MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

中小企業のプログラム立案ケーススタディ

  • Case Study on Program Planning for SMEs
担当教員 中村 明 専任・客員 専任 単位数 2単位
開講学期 秋学期 開講曜日・時限 木曜日 1・2時限(隔週)
位置づけ プロジェクトマネジメントコース分野 ケーススタディー段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
中小企業は社会の変化に企業経営を対応させつつ、市場・顧客のニーズに応えていく必要がある。また、持続的経営には、自社の経営基盤の強化と競争力の維持が不可欠であり、継続的な経営革新の努力が欠かせない。中小企業は、自社の経営課題と社会のパラダイムシフトなどを踏まえながら、様々な形での経営革新の実現のため、戦略を立案し、それを実行していくことが重要である。本科目では、経営者の視点から、自社の課題を把握して、経営革新のためのプログラム立案の方法について、ケーススタディを通じて習得することを目指す。
科目の目的 中小企業の経営課題と社会のパラダイムシフトを考えながら、自社の経営革新のためのプログラムをどのように立案するのか、様々なケースを学びながら、その方法とプロセスを理解し、実践で活用できるようになることを目的とする。
到達目標 自社あるいは、自分が抱える課題を踏まえ、実際に経営革新のためのプログラムの立案ができるようになり、プログラムマネジメントを経営の視点から実践で応用できるようになることを目標とする。
受講してもらいたい
院生
実際の経営に経営者あるいは、幹部として参加している院生、企画担当で新しい事業展開、技術革新などの取り組みを担う院生、新しいビジネスモデルで起業したい院生、など。
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 夏学期のプログラム&プロジェクトマネジメントの応用の授業の全体像を再確認してから授業に臨む。受講後、自社の現状の課題を再確認する。
授業内容 経営革新とプログラム
ビジネス課題の設定とその実行のための構想・企画のためのスキームモデル構築のアプローチを学ぶ。
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 SWOT分析、PESTEL分析など、自社の内部環境、外部環境分析について、夏学期のプログラム&プロジェクトマネジメントの応用の講義資料の該当部分などにより、理解を確認しておく。受講後、自社についてのSWOT分析、PESTEL分析結果を完成させる。
授業内容 演習1 ビジネス課題の設定と自社分析/外部環境分析
自社のビジネス課題を設定し、その上でSWOT分析、PESTEL分析により自社の内部、外部の環境を分析する。
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 自社の技術と社会の課題について、自分自身の問題意識を整理してから授業に臨む。受講後、今後の社会への貢献の観点から、自社の経営革新に必要なことは何かを整理する。
授業内容 中小企業の技術と社会ニーズ
様々な事例より、中小企業が有する様々な技術と社会のニーズ、社会的課題の解決がどのようにつながっているのか、そのつながりと今後中小企業が社会への貢献をどのように考えるべきか、について理解する。
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 事前に配布するケースの資料に目を通し、自分なりの問題意識を持って授業に臨む。受講後、ケースとクラスでの議論から学んだことを復習する。
授業内容 事例(ケーススタディ) 議論
ケースの内容は、受講者が設定するビジネス課題の内容により決定。
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 ゲストスピーカーの事前配布資料などに基づき、予め講演の内容につき、自分自身の問題意識を持って臨む。受講後、講演内容の理解を確認しつつ、自社の経営革新への示唆となる部分について考えてみる。
授業内容 ゲストスピーカー
ゲストスピーカーによる講義と内容に関する質疑、ディスカッション
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 自社のICT技術活用についての問題意識を整理して、授業に臨む。受講後、自社の経営革新おけるICT技術の活用について考えてみる。
授業内容 経営革新とICT技術
ICT技術の導入による経営革新の事例を学ぶとともに、昨今のICT技術の進展によるパラダイムシフトを理解する。
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 事前に配布するケースの資料に目を通し、自分なりの問題意識を持って授業に臨む。受講後、ケースとクラスでの議論から学んだことを復習する。
授業内容 事例(ケーススタディ) 議論
ケースの内容は、受講者が設定するビジネス課題の内容により決定。
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 ゲストスピーカーの事前配布資料などに基づき、予め講演の内容につき、自分自身の問題意識を持って臨む。受講後、講演内容の理解を確認しつつ、自社の経営革新への示唆となる部分について考えてみる。
授業内容 ゲストスピーカー
ゲストスピーカーによる講義と内容に関する質疑、ディスカッション
9回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 社会への貢献という側面より自社の活動・経営について予め考えて、自分なりの問題意識を持って授業に臨む。受講後、自社の経営に取り入れる部分がないか、あるとすればどのようなアプローチとなるかを考えてみる。
授業内容 CSR/CSV/SDGs/ESG投資
企業価値と社会への貢献の最近の動きを知るとともに、自社においてどのような戦略、アプローチがあり得るのか、について考える。
10回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 ゲストスピーカーの事前配布資料などに基づき、予め講演の内容につき、自分自身の問題意識を持って臨む。受講後、講演内容の理解を確認しつつ、自社の経営革新への示唆となる部分について考えてみる。
授業内容 ゲストスピーカー
ゲストスピーカーによる講義と内容に関する質疑、ディスカッション
11回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 人材育成、人材活用に関連して昨今社会で話題になっていることについて調べ、自分自身の考えを持って授業に臨む。受講後、人材活用や企業風土に関連する自社の課題を考える。
授業内容 人材マネジメント・企業風土
人材育成、人事制度、人材活用にかかる新しい課題(女性活躍、高齢者・外国人労働者活用、障害者差別解消法への対応など)および活力ある職場の実現に向けた企業風土などについて、理解を深める。
12回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 自社の経営革新のためのプログラムの概要を考えておく。ロジックモデルについて夏学期のプログラム&プロジェクトマネジメントの応用の講義資料などにより確認しておく。受講後、ロジックモデルを完成させる。
授業内容 演習2
本授業で取り上げたケースや社会のパラダイムシフトも踏まえ、最初に設定した自社のビジネス課題の解決のための経営革新プログラムを構想し、戦略、前提条件などを整理の上、ロジックモデルにまとめる。
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
13回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 夏学期のプログラム&プロジェクトマネジメントの応用の講義資料などにより、バランススコアカードの理解を確認しておく。受講後、自社の経営革新プログラム案を発表用にまとめる。
授業内容 演習3
演習2で設定したロジックモデルに基づき、バランススコアカードを作成する。
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
14回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 各自の発表内容をまとめ、発表のポイントを整理しておく。受講後、質疑応答で指摘された内容も踏まえ、提出課題をまとめる。
授業内容 発表とディスカッション
15回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 全体としての課題の捉え方、プログラムへの立案の仕方、解決へ導くアプローチを予習しておく。受講後、全体的な問題の把握の仕方、アプローチを再確認する。
授業内容 全体の振り返りと総括ディカッション
中小企業のプログラム立案の方法とプロセス、授業で取り上げたケース、昨今のパラダイムシフトなどを振り返りながら、受講生全員で今後の発展に向けた総括的ディスカッションを行う。
授業方法 テキスト(ケース)と各個人の持ち寄る課題による、討議、発表により進めていく。ゲストスピーカーの講演より、実際の事例や問題点を理解する。
テキスト パワーポイントなどの資料配布を行う。
参考図書 特になし
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
ケース討論への参加度合い、課題をリードできる発言や発表内容、発表回数、討議への参加と発言の内容(経営の視点から課題を的確に捉えているか、ポイントを突いた発言が出来ているか、など)を評価する。 60 %
提出課題の内容で評価する。 40 %
合計 100%  
受講生へ 事前に手交するケースを読んで、自分なりの意見を持ってから、参加すること。ケーススタディでの討論への参加、期間中のケースの発表、および他の人の発表に対する討論への積極的な参加を期待する。
その他 「プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プロジェクト編)」、「プログラム&プロジェクトマネジメントの基礎(プログラム編)」、「企業改革プログラムジェクトケーススタディ」、「プログラム&プロジェクトマネジメント応用」を受講していることが望ましい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.