NIT MOT Letter #82

生産性向上の鍵? 中小企業経営と生成AIの活用

  • 三宅 将之
  • 2023年06月02日

昨年11月に「Chat(チャット)GPT」の利用が始まり、生成AI(人工知能)が大きな注目を集めています。競って生成AIを使ったサービスが開発され多くの人々に普及しつつあります。同時に、生成AIの大きなインパクトを多くの人々が実感し、将来の仕事に及ぼす影響にも関心が高まっています。

昨年11月に「Chat(チャット)GPT」の利用が始まり、生成AI(人工知能)が大きな注目を集めています。競って生成AIを使ったサービスが開発され多くの人々に普及しつつあります。同時に、生成AIの大きなインパクトを多くの人々が実感し、将来の仕事に及ぼす影響にも関心が高まっています。

今回の「MOT Letter」は、以下の手順で作成しました。
・  本文は、「中小企業経営と生成AIの活用」についてのChatGPT(https://chat.openai.com/)の見解に基づいています。また、その内容に相応しいタイトル候補の提案を受けて、その中から私自身が選択しました。
・  イラストは、「空飛ぶ車が行き交う緑豊かな未来都市」をテーマとして設定し、StableDiffusin(https://stablediffusionweb.com/)が提示したものから私が選択したものです。

生成AIを中小企業経営者が利活用することは、成果を生み出すための有益な手段と言えます。

まず、生成AIを活用することによって、中小企業経営者は効率的な情報収集や市場動向の把握を可能にします。AIは膨大な情報を迅速かつ正確に処理し、関連するデータやトレンドを分析することができます。これにより、競合他社の動向や顧客のニーズを把握し、迅速な意思決定や戦略の立案が可能となります。

また、生成AIを活用することで、新たなビジネスアイデアや創造的な解決策を導き出すこともできます。AIは大量のデータや知識をもとに予測や推論を行うことができるため、中小企業経営者はさまざまな視点やアプローチを得ることができます。これにより、新たなビジネスチャンスや効率化の方法を見つけ出し、生産性を向上させることができるでしょう。

スタンフォード大のエリック・ブリニョルフソン教授らによる生成AIの効果に関する最近の研究によれば、ソフトウェア企業のカスタマーサポート部門にチャットGPTを導入することで、生産性が平均14%上昇するという報告があります。この効果は、特に低スキルの人々の生産性向上によるものであり、高スキルの人々には効果が見られなかったという結果が示されています。因果推論の手法を用いて効果を検証したこの研究は、生成AIが特定の業務領域において生産性向上に寄与する可能性を示唆しています。中小企業経営者は、自社の業務状況や従業員のスキルレベルに基づいて、生成AIの活用方法を検討することが重要です。

さらに、生成AIを活用することで、中小企業経営者は顧客とのコミュニケーションを強化することができます。AIを介した自動応答やチャットボットを活用することで、顧客の問い合わせや要望に迅速かつ的確に対応することが可能となります。これにより、顧客満足度の向上やリピート率の増加が見込まれます。

ただし、生成AIの利活用には注意点もあります。AIはツールであり、経営者の意思決定や判断力を置き換えるものではありません。経営者はAIの結果を適切に評価し、独自の洞察や経験と組み合わせながら最終的な判断を行う必要があります。また、プライバシーやセキュリティの観点からも、データの取り扱いには十分な注意が必要です。

総じて、生成AIの利活用によって中小企業経営者は効率的な情報収集や創造的な解決策の発見、顧客との強化されたコミュニケーションを実現することができます。ただし、経営者の判断力と経験に依存せず、適切な活用と統合が重要です。生成AIを補完的なツールとして活用することで、中小企業の生産性向上や競争力の強化に繋げることができるでしょう。

※ https://www.nber.org/system/files/working_papers/w31161/w31161.pdf

CONTENTS

おすすめコンテンツ

中小企業経営コース

NIT MOT Letter

実務家教員が専門家の視点で、ちょっと変わった切り口でのTopicsを提供します。

その他のイベント