MOT 働きながら技術経営が学べる1年制大学院 日本工大MOT

コンサルティングプロセス

  • Consulting process
担当教員 藤田 尚美 専任・客員 客員 単位数 1単位
開講学期 夏学期 開講曜日・時限 土曜日 1・2時限
位置づけ スキル関連分野 基礎段階
科目紹介
科目の重要性・
必要性
本科目では、コンサルティングを行う上で必要な、コンサルティングプロセスについて学習する。中小企業のコンサルタントとして、中小企業の経営課題を発見し、解決していくためには、効率的および効果的にコンサルティングプロセスを実施していく必要がある。そのためには、コンサルティングの意味とプロセスについて理解する必要がある。
科目の目的 中小企業をターゲットとしたコンサルティングプロセスをマネジメントし、企業の自律化を支援するためのコンサルティングプロセスを修得する。
到達目標 ・中小企業のコンサルタントとしてのコンサルティングプロセスを理解していること。
・クライアント企業の自律化を支援するための経営コンサルタントとしてのプロフェッショナリズムを理解していること。
受講してもらいたい
院生
中小企業のコンサルタントを目指す院生
授業計画
1回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「コンサルタントの思考法とコミュニケーションスキル」の科目で学んだことを整理しておく。
復習:コンサルティングの流れとコンサルディングを進める上での注意点や作法などを理解する。
授業内容 コンサルティングの基礎
・経営者へのインタビューから課題を発見し、調査分析して、課題の解決策を導き出して、経営者にプレゼンテーションするまでのプロセスを修得する。
・コンサルティングを進める上での注意点や作法などを修得する。
2回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:コンサルティング事例、職場での業務改善事例など、自社または他社の事例について考えてくる。
復習:本講義で行ったコンサルティング事例について理解する。
授業内容 コンサルティングの事例
製造業やサービス業など、業種別のコンサルティング事例について紹介する。
3回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:現在勤めている企業、または今まで勤めていた企業の、企業規模の違いによる特徴ついて考えてくる。
復習:企業規模の違いや企業の状況の違いによるコンサルティングプロセスについて理解する。
授業内容 コンサルティングプロセスの応用1
企業規模の違いや企業の状況の違いによるコンサルティングプロセスについて学習する。
4回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:現在勤めている企業、または今まで勤めていた企業の、業種の違いによる特徴について考えてくる。
復習:業種の違いによるコンサルティングプロセスについて理解する。
授業内容 コンサルティングプロセスの応用2
業種の違いによるコンサルティングプロセスについて学習する。
5回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「コンサルタントの思考法とコミュニケーションスキル」の科目で学んだフレームワークについて確認しておく。
復習:コンサルティングプロセスの現場で役立つフレームワークについて理解する。
授業内容 フレームワークの活用1
コンサルティングプロセスの現場で役立つフレームワークについて学習する。
課題有無
課題フィードバック方法 個別フィードバック
6回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:「コンサルタントの思考法とコミュニケーションスキル」の科目で学んだフレームワークについて確認しておく。
復習:次回演習するサンプル企業の、外部環境について調査する。
授業内容 フレームワークの活用2
コンサルティングプロセスの現場で役立つフレームワークについて実習する。
課題有無
課題フィードバック方法 その他 (第7回と8回の授業で報告書を作成してもらい、発表してもらう。)
7回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:今回演習するサンプル企業の、外部環境について調査してくる。
復習:本講義の内容を理解する。コンサルティングプロセスの実習を通して、これまで学んだ事項の中で十分理解していなかったことについて理解する。
授業内容 コンサルティングの演習1
サンプル企業のケースについて、コンサルティングプロセスを実習する。今まで学習した知識を活用し、課題発見から課題解決までの流れを実施し、プレゼンテーション資料を作成する。
8回 予習・復習時間 4時間
予習・復習 予習:サンプル企業のケースに係るプレゼン資料を完成させてくる。
復習:自分の作成したプレゼン資料の不十分だった点を確認し、理解を深める。
授業内容 コンサルティングの演習2
サンプル企業のケースについて作成したプレゼンテーション資料をグループ毎に発表し、改善点について話し合ってもらう。
授業方法 基本的な考え方を学習し、実習によるより深い理解を深める。最後に、ケースを活用して、より現場に近い形で、コンサルティングプロセスを体験してもらう。
テキスト 毎回、講義で説明する威容をまとめた資料を配布します。
参考図書 適宜紹介します。
成績評価
評価の視点 評価
ウェイト
備考
課題のレポートの内容 50 % サンプル企業について課題発見と課題解決を行い、報告書を作成してもらいます。
グループ参加の状況 30 % サンプル企業についてグループ毎に報告書を作成してもらい、発表してもらう。
授業への参加度 20 % 授業中の参加状況や発表内容により評価します。
合計 100%  
受講生へ コンサルタントとして如何に効率的効果的なコンサルティングを行うかという視点で、本科目を履修するように。
その他 土曜日の1時限と2時限の連続で授業を行います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 [ 交通アクセス ]【 TEL 】03-3511-7591 /【 FAX 】03-3511-7594
Copyright © 2014 Nippon Institute of Technology, All Rights Reserved.