研究科長

HiroshiShimizu

清水

なんぞ面白いことをやったろか!こんな思いで世の中をちょっとでも変えたいと思います。

  • 専任教授(実務家教員) 研究科長
  • ビジネスエンジニアリング株式会社 社外取締役
  • アーサー・D・リトル株式会社(ADL)シニアアドバイザー
  • 日本の中堅製造業の監査役や中国の自動車部品企業のCEOアドバイザー
  • 研究・イノベーション学会会員

Question

担当している領域・科目について教えてください。

技術経営に関連する3つの科目を担当しています。“技術を活かしイノベーションを実現する経営“が私の技術経営の定義です。そのためには組織経営と価値創出の枠組みが重要です。3つの科目を関連付けながら、これをどう実現するかを考えていきます。
「技術・イノベーションマネジメント」科目では、良く言われる“技術で勝ってビジネスで負けた”を解き明かしながら、技術を活かしたイノベーションでの価値創出を考察します。いくつかのイノベーション手法を使いながら具体的なテーマを検討します。
「中小企業技術経営基礎」では、組織経営に必要な戦略、業務プロセス、組織、経営資源を戦略実現のための如何に結びつけるかを理解し、それらを中小企業の特徴を活かすために如何に活用するかを学びます。
「中小企業技術経営応用」では2つの科目で学んだ内容を踏まえて、組織経営と価値創出のポイントと、戦略、人、仕組みの3つの観点から企業の変革を如何に実現するかを構想します。

実務家時代にどのような業務に携わってきましたか?

プラントの設計者としてプロセス設計を中心に研究開発、建設、運転やIT化推進など多様な業務に従事したのち、技術に強みのある経営コンサルティング企業で長く仕事をしました。製造業を中心に、IT企業や技術系サービス企業など多くの業種の企業の、全社、事業や技術の戦略、技術を活かすマーケティング、イノベーションを活性化する仕組み、業務プロセスの生産性向上、組織や文化の変革、グローバル展開の推進、M&Aや企業合併の支援など、300プロジェクトほどに関わりました。その幾つかの企業とは20年以上の付き合いで、内部の事を良く知る外部のアドバイザーのような立場で支援させて頂きました。
現在も国内のIT企業や中堅製造業、中国の自動車部品企業に対して、全社や事業の方針、組織の運営、具合的な技術・製品開発やマーケティングなどを支援しております。
これらの経験を活かして、皆さんの様々な問題についてその問題解決を一緒に考えていきたいと思います。

授業を行う際に大切にしている点は何でしょうか?

受講生の皆さんは多様な業種の企業に所属し、マネジメント、組織やチームのリーダー、担当者の3つの立場で仕事をしながら学んでいます。人によって違いがありつつも、何らかの割合で3つの立場に関わっているとも言えます。授業の内容も勿論ですが、異なる業種や立場を理解する事で相互に学びあう事を大切にしていきたいと考えております。
また技術経営は自然科学と人文社会科学の融合によるマネジメントの体系の面もあり多様な要素で構成されております。1年間で習得するためには、全体像を理解した上で体系的に学ぶ事も大切だと思います。
異なる業種や立場を理解し、技術経営の全体像を体系的に学ぶ事で、現在と将来の皆さんにとって必要なことが分れば、皆さんは自信を持って活動を広げていけると考えております。

入学を検討している方へのメッセージ

「技術経営」。技術系の経営者以外の皆さんにはちょっと場違いなような気がされるかもしれません。

ただテレワークでの仕事など、ちょっと前では考えられない変化が「技術」によって実現されています。「技術」が世の中の変化を促進している面もありその理解は重要です。また自分は担当者であったとしても、同級生の経営者の悩みに共感するなどの機会をつうじて、「経営」に実践的にふれることで自然と皆さんの視点は変化します。世の中の変化を理解し、視点が変化することで、皆さんの仕事への取り組み方もまた大きく変わると思います。

この学びを可能にするのが、一年制で殆ど同じ科目を皆が履修する院生間の距離の近さと、社会人の院生とともに学ぼうとする実務家教員の姿勢です。ぜひオープンキャンパスなど様々な場で実感して頂ければと思います。

Information

スチューデントアワー

土曜日の12:40~14:10といたします。

専門分野

技術系企業に対する技術と経営のコンサルティング(1990年より)で培った、技術・イノベーションマネジメント、グローバル戦略・展開、全社・事業・新規事業戦略、経営改革など技術経営全般

経歴

  • 2006年より日本工業大学技術経営大学院で授業を担当。2010年より専任教授。2015年教務委員長、2020年副研究科長。国内中堅製造業の監査役(現任)。中国の自動車部品企業のCEOアドバイザー(現任)
  • 2010年ビジネスエンジニアリング㈱ 社外取締役(現任)。
  • 1990年よりアーサー・D・リトル(ADL)に参画。2003年よりパートナー。製造業、IT企業、技術系サービス企業のイノベーションとグローバル化推進を支援。2015年よりシニアアドバイザー。
  • 1984年より東洋エンジニアリング株式会社で化学プラントのプロセス設計業務に従事。
  • 京都大学工学部合成化学科卒業

現職(兼任)と主たる経歴

◆コンサルタントとしての業務内容

《2017年(6プロジェクト(国際5))》

・10月-翌4月 マーケティング会社の人材育成支援

・7月-翌4月 大手部材企業の中計実現のマーケティング強化支援

・6月-翌年1月 大手総合物流企業のイノベーションリーダー育成支援(通年)

・6月-10月 ヘルスケア業界向けのマーケティングとマーケティングリサーチ研究会開催

・4月-10月 マーケティング会社の人材育成支援

《2016年(6プロジェクト(国際5))》

・10月-11月 大手自動車部品メーカーの人事制度刷新のための幹部研修

・10月-翌3月 マーケティング会社の人材育成支援

・10月-翌年3月 大手総合物流企業のイノベーションリーダー育成支援(下期)

・8月-9月 大手精密機械企業の中期計画立案支援

・6月-12月 ヘルスケア業界向けのマーケティングとマーケティングリサーチ研究会開催

・4月-10月 マーケティング会社の人材育成支援

・4月-9月 大手総合物流企業向けのイノベーションリーダー育成(上期)

・4月 大手総合物流企業のアライアンス戦略の立案

《2015年(10プロジェクト(国際9))》

・11月-12月 大手自動車部品企業の戦略立案と人事制度再構築

・10月-3月 大手総合物流企業向けのイノベーションリーダー育成(下期)

・7-9月 大手エンジニアリング企業の戦略レビュー

・6-7月 大手総合物流企業向けイノベーション戦略の構想立案

・5月-9月 大手研究施設・精密機器企業向けの成長戦略の再構築

・4月-9月 大手総合物流企業向けのイノベーションリーダー育成(上期)

・4-6月 大手総合物流企業向けのグローバル物流網の再構築

・1-3月 大手材料企業向けの自動車市場機会分析

・1-3月 大手重工機器企業向けの機器事業の成長・パートナーリング戦略立案

・12-1月 大手総合物流企業の設備投資のための全体戦略立案

《2014年(15プロジェクト[国際7])》

・11-12月 大手材料企業の新事業の市場機会分析

・11-12月 大手総合物流企業のITパッケージ導入のリスク評価

・11-12月 大手総合物流企業のパートナー戦略の立案

・10-11月 中堅製薬企業のM&Aのための相手先企業評価

・9-10月 大手化学企業向けヘルスケア関連事業の事業性評価

・8-10月 中堅機械企業向けのM&A対象先企業の探索

・8-10月 大手ヘルスケア企業向けの国内外M&Aでの成長戦略立案

・7-9月 大手化学企業向けの診断薬事業のグローバル戦略立案

・5-7月 大手化学企業向けのエネルギー関連事業戦略立案

・4-10月 大手化学企業向けの材料事業の欧州参入支援

・2-4月 大手繊維企業向けのヘルスケア事業参入戦略立案

・1-3月 大手石油企業向け東南アジア市場での市場機会分析

・1-3月 大手石油企業向け石油精製プロセスのLCA評価

・1-3月 大手化学企業向け次世代成長機会の探索

・1-3月 大手化学企業向け材料事業の中国市場機会分析

 

《 2013年(14プロジェクト[国際8])》

・1-3月:[大手化学企業]欧州材料事業の市場性評価と戦略立案(国際)

・2月:[大手化学企業]水回りの市場機会分析

・2-4月:[大手石油企業]新プロセスの技術競争力と米国事業性評価(国際)

・2-3月:[大手素材企業]高機能材料の市場機会分析

・2-3月:[大手医薬企業]医薬品のアジア市場機会分析(国際)

・4-6月:[大手化学企業]情報電子材のアジア事業戦略と提携立案(国際)

・6-7月:[大手化学企業]バイオメディカル市場の市場機会分析

・7-8月:[大手フィルム企業]エネルギー関連部材の市場機会分析

・7-8月:[大手素材企業]微細加工技術の市場機会分析と戦略立案(国際)

・9月:[大手医療機器企業]2020年にむけた市場環境変化と示唆分析

・9-10月:[大手化学企業]先端半導体市場の世界市場機会分析(国際)

・11月:[大手素材企業]高機能材料の事業拡大戦略立案

・11月:[大手医療機器企業]国内市場環境変化と示唆分析(国際)

・12月:[大手総合物流企業]グローバルアライアンス戦略立案(国際)

 

《 2012年(14プロジェクト[国際6])》

・1-2月:[大手フィルム企業]加工フィルム事業の市場機会分析

・1-3月:[大手食品企業]次世代技術戦略立案

・1-3月:[大手電力企業]電力改革にともなう事業戦略立案

・1-3月:[大手電力企業]電力関連の技術トレンド分析

・3-5月:[大手化学企業]バイオマス事業のビジネスモデル構築(国際)

・5-7月:[大手医療機器企業]医療機器事業の事業戦略立案(国際)

・5-6月:[大手分析機器企業]バイオメディカル事業戦略

・7-8月:[大手医療機器企業]国内市場環境変化と示唆分析(国際)

・9-10月:[大手食品企業]知財マネジメントシステム構築

・10-11月:[大手総合物流会社]運営管理システム導入支援

・10-1月:[大手商社]バイオプラスチック市場機会分析と事業戦略立案(国際)  

・11-1月:[大手化学企業]プラスチック事業の中期事業戦略立案(国際)

・11-1月:[大手化学企業]次世代エネルギー市場における事業戦略立案

・12-1月:[大手素材企業]エネルギー機材の市場性とパートナー評価(国際)

 

《 2011年(10プロジェクト[国際9])》

・1-2月:[大手化学企業]欧州買収先を活用したエネルギー機材の市場性評価(国際)

・1-2月:[大手化学企業]欧州買収先企業との統合計画立案(国際)

・3-4月:[大手化学企業]バイオメディカル領域での海外買収企業とその戦略立案(国際)

・4-5月:[大手分析機器企業]グローバルR&D体制の構築(国際)

・4-5月:[大手化学企業]小さな本社実現のベンチマーキング(国際)

・6月:[大手韓国化学企業]国内企業との提携のためのパートナー探索と交渉(国際)

・6-7月:[大手化学企業]バイオマス事業での市場機会と参入戦略

・7-8月:[大手医療機器企業]医療デバイス事業の事業戦略立案(国際)

・9月:[大手食品企業]医薬関連の技術トレンド分析(国際)

・10月:[大手医療機器企業]国内市場環境変化と示唆分析(国際)

 

《 2010年(10プロジェクト[国際8])》

・2-3月:[大手化学企業]バイオマス事業の次世代型ビジネスモデル構想(国際)

・2-3月:[大手化学企業]医療機材事業の事業戦略と欧米バートナー選定(国際)

・5月:[大手総合物流企業]バリュー浸透の支援(国際)

・6-7月:[大手化学企業]新事業としてのエネルギー機材戦略立案とパートナー探索

・10年7月-11年6月: [公共団体]スマートシティ・グリットの市場機会と参入戦略(国際)

・8月:[大手電力企業]低CO2施策による電力会社の機会と脅威分析

・7-8月:[大手医療機器企業]医療デバイス事業の事業戦略立案(特定部位)(国際)

・10-11月:[大手化学企業]欧州買収先企業の事業戦略レビュー(国際)

・11-12月:[大手食品企業]医薬関連機材の技術トレンド分析(国際)

・11-1月:[大手食品企業]米国企業との提携戦略立案(国際)

 

《 2009年(10プロジェクト[国際3])》

・9-10月:[大手素材企業]表面ナノ加工技術の市場機会探索

・8-11月:[大手化学企業]新規事業推進部門の初期市場機会探索支援

・4-7月:[大手化学企業]スマートタウン・ホームのアジア事業コンセプト立案(国際)

・5-8月:[大手化学企業]バイオ・ヘルスケア事業の機会探索

・4-6月:[大手食品企業]バイオ事業の戦略立案

・4月:[大手総合物流会社]バリュー浸透の支援(国際)

・4月:[大手化学企業]フィルム事業の事業化推進支援 

・2-3月:[大手化学企業]欧州バイオ企業の買収のためのプレ評価実施(国際)

・2月:[大手化学企業]太陽電池機材の市場性評価

・1-3月:[大手食品企業]買収事業統合のベンチマーキング実施

 

《 他の業務内容 》

・2011年6月~ 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社 社外取締役 

・2015年4月~ アーサー・D・リトル(ジャパン)株式会社 シニア アドバイザー

・2016年10月~ 株式会社住田光学ガラス 監査役

《 出版・雑誌投稿  ~2017年9月》

・高収益企業への変革とイノベーション Business Research誌 2017年7・8月 企業研究会

・中小企業技術経営 実践講座II

 2015年5月 白桃書房

・新たなGNT戦略から、高収益な成長への事業開発アプローチ

  日本工業大学 研究報告 第44巻4号

・建設産業における高収益化の可能性

 日本工業大学 研究報告 第44巻4号

・ペイント業界のグローバル再編

 2013年3月 コーティング&ペイントジャーナル

・世界で戦うための技術経営

 2012年12月、2013年1月 日経産業新聞 4回連載

・グローバル競争を勝ち抜く技術経営戦略~日本企業の目指すべき方向

 共著:世界企業のグローバルR&Dと日本企業への示唆 2009年4月20日 企業研究会

・中小企業の技術マネジメント

 2009年4月 Business Research誌

・環境ビジネスの成長戦略

 共著 1997年 ダイヤモンド社

・アウトソーシングの実践と組織進化

 共著 1996年 同上

・製造業の高収益革命

 共著 1994年 同上

・素材・化学企業の高収益革命

 共著 1993年 同上

《 講演:技術経営関連~2018年6月 》

・研究開発プロジェクトマネジメントの基礎 2018年5月30日 株式会社 情報機構 

・中堅・中小鋳造企業におけるIoTの活用 日本鋳造協会 春季大会講演会 2018年5月25日

・問題解決スキル養成講座 2018年3月23日 株式会社 情報機構

・メーカ技術者向けのマーケティング入門 2017年2月21日 株式会社R&D支援センター

・問題解決スキル講座 2017年9月25日 株式会社 情報機構

・金型アカデミー 技術革新と技術経営 -新技術への対応 2017年7月14日東京、8月5日愛知、8月26日大阪 日本金型工業会

・SMEセミナー 「やりたい」をやってしまう -リーダーとしての足りない何かを見極める 2017年9月9日 日本工業大学

・SMEセミナー 小さな機会から大きなインパクトへーIoTで進化する施工・工事現場サービスを考える 2017年7月8日 日本工業大学

・SMEセミナー デジタル革命の主戦場はリアル/SMEの世界に移行 2017年6月24日 日本工業大学

・SMEセミナー 持たない強みを活かすー中小企業の契約・交渉・知財 2017年6月10日 日本工業大学

持たない強みを活かすー中小企業の契約・交渉・知財 2017年6月10日 日本工業大学

・メーカー研究者・技術者のためのゼロから分かるマーケティングセミナー 2017年1月25日、5月22日 株式会社情報機構

・新規事業・新製品企画の考え方と具体的な活動方法 2017年5月23日 株式会社情報機構

・第12期 新規事業開発リーダー養成フォーラム 講演(企業研究会主催 2016年2月25日、3月17日) 

・第2期 高収益企業の成長戦略研究 講演とモデレーター(事例企業:富士重工、セーレン、ディスコ、小林製薬) 企業研究会主催 2015年9月~2016年2月)

・第1期 高収益企業の成長戦略研究 講演とモデレーター(事例企業:日東電工、クラレ、シスメックス、企業研究会主催 2014年10月~2015年2月)

・第3期 研究開発マネジメント人材コース 講演とモデレーター(事例企業:三菱化学、旭硝子、ダイキン工業、昭和電工、住友電工、大日本印刷)2012年 企業研究会主催

・第1期、第2期、第3期 企業価値を高める研究開発推進戦略講座 2005,2006,2008年 講演とモデレーター(事例企業:三菱化学、TOTO、日立化成、デンソー、武田薬品、帝人、旭硝子、花王、昭和電工、日東電工、東芝、村田製作所、テルモ、トクヤマ、松下電器など)

・第6期 研究・技術人材開発研究フォーラム 2010年 同情

・研究技術部門の業績向上のための研究開発マネジメント人材開発コース 2005,2008年(事例企業:三菱化学、旭硝子、トヨタ、デンソー、花王、帝人、東芝、リコー、TDKなど)

・製造業の今後と課題 2009年2月23日 マイクロソフト社セミナー

・KPIを活かした経営の実現に向けて-実行に横たわる戦略と組織的課題 2009年1月22日 アスペンテック社

・イノベーションに結び付けるためのR&Dの要件ー新機軸プロダクト、事業の創出に向けてー 2008年10月16日 企業研究会主催

・世界企業のグローバルR&Dと日本企業への示唆 2007年3月6日 同上

・R&Dマネジメントの革新―研究開発テーマ・マネジメント、研究開発部門の評価手法 2006年8月29日 同上

・研究開発の成果拡大に向けて-R&Dマネジメントのフレームワーク 2005年10月25日 同上

・R&Dマネジメントの革新―マネジメント手法導入、経営課題解決、成長の3つのステップ 2005年8月29日 同上

・研究戦略とプロジェクトのマネジメントの枠組みとしての貢献度 評価 2005年7月7日 同上

・R&Dにおける資本の原理の導入に伴う別会社推進戦略 2004年11月25日 同上

・R&D改革の核となる技術ポートフォリオ再構築 2004年9月15日 同上

・研究開発における目標管理と成功のポイント 2003年3月6日 同上

・企業戦略としてのR&D別会社化戦略の推進と効果 2002年9月26日 同上

・R&Dにおける資本の原理の導入とアウトソーシング・別会社推進における戦略 2000年9月27日 同上

 

《 雑誌寄稿・講演:製造業マネジメント全般 》

・モノヅクリの革新ーモノヅクリのための組織的なコンピタンスの可視化 2007年2月16日 企業研究会

・産業機械業界の戦略課題 2005年11月15日 オラクル社主催

・プロセス型製造業の情報戦略を活かした競争優位実現 2004年12月5日 日本ユニシス社主催

・技術差別化企業の企業再生アプローチ 2003年 金融財政事情誌

・プロダクト・イノベータとソリューション・パートナー型事業の事業開発のための新たなアプローチ 2003年10月 化学経済

・オペレーション・エクセレンス型事業の競争力強化のための新たなアプローチ 2003年11月 同上

・2010年の化学企業像と日本の化学企業の企業革新 1999年8月 同上

・中堅化学企業の進路―90年代後半をどう生きるべきか-機能提供企業への成長に有利な立場 1994年3月 同上

 

《 社会的活動実績 》

・経済同友会 会員

CONTENTS

おすすめコンテンツ

日本工大MOTとは

本大学院の5つの特徴や設立趣旨・目的などを掲載

教員紹介

充実したMOT分野のエキスパートスタッフ、本大学院の教員をご紹介いたします。

授業公開+学校説明会

参加できない方のためにぜひ授業を体感して頂きたく「授業公開 + 学校説明会」を開催いたします。