネジメントと顧客価値拡大
オペレーションマネジメントの全体像(広義)を議論した後、オペレーションマネジメントを考える上での出発点である顧客価値拡大について、グループワークを通じて考える。(浪江)
10回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:SWOT分析、クロスSWOT分析、製品市場マトリクスなどのベーシックなフレームワークを理解しておく。
復習:さまざまな企業を題材にして、経営分析や事業計画立案を試みる。
授業内容 中小企業の経営分析と事業計画立案
中小企業の実状を踏まえた実践的な経営分析手法と、経営改善のための事業計画立案の手順を学びます。SWOT分析、クロスSWOT分析、製品市場マトリクスなどのベーシックなフレームワークを実戦で使いこなせるようになることを目指します。(五十嵐)
11回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:1~11回の授業内容を振り返り体系化を図ってみる。
復習:最終課題の検討を行う。
授業内容 全体まとめと最終課題説明(清水)
11回の授業の振り返りと最終課題の説明。
1回~10回と12回で学んだMOTの各分野を見渡す中から、コンサルタントとして知どのような面で競争力を身に着けるかについて検討する。(佐々木)
XXXXXXXXXXXXXXX
12回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:自社の主要事業と深い関係がある拐取・機関を整理してみる。
復習:自社の経営を見渡す上で最初に作成すべき図を作成してみる。
授業内容 見渡す経営について
13回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:国勢調査結果から推定されている人口予測について調べてくる。
復習:居住自治体の将来推計人口を調べる。
授業内容 国勢調査や経済センサスなどの統計資料の見方
14回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:RESASについて調べてくる。
復習:自分の関心のある地域の経済状況をRESASを用いて調べてみる。
授業内容 待機経済分析システムの構成と使い方について
15回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:経済センサスの集計結果をダウンロードして、自分が居住している自治体の産業構造を分析してみる。
復習:自分の勤務先の経済的特徴をRESASから調べてみる。
授業内容 地域経済分析システムを用いて演習を行う。
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
授業方法 専任教員が1コマづつ担当領域の講義を行う授業であり、教員の授業の進め方に合わせて講義、演習、グループやクラスディスカッションの組合せで進める。
テキスト 各教員がテキストを配布する。
参考図書 各教員が紹介する。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
内容の理解と適用 60 % 最終課題レポートでの授業内容の理解と自分の今後の活動への適用を評価
1 10回の授業内容のそってMOTの対象領域をカバーすることが出来る自分なりのフレームワークを作成する。
2 今後の自分の活動を想定してみる(仮置き可)。その実現のための自分のSWOT分析(クロスSWOT)を行う。
3 自分のSWOTを伸ばし補強するためにMOTでの学習と研究を如何に活かすか。課題設定を行う。
授業への参画姿勢 40 % 質問・コメントやディスカッションなどの積極性とクラスへの貢献を評価
合計 100%  
受講生へ MOTの全体像を体系的に理解し自分なりの課題設定するするとともに、専門性をもつ専任教員とのネットワークも持つことは、今後の学習と研究において重要である。ぜひ積極的に機会を活用してください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.