#修了生の声

中村 靖雄さん

自身の殻を打ち破る 濃密無二の一年間

第11期生(2015年度)

株式会社ナカムラ建工/代表取締役

創業50年の建設会社の二代目として、100年企業を目指して事業の多角化に取り組む。

#Interview

社会人大学院・日本工大MOTを選んだ理由

家業の建設会社を継いだものの経済や経営に関して本格的に学んだ経験が無かった為、独学のままで会社経営をする事に限界を感じていました。そんな時にNIT-MOTのことを知りオープンキャンパスに参加しました。教授陣の熱意溢れる授業と実学に重きを置くという校風に感銘を受け挑戦しようと決意しました。

在学中に何を学んだ(得た)か?

事業戦略や企画立案などの場面で、多角的な検討手法を用いることで実現性の高いものができるようになりました。また企業にとって最も大事なことは「生きた経営理念」であることを学びました。様々な授業で行われるでディスカッションでは、職種や立場の違う仲間から多くの触発を受けました。チームコーチングの授業で学んだ手法は現在の組織運営にも生かされています。

仕事やキャリアの上で何が変わったか?

修学前まではビジネスのアイデアはあってもなかなか事業化するまでの道筋を作り上げることができなかったのですが、NIT-MOTにおいて様々な経営者のケーススタディを学んだ経験やゼミの特定課題研究の過程で受けた薫陶により、現実的で地に足の着いたが思考が身につきました。今ではアイデアをアイデアで終わらせずに、事業化から出口までリアリティのある戦略を立案できるようになり、事業の多角化を進める上での大きな力となっています。

#Message

日本工大MOTで学ぶこと考えている方へ ―

日本工業大学専門職大学院は、実務経験の豊富な教授陣の熱い心のこもった指導が最大の魅力です。授業後の飲み会を通して人間的なお付き合いをさせていただいたことは私の人生の宝です。また似ている環境や同じ夢を持つ仲間との交流から受けた刺激も大きく、孤独になりがちな中小企業経営者にとってオアシスのような場所でした。NIT-MOTは一年間と期間が短い分中身が濃いカリキュラムになるので目が回りそうになることもありますが、自分が何のために学びに来ているのかという原点を忘れずに積極的に取り組めば、きっと修了時には『自分自身の一生の宝』をつかむことができると思います。

CONTENTS

おすすめコンテンツ

NIT MOT Letter

実務家教員が専門家の視点で、ちょっと変わった切り口でのTopicsを提供します。

オープンキャンパス

日本工大MOTは、どのような学びの場なのかを直接確認できる場として開催

修了生の声

各選択コースの修了生に回答してもらっています。皆さん自身の気持ちも意識しながら、是非ご覧ください。